« 【参戦記】虚仮の一念、粘るシャチをすがり倒す 第18節名古屋A戦1-1 | トップページ | 【試合展望】中盤の攻防で踏ん張れ。ビール400円は中途半端 第2節ガンバH戦 »

2011年6月29日 (水)

【レッズ 】蘭子はどんなやつ?逆コースの悪寒と仄かな期待

突然、現れた蘭子。twitterが彼の話題で盛り上がる。大原にゼリコの息子が出て来て、一部で混乱を来したようですが、高崎がtwitterでポロリで真実が判明。お騒がせ。

Ranko

さて、写真を見ました。さすがセルビア人。熱いパッションを感じます。セルビア代表。

陥没骨折をしても、その原因となった相手選手を罵倒し、監督の指示を待たずに駒場のピッチを自ら歩いて退場したマリッチ(クロアチア代表)の熱さを感じます。普通なら、倒れて七転八倒しそうなもの。小指を痛めただけで、倒れ込んで身動きできないのが普通の人(楢崎)。バルカン半島は熱いのだ(その分危ないが)。

蘭子は同じくとても熱い元ユーゴ代表(モンテネグロ出身)のゼリコのお眼鏡にかなった選手です。摂氏30度を超える暑さのなか、熱い選手と熱い監督がきっとレッズの魂に熱い火をつけてくれるでしょう。

でも、告白します。私は怖いんです。ようやく監督が自分の理想を捨て、選手が自分たちでポゼッションサッカーを作り始めた今日この頃。それなのに、監督のお眼鏡にかなった熱い蘭子の加入によって、再びもとのパッションサッカーに逆戻りするんではないかと。

エジのかわりにゼリコが連れてきたんだから、当然先発要員。ちなみに迷走のあげく4-4-2に落ち着いてきたところで、エジが退団。これで達也、元気の2トップ。マゾーラはハードワークの達也のサブ。その下に直輝、丸塩、啓太、暢久or陽介という理想が実現すると思っていたのに。

蘭子が入ると、元気が左に入り、丸塩が右。残り二枠を啓太、暢久、陽介、直輝の4人が争う。さらには司。直輝が蘭子の登場で、出場機会を失うのではないかと危惧するのですよ。

さて、話題の蘭子。背は高いようですが、ポストプレーは不得意とのこと。では足もとの技があるかと言えば、そうでもなさそう。あるのは、良いポジション取りと、ここぞというところに入り込んでくる感覚の良さ、らしい。ゴール前にいて、訳のわからんうちに点を取る感じですかね。ワシントンやヘッドのうまい選手をイメージしてはいけないようです。

まぁ、実際に見てみないと何とも言えませんし、Jリーグで通用するか、相性もあります。欧州で複数オファーがあったといっても、結局、日本に来るわけで、スーパーなはずもなし。それでも移籍金1億、年俸6000万円って、噂。大丈夫?エジの遺産2億を使うんですが?債務超過に注意。

が、マリッチを思わせる何かがあります。背の高いマリッチ。わずか半年で我々の心を鷲づかみにして去ったマリッチの再来があるならば、先ほどの心配も少しは和らぎ、仄かな期待も。もっとも、マリッチも開花するまで時間がかかりましたが。

ともかく、流れから言えば、もう、ゼリコワールドには戻れない。もし、蘭子加入で、もとに戻って再びうろうろするようなら、本気でJ2を覚悟せねばなりませぬ。蘭子取りが吉と出るか、凶とでるか。意外に大事な選手取りなのかもしれません。

|

« 【参戦記】虚仮の一念、粘るシャチをすがり倒す 第18節名古屋A戦1-1 | トップページ | 【試合展望】中盤の攻防で踏ん張れ。ビール400円は中途半端 第2節ガンバH戦 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/52070921

この記事へのトラックバック一覧です: 【レッズ 】蘭子はどんなやつ?逆コースの悪寒と仄かな期待:

« 【参戦記】虚仮の一念、粘るシャチをすがり倒す 第18節名古屋A戦1-1 | トップページ | 【試合展望】中盤の攻防で踏ん張れ。ビール400円は中途半端 第2節ガンバH戦 »