« 【参戦記】劣化ジュニーニョに助けられた それでもいいさ勝ち点3なら 第4節川崎H戦2-0 | トップページ | 【試合展望】引いてきたときどう攻める?第6節甲府H戦 »

2011年7月21日 (木)

【参戦記】連勝がこぼれおちていったワケ 第5節ジュビロA戦1-1

Conv0001

試合終了後、手のひらからこぼれおちた勝利に、呆然、と同時にむしょうに腹がたった。周りでは椅子を蹴る音が。

後半、喉から手が出るほどほしかった連勝が目の前にぶら下がって、引きまくる選手たち。守りたいと思えば思うほど、ジュビロの攻撃を浴び続ける。いつ崩壊するかと冷や冷やしていたときに起きた西村のロスタイムのジャッジ。

あんなプレーをしていれば、同点にされてもしかたがないとは思いつつも、なんとか逃げ切りたかった。でも、それはならなかった。

前半、前節よりはさらに、つなぐサッカーをしているように見えたレッズ。逆にジュビロの方がレッズのお株を奪うような縦ポンの嵐。時々サイドの裏に侵入するのに成功すると、結構危険なプレーを展開して冷や冷やさせる。

とはいえ、いまひとつ決め手に欠ける崩しきれないプレーの連続。峻希は上下運動しかしないし、平川はさらにその上下運動の幅を狭められている。いつもの慎重な守りのプレー。陽介も啓太とならんで自重君。それでも、次第に前にでるようになった陽介に峻希からのパスがつながり、陽介のスーパーシュートが相手ゴールを突き刺す。

とはいえ、高崎はほとんど消えていて、存在感ゼロ。守備に頑張るでなし、攻撃に効果的なプレーをするでもなし。ロングボールの競り合いにも勝てず、さらにはすぐ倒れる。先発のセルもボールをもってドリブルするまではいいものの、そのあとは自爆。パスサッカーらしい風情はあるものの、何か気持ち悪い感じの動き。フィンケのパスサッカーとゼリコのオランダ式サッカーが混じったキメラのようなサッカー。

Conv0002

試合開始前、直輝が先発どころかサブにも入っていないことが分かったときの失望。しかも練習試合でゴールを量産していた司は帯同もされていない。しかし、直輝が出たところで、あの山形戦のように、動きを制限されるなら、出ても無意味と思うくらいに気持はひねくれてましたね。

結局、帯同されながら風邪で出られなかったようですが、おかげで、先発メンバーは攻撃的な選手ばかり。おかげで、後半の1点を守る段になって人を得ないことに。

ただ、途中交代で入った蘭子は思ったより良かった。常に相手を追いかけるようなディフェンスをするわけではないが、ここぞという時には素早く相手に詰めていくし、ロングボールの競り合いでも、体を上手くいれて、ボールを失わない。点でボールを取ろうとする高崎と違い、面で取りにいくので、競り合いの後にボールを奪われにくい。パススピードも速い。

そして、サイドの浅いところから見せたシュート。惜しくもサイドバーにあたって得点にはならなかったものの、その跳ね返りのボールがあわやゴールを生むところでした。

初めての出場にしては、まずまず。どのくらいスタミナがあるかは不明ですが、全く駄目という感じはなし。そして少し悲しかったのは途中出場の達也のシュートが枠にもいかないうえに、かつての鋭いシュートではなくなっていること。

Conv0004

夢の連勝を勝ち取れなかったのは残念至極。こういう展開でしぶとく守り抜く指示や采配ができなかったゼリコの罪も重い。ゼリコの采配は開幕当初よりはましになっていますが、過剰に攻撃的、そして選手の特性を殺す指示を出しているらしいことは変わりない。選手の特性と采配が噛み合わない試合に、今後もいらいらし、残留の危険性を感じ続けることになりそうです。

そして怖いのは、残留しても、そんな采配を続ける監督が代わらなければ、そしてクラブの方針が変わらなければ、宝の山のユースの選手と、陽介、司はいなくなるということ。フィットしているかに見える元気もあまりにゼリコ味に染まってしまうと、代表でも使いにくいのではないかと恐れるばかり。困ったもんです。

次節からは残留争いのお仲間たちとの連戦。監督の采配は気に食わないが、これで残留もできなければ、恐ろしいことがおこるのは必定だけに、勝ちを祈るのみ。辛いシーズンです。

Conv0005

(第5節、ジュビロ1-1レッズ、ゴル裏、西村雄一、18,623人、晴、午後7時3分、7月17日、日曜、14位)

そういえば、試合後、バックスタンドに挨拶をしたスピラがピッチのペットボトルを思いっきり蹴ってました。前半から前田のラフプレーで顔面をやられていたスピラ。出血したのか、そのたびにピッチの外に出ろと指示する西村。しかし、元凶の前田にはおとがめなし。そして最後のPKもスピラが絡んでいたようです(見えませんでしたが)。前田はプレー以外のところで疫病神でした。

そして森孝慈さんが亡くなりました。こんなレッズを崩壊させていくフロントをどう見ていたんでしょう。悲しい限りです。

より大きな地図で 11年遠征記 を表示

|

« 【参戦記】劣化ジュニーニョに助けられた それでもいいさ勝ち点3なら 第4節川崎H戦2-0 | トップページ | 【試合展望】引いてきたときどう攻める?第6節甲府H戦 »

ジュビロ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/52263622

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】連勝がこぼれおちていったワケ 第5節ジュビロA戦1-1:

« 【参戦記】劣化ジュニーニョに助けられた それでもいいさ勝ち点3なら 第4節川崎H戦2-0 | トップページ | 【試合展望】引いてきたときどう攻める?第6節甲府H戦 »