« 【試合展望】中盤の攻防で踏ん張れ。ビール400円は中途半端 第2節ガンバH戦 | トップページ | 【風景と神社】風渡野天神社-湯殿神社-第六天神社-大滝酒造-膝子八幡神社 見沼区七里、膝子周辺 »

2011年7月 3日 (日)

【参戦記】決め切らんマゾに天を仰ぐ 第2節ガンバH戦1-1

Conv0007

あまたある絶好機を決め切らんマゾ。最大のチャンス時には半ば空振りのようにフィットしないシュートを打ってゴールマウスをはずしてしまう。ゴール前の混戦でのシュートも外し、ロスタイムでのクロスは空振り。そのたびに天を仰ぐオヤジたち。

Conv0006

隣の席にいた某は●ぱさん曰く、「吉本喜劇かい!」w まぁ、アこれがエジなら1つは決めていたろうが、決めてなければ心ない野次も必至だったろうなぁ。しかし、マゾの場合は、なぜか憎めないの。怒号よりもあきれ顔。でもなぁ、決めてくれよ。

Conv0005

後半10分、ドフリーでクロスを入れられて、最後にあの宇佐見に先制点を食らう。あの酷薄な顔が嫌いなんだよ。その10分後、暢久にかわって直輝がイン。直輝がスペースを使ったパスや絶妙なクロスを演出し、シュートも披露。膠着戦の様相を呈していた試合が、がぜん動き出す。元気、峻希、直輝がそろったこの時間帯からのプレーはわくわくし通し。

さらにその10分後マゾと柏木がイン(啓太、一樹アウト)。その直後に元気が華麗な同点弾をヘッドで決めたこともあって、ガラッと戦況が変わる。峻希のクロスに後方から一直線に入り込んでヘッドで決めた得点は圧巻。これを契機に試合はレッズ主導となり、凶悪な攻撃が連続するワクワクする内容に。

ワンタッチのパス回し、流動的なポジションチェンジ、スペースへの入り込みと縦横無碍。ここでもう1~2点くらいは取れる勢いでしたが、防戦一方の中、途中から3バックにして守備を固めたガンバに得点できずに結局、そのまま引き分け。

Conv0009

逆転できなかったとはいえ、ゼリコの手を離れた、新しいレッズへの期待感が垣間見えました。ただ、失点の多いチームにもう1点取れないところが、今のレッズの実力と言えば実力。後半メンバーでのチームの練度が上がることを祈るばかりです。そして、もうこれ以上右往左往しないで、この路線で前に進んでいって欲しい。それだけに、蘭子の加入が悪い方向に作用しない事を祈るばかりです。

さて、この日の先発ですが、前回のブログでも書いた希望とは、ある意味真逆のメンバー。4-4-2で達也と一樹の2トップ、後は元気が先発復帰して、直輝は押し出されてサブ。啓太と暢久がボランチという布陣。中盤力のあるガンバに啓太が1人で応対するはめにならないか悪寒が。じつは、ここで今日1回目の天仰ぎw

ただ、ふたを開けてみると、ガンバの攻撃をうまくいなしつつ、それなりにチャンスを作る展開。どちらも決定機を決めきれず。明神、橋本を欠くせいか、ガンバの攻撃も冴えがない。遠藤も今一つ目だたず。

ゲームプランは、得点力のあるガンバに対し、啓太、暢久を配して守備的に入り、後半勝負ということだったんでしょう。しかし、先制点を奪われそれを追いかけ、おいつくものの、結局引き分けに終わるという試合が続いているだけに、先発に直輝、柏木を入れてもう少し攻撃的に出てもよかったはず。

守備的に入ったために、中盤が下がり気味となり、前線と中盤が空き、攻めに密度と圧力がない。コンパクトな布陣にならず、前線が孤立したり、空いたスペースをガンバに使われるといった展開に。

結局、その危うい均衡も前半までしかもたず、後半すぐに失点。ゲームプランはこれで崩壊。いつもの追いかける展開に。こうした展開を早く断ち切って欲しいところです。

結局、元気とヘディングと直輝エンジンの活躍で、攻撃力が格段にあがったレッズ。この布陣を最初から使わない手はありません(除くマゾ)。頼むよゼリコ。

ちなみに、後半の失点直後、キーパーと1対1になりながら、シュートではなくパスを選択した暢久。あ~!ここで今日2回目の天仰ぎでした。

次節はこれこそ絶対に負けられない降格争い仲間の山形戦。どういう戦術をとるのか、絶好調のガンバを相手に今日の後半のようなプレーができるなら、その布陣で、先制点を取ってかさにかかった試合を展開できるはずです。

第2節、レッズ1-1ガンバ、北ゴル裏、家本政明、42,331人、曇、午後6時3分、7月2日、土曜)

Conv0008

P.S 
●「ビール早割」

Conv0003

今日はビール早割と銘打ったイベントをやってましたが、案の定、中途半端感が強い。16オンス400円。16オンスと言うと400ml強。18オンス600円に比べてどのくらい安いんだか良くわかりません。観客数は4万2000人。ホーム開幕戦として売ったチケット数から見て、かなり目減りした感じ。

●エジへのの花束贈呈

Conv0004

そして、今日はエジのお別れイベントも。4時半からのはずが遅れ、スタート。メインスタンド前で、花束を受け取り。子供を連れて場内1周するエジ。投げ入れられるタオマフを拾い、歩いて行く。ドナドナな感じが寂しかったす。なにかしゃべって欲しかったですが、しゃべらせなかったんでしょう。それにしても冷たいフロント以上に冷たかったのがゴル裏中心部。なんだかなぁ。

●ニート家族、ヌゥにも猛追くらう

Conv0001

開門前、南広場には、さいたま市施政PRキャラクターのヌゥが登場。今や恒例となりつつあります。さらに当然のごとく、大御所のコバトンも登場。あろうことかガンバサポに握手を求められる人気ぶり。この日、うちのニート姿も見せず。どおで何をしているんでしょうか。

Conv0002

|

« 【試合展望】中盤の攻防で踏ん張れ。ビール400円は中途半端 第2節ガンバH戦 | トップページ | 【風景と神社】風渡野天神社-湯殿神社-第六天神社-大滝酒造-膝子八幡神社 見沼区七里、膝子周辺 »

ガンバ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/52109496

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】決め切らんマゾに天を仰ぐ 第2節ガンバH戦1-1:

« 【試合展望】中盤の攻防で踏ん張れ。ビール400円は中途半端 第2節ガンバH戦 | トップページ | 【風景と神社】風渡野天神社-湯殿神社-第六天神社-大滝酒造-膝子八幡神社 見沼区七里、膝子周辺 »