« 【参戦記】勝利は薬。内容はともかく、次につなげましょ ナビスコ予選H山形戦2-0 | トップページ | 【参戦記】ああ勝てない。筋肉痛とだみ声だけは付いてくる 第14節A栗鼠戦2-2 »

2011年6月11日 (土)

【試合展望】窮レッズ栗鼠を噛むでいこう!

レッズの不調と不人気のおかげで、泣くスタのプラチナチケットを4枚もゲットできました。おかげで、リーグ戦ではほとんど行けなかった泣くスタに久しぶりに...と思ったら今年はもう3度目。なんちゃらシティカップ栗鼠様開幕戦と続いて正直もう飽きたw

ともかくスタンド以外にたむろするスペースがほとんどないスタジアム。まじめにサッカーを観戦する人はともかく、サッカー談義を仲間と楽しむことができないのが辛いw 雨でも降ろうものなら、逃げ込むところはほとんどないので、開門から試合開始までの2時間半を濡れぼそるしかない。そんな泣くスタ。幸いなことに明日は午後からはなんとか曇りでもちそうな気配。よろしく頼みます。

で、明日は9時に列整理。さすがにこの時間は雨が降ってるんだろうな。問題はその後、開門までの時間をどうするか。ドリンカーオヤジ軍団が大宮の街に出撃...。試合まで体が持つことを祈ります。

さて、本来の目的の試合ですが、強い方の埼玉チームとの戦い。なんちゃらシティカップでは3点もとられました。開幕戦は現在J1トップの柏に0-1で惜敗したもののゲーム自身は押しに押してました。

両サイドの活動量と連携がよろしく、どかどか攻め込んできます。FWのラファエロ君にボールが渡れば、一閃、シュートが打ち込まれます。開幕後、なかなか点が取れなかったラファエロ君ですが調子を上げつつあります。気をつけましょう。

そしてもう一人のFW、乱暴者ですぐ切れるイチョンス君も、ゴール前に素早く入り込んで来て、危険なプレーをします。ナビスコ戦の山形のようにおっとりしていません。

そんな栗鼠さんチームに対応する浦和レッズ。新潟戦、山形戦の4-4-2のフォーメーションが少しなじんできた感じはあります。丸塩も少し動きやすくなり、高崎も裏へ走り込む動きもしています。相変わらず選手間の連携は悪いものの、コンパクトな陣形を保てるようになっています。ただ、栗鼠君チームは2人のFWに向けてボールを前へ前へに運んでくる。そんなチームにずたずたされないか不安です。

結局、先制点を取られれば、まだまだ跳ね返す力のないレッズ。コンパクトさを保ってとりあえず運動量も落ちない前半に先制点を取ることを祈るばかり。ナビスコ戦で勝ったからといって気を抜かないように(抜きそうだ)。

窮レッズ栗鼠を噛む位の気合いを入れて欲しいもんです。戦術がついてこないうちは残念ながら気合いしか効く薬はないのです。気合いで時間稼ぎをしているうちに、チームプレーができるように少しでも前進して欲しい。ま、所詮、無いものねだりなのか、それともどこかできっかけを掴むのか。後者であることを祈ります。

先発メンバーのうち、FWやSHのメンバーは変わらないでしょう。ただ守備的ボランチとCBをどうするか。スピラが復帰ですが、前節の暢久が良いパフォーマンスを出していた事を思うと(でも、大きなポカを必ずやるのが怖いですが)、ナビスコ戦の布陣も捨てがたい。

ここは、勝ちの経験を生かして、そのままでいってみてはと思うのです。そして願望。GKもそのままで願います。

後は、ゼリコの迷采配(特に後半)を笑って済ませられるような結果を期待するのみ。弱いさいたまのチームだって栗鼠を噛めるはずです。

|

« 【参戦記】勝利は薬。内容はともかく、次につなげましょ ナビスコ予選H山形戦2-0 | トップページ | 【参戦記】ああ勝てない。筋肉痛とだみ声だけは付いてくる 第14節A栗鼠戦2-2 »

大宮戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

試合展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/51909559

この記事へのトラックバック一覧です: 【試合展望】窮レッズ栗鼠を噛むでいこう!:

« 【参戦記】勝利は薬。内容はともかく、次につなげましょ ナビスコ予選H山形戦2-0 | トップページ | 【参戦記】ああ勝てない。筋肉痛とだみ声だけは付いてくる 第14節A栗鼠戦2-2 »