« 【試合展望】先制点しか活路ない それができるなら苦労しないが ナビスコ山形戦。 | トップページ | 【試合展望】窮レッズ栗鼠を噛むでいこう! »

2011年6月 7日 (火)

【参戦記】勝利は薬。内容はともかく、次につなげましょ ナビスコ予選H山形戦2-0

Conv0006

ほぼ1か月半ぶりの勝利に、タオマフを掲げて、勝利の歌を歌い上げる喜びはいかばかりか。オヤジの目に涙(は出なかった)。

Conv0001

先発は前回のブログの予想通り、スピラの替わりに暢久が入り、GKは加藤順大。フォーメーションも同じ4-4-2。

相手はレッズ以上に絶不調の山形。特に得点力が甚だしくありません。レギュラーの宮沢は先発せず。GKは清水に逆戻り。

Conv0003

さて、試合開始。思った以上にコンパクトな体制を維持して、ボールを支配。が..。残念ながら、理想的に相手を崩して得点というわけには行きません。堅守がウリの山形をなかなか崩せず、前半が過ぎていく。

それでも、元気がドリブルで突っ込んでシュート! ゴールネットを揺らすボールを見て、大喜びしたものの、高崎がプレーに関与しているとみた飯田淳平のおかげでゴールは取り消し。さすが飯田。やはり目立つ。

その後も、チャンスは作るものの点はとれない。セットプレーで失点という悪夢が脳裏を離れない。

そんな中、何度かDFラインの裏を取るプレーをしていた高崎が、宇賀神からのパスを受けて、バイタルエリアで倒されてPK。何せ、反対側のプレーだけに、ジャッジの是非はわかりません。しかし、それまでのレフリーのジャッジを見ていると、ここで帳尻を合わせたかのように見えなくもない。飯田はそんな帳尻は考えないとは思いますが。

そんなことはどうでも良いのですが、エジがきちんとPKを決めて先制点。前回のブログに書いたように先制点を取れたことは大きい。特に、堅守カウンターの山形の思惑が崩れるのが何より。山形は点を取りに行かなくてはならないので、自らの特長を潰すプレーをせざるを得ない。

そのおかげかどうか、後半はレッズの攻勢がめざましい。カウンターで怒濤の攻撃。しかしあに図らんや、決め切らん。決定力のなさはまだまだ。

それに焦ったのか、ゼリコの選手交替は、さらなる攻撃力のアップ。柏木に変えて達也を入れてくる。達也がサイドに深く切れ込んで攻め込むプレーは見られたものの、中盤がとても怖い事に。本来なら、堀之内を入れて、失点を防ぐのが常道と思いますが、そういう思いはないリスクを取る采配w

さらに、高崎に代えて最終兵器のマゾを投入。興業としてのサッカーという視点ならば マジはすこぶる面白い。しかし、そこにはチームプレーではなく、ボールを受けたらひたすら突っ込んでいくマゾの姿。守備は絶対しないマゾ。

相手DFが密集してるゴール前からでも、とりあえず撃つマゾ。怖いのはその跳ね返りがカウンターを呼びかねないこと。何でもかんでも打つ感じが怖い。でも盛り上がるんだよなぁ、マゾはw

その後、山形が背の高い大久保を入れる中、エジに替わって我らの直輝を投入。背の高さ対策では真逆の対応ながら、不安定だった中盤が少し落ち着いた感じ。直輝は定位置維持に五月蠅いゼリコの教えを無視してか、それなりに自由位置。プレーした時間が短かったので、何とも言えませんが、やはり期待したくなる選手です。

そして、そんなこんなの中、元気がこの試合2点目(になるはずだった)ゴールを決めて2-0の勝利。得意の場所からのシュートながらDFを引き連れながら、見事なシュート。目出度いです。しかし、前半は45分の得点、後半も89分の得点って、どこまでサポをひやひやさせるんだか。

総じて、山形の拙攻に助けられた試合ですが、とりあえず、チャンスは作れるようになったレッズ(相手によるんですが)。作ったチャンスをどう決めるかを考えられる状態に近づいた感じはします。戦術や連携プレーがそう簡単に身につくわけもないので、僥倖であろうと、相手が弱かろうと勝てたのはよいこと。勝ち点も薬ですから。この感じでリーグ戦に臨んで欲しいもんです。

Conv0007

ちなみに、柏木のFKにはセットプレーからの得点の臭いを感じましたし、エジ、高崎もあわやのシーンも。ま、決めきらなかったのはまだまだですが、今後はこれを高い確率で決められるよう頑張ってもらうしかないです。

Conv0005

暢久もCBはよかった。ずるずるとDFラインをあげてしまうwその力には脱帽。もっとも、その対価なのか、ミスで山形に1対1のシーンを作ってしまうところがご愛敬。あれで失点してれば戦犯。そういう意味では板戸一枚の選手ですw

リーグ戦ではなく、ナビスコ戦での試合ながら、勝つことはよいこと。アウェイゴールを与えず、敵地に乗り込めるのは何より。これに勝てば、次は強い方のさいたまのチーム。そういえば試合後のインタビューで元気が、次節、リーグ戦のダービーにも勝ちたいという意識を示してくれた事は嬉しい限り。頑張りましょう。

Conv0004

ナビスコカップ1回戦第1節、レッズ2-0山形、北ゴル裏、飯田淳平 23,275人、曇、午後3時、6月5日、日曜)

P.S.この試合、雨の予想、ナビスコ戦ながら、2万は切らずにすみました。とりあえず、めでたしめでたし。志が毎回低くなりますが...。

|

« 【試合展望】先制点しか活路ない それができるなら苦労しないが ナビスコ山形戦。 | トップページ | 【試合展望】窮レッズ栗鼠を噛むでいこう! »

参戦記」カテゴリの記事

山形戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/51876860

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】勝利は薬。内容はともかく、次につなげましょ ナビスコ予選H山形戦2-0:

« 【試合展望】先制点しか活路ない それができるなら苦労しないが ナビスコ山形戦。 | トップページ | 【試合展望】窮レッズ栗鼠を噛むでいこう! »