« 【参戦記】連勝がこぼれおちていったワケ 第5節ジュビロA戦1-1 | トップページ | 【参戦記】降格脱出シリーズ第1戦は勝利 第6節甲府H戦2-0 »

2011年7月22日 (金)

【試合展望】引いてきたときどう攻める?第6節甲府H戦

1日平日が短いだけで、試合がやってくるのが早いですねぇ。台風もいなくなり、急に涼しくなった昨日、今日ですが、明日はまた暑くなりそうです。

いよいよ始まる、降格生き残り合戦シリーズ。9月11日の山形戦までまでの7試合(除く川崎戦)、ここで負けると降格仲間が上に行ってしまう危険な対戦が続きます。

良い思い出の夏にしたいですね。

さて、先発ですが、選手の流動的な動きをイメージして予想しても、ゼリコが選手の流動性を否定してしまうので、あまり意味がない。

ま、それでも考えてみましょうw どうも元気はねんざで練習をしていないようです。きっと無理してでも出てくるんでしょう。ただ、風邪引きくんが数名いるようです。直輝はまだ無理なのか?達也は練習中に足首を痛めたらしく、明日は駄目でしょうね。

蘭子は70%~80%のできということで先発はないかもしれない。ただ、高崎は全くだめだめくんだったのが、どうなるか。蘭子、セル先発はありそうです。そこに元気、丸塩、柏木、啓太。後の4人はいつもの通り。

ただ、元気が危ないようなら、司をだして欲しいもんです。というかサブには入れろよ。

一方の甲府。メンバーががらっと変わり予測不能。それでも、堅く回り、ロングボールで裏を取りに来ることは必定。今やJ1の得点王ハーフナーとパウリーニョにボールが渡るとやっかい。両サイドの深い位置からのクロスも危険。

さすがに中東帰りのダヴィはさすがにまだ出てこないでしょうが、出て来たら面倒くさい(もっとも、かなり重くなっているとの噂もあるのででてこないでしょう)。

最近、守備はそれなりに堅くなっているので、早々にやられはしないでしょうが、永田が時々ポカをするので、怖い思いは何度かするんでしょう。後、平川の裏も狙われるんでしょうなぁ。

それより問題は、引きこもる可能性の高い甲府をどう攻めるのか。固定ポジションじゃ、得点はできません。ゼリコ体制では無理。どうするんですかね。蘭子に期待する向きもあるかもしれませんが、彼にチャンスを与えるところまでいかない予感。前節、得点をした柏木のプレーがキモかもしれません。やはり直輝も欲しいよぉ。

|

« 【参戦記】連勝がこぼれおちていったワケ 第5節ジュビロA戦1-1 | トップページ | 【参戦記】降格脱出シリーズ第1戦は勝利 第6節甲府H戦2-0 »

浦和レッズ」カテゴリの記事

甲府戦」カテゴリの記事

試合展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/52280166

この記事へのトラックバック一覧です: 【試合展望】引いてきたときどう攻める?第6節甲府H戦:

« 【参戦記】連勝がこぼれおちていったワケ 第5節ジュビロA戦1-1 | トップページ | 【参戦記】降格脱出シリーズ第1戦は勝利 第6節甲府H戦2-0 »