« 【試合展望】皇国の興廃此の一戦に在り 第19節川崎A戦 | トップページ | 【大衆居酒屋】山田屋 王子 »

2011年7月31日 (日)

【参戦記】決め切らんけれど勝ち点3 第19節川崎A戦0-1

Conv0002

朝起きたら、ふくらはぎと二の腕の筋肉が痛い。厳しい試合だけに、体を使うしかかなかった試合。結果は、勝ち点3を上積みできました。順位が下のチームとの戦いが続く7、8月の試合ながら、この日の川崎戦は上位チームとの戦い。降格争いの当事者には負けたくないが、ちょっと上のチームにも勝ちたくなってきた今日この頃。内容はともかく、きちんと勝ち点3を得たのはうれしい限り。

Conv0003

試合開始直後の得点には狂気乱舞しました。見事なカウンターを陽介が演出して、丸塩がゴール。と、試合終了まで信じてましたw。ま、オウンゴールであろうとなかろうと得点は得点。強い川崎に先制点をとれたのはなにより。

とはいえ、その後の試合展開はよく言えばがっぷり四つ。悪く言えば、決定機をお互いに作れない試合。元気からみのPKチャンスはあったものの、西村と違い、まじめな松尾に、PK宣言は無理だったのでしょう。世界のの西村ならw

お互い良さを消しあったのか、お互い不調だったのかはよく分かりません。サポに必死で冷静な試合観戦などできません。レッズ的には、元気が消えていたのが気になります。直輝も相変わらず今一つの使われ方とプレー。元気の調子が悪いなら司を使えるはずなのに、その司はベンチにもいない。その辺のちぐはぐさは不満です。

結局勝ったものの、後半は押し込まれる一方。こちらのゴール裏にボールが展開してきません。あのまま、押されて、失点していれば、前節のジュビロ並の悲しい結末。

Conv0005

幸いにも、同点に追いつかれるというはやりの悲劇にはならず。言い過ぎかもしれませんが、かつて、1点取って、それを守りきった時代のにおいを感じる面も。ただ、正直言って、そこまで信頼感はない。また、そうした戦いぶりが世界に通用しないから、フィンケを招聘したはずですが、結局のところ、かつての振り出しにようやくもどりつつある位のところなんでしょう。悲しい限りです。

ともかく、大事な試合で勝ち点3を得て、ようやく10位に。フィンケを首にした位置まで戻ってきました。フロントがこの辺でよかったねなんて、大本営発表をするなら許しません。

これからも、降格中もを蹴散らし、ちょっと上のチームを叩く試合が続きます。実力的にはちょうどいい加減の相手との試合なわけで、ここは連勝を続けてもらうしかないですね。本当の上位との戦いは、最終節の声を聞く頃から連続します。そこまで勝ち続け、上位いじめを最後に展開してくれる事を祈ります。

Conv0004

(第19節、川崎0-1レッズ、ゴル裏、松尾 一、20,047人、雨、午後7時3分、7月31日、土曜、10位)

より大きな地図で 11年遠征記 を表示

P.S 強い方の埼玉のチームをようやく順位で抜きました。慢心せぬよう頑張りましょう。、また、試合前に訪れた新丸子のお店、よかったです。詳細は別途ブログにあげます。

|

« 【試合展望】皇国の興廃此の一戦に在り 第19節川崎A戦 | トップページ | 【大衆居酒屋】山田屋 王子 »

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

海豚戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/52359350

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】決め切らんけれど勝ち点3 第19節川崎A戦0-1:

« 【試合展望】皇国の興廃此の一戦に在り 第19節川崎A戦 | トップページ | 【大衆居酒屋】山田屋 王子 »