« 【参戦記】とりあえず泣きました 第4節H川崎戦2-0 | トップページ | 【参戦記】連勝がこぼれおちていったワケ 第5節ジュビロA戦1-1 »

2011年7月15日 (金)

【参戦記】劣化ジュニーニョに助けられた それでもいいさ勝ち点3なら 第4節川崎H戦2-0

Conv0005

「前半から、まずまずじゃん」と昨日のブログに書いたら、非難囂々(たぶん)。いや、選手をピッチにばらまいた山形戦より良かったという意味ですからね。

この日は平日の試合、開門には間に合わなかったものの、開門15分後に到着。先行して入場してたお仲間が確保した席で、さっそく半額ビールにありつく。

試合開始までタップリ時間が。いつもと違ってボーイズマッチをみながら、まったり。そのうち三々五々、他の仲間も集まり出す。

Conv0002

川崎サポの出足は良くて、平日の割には、タップリとご来場。さすが3位だけに勢いがありますなぁ。

スタメンは予想通りの展開。高崎がFWで先発。これで直輝の先発の目はなくなりました。嗚呼。しかも、司はサブからも外れる。相変わらずストレスを感じるんだよなぁ。

ただし、丸塩がFW扱いで3トップ気味。試合に入ってみれば高崎の1トップのような体制で達也、丸塩がその下に入る。丸塩と柏木もポジション的にかぶらない位感じ。山形戦と違って峻希もきちんと上がってくるので、前節のようなスカスカ感はあまり感じず。怖かった稲本や山瀬に決定的な仕事をさせない。ただし10分過ぎた当たりから、矢島、ジュニーニョの2トップのFWに結構危険なシーンを作られる。

そこはよくしたもんで、なぜかジュニーニョが決定機を外しまくる。お仲間とも「劣化だ。劣化」「いやぁ怖くなくなったねぇ」などと軽口を叩いてみる。逆に、高崎が丸塩のオーバーヘッドのボールを受けて、あわやごっつぁんゴールというシーンも(オフサイドでした)。こっち側からは選手の前後関係が良く分からないだけに、思いっきり喜んだですがねぇ。

で、結局、前半は0-0。別にレッズが良いわけでもないのですが、ひたすら縦ポンに徹した最悪の山形戦に比べれば、まだまし。その分、相対的にストレスは少ない。とはいえ、このまま勝てる気もしないという状況。むしろどこかでやられるという気分の方が強かった。実際、後半早々にも、ジュニーニョにやばいシュートをフリーで打たれました。

Conv0003

そんな、もやもや気分を払拭できたのは55分、丸塩に代わって、直輝が入り、その直後の57分に直輝→元気とボールが渡ってからのゴール。直輝が入って間もない時間帯とはいえ、後半の早い時間に直輝が入って、何かが変わる雰囲気が出てくる。

71分にはおきまりの達也交替。ただし入ったのはマゾでなくセル。さらに、痛んでいた高崎に代えて78分にマゾ投入。

ここで救われたのは、マゾ投入直後にマゾが得たセットプレーで永田がスピラのヘッドからのこぼれ球をごっつぁんゴール。前半、ジュニーニョにキーパーと1対1のシーンを提供した永田としては救いのゴールだったでしょう。

Conv0008

これまでセットプレーでの得点がほとんどなかったレッズに、運が向いてきたんでしょうか。セルもドリブルで敵陣をきりさき(判断悪くてパス先があぼーんですが)、マゾもここぞというシーンを作る(決められないが)。ただ、相変わらずワンパターンで状況に応じたいけいけの交替しかしないゼリコですが、何とか勝ち点3はゲットできました。ジュニーニョ様々の試合でした。

Conv0007

久しぶりの勝ち点3で順位は13位に、上には同じ勝ち点18で、大宮、甲府、C大阪が並んでいます。今は、どんな内容でも勝ち点が何よりの薬。次節は、いつの間にか広島を抜いて7位に浮上したジュビロ戦。ここで勝って、何とか踏ん張りたいところです。

試合後、天空に輝く月がきれいでした。なんか良いことが続く予感(と自分に言い聞かせる)。

Conv0006

ちなみにこの日の審判は井上知大。昨年からJ1担当になった33歳の審判。見るからにレフェリーカレッジ出身のにおいがする審判ですが、当たった記憶がない。試合前、ピッチのチェックに来たときにご挨拶と思って「井上さん~!」と大声を張り上げたら、手を振って応えてくれました。だからといってジャッジに何かが起きたわけではありませんがw

川崎は凶暴さが消えて、バランスの良いチームに育ちつつありますね。これがじわじわと力をつけてきたら凶暴時代よりやっかいなチームなりそうな予感。土台から崩れてしまったうちとしては、うらやましい限りです。

試合後は浦和に出て、来来軒で祝勝会。久しぶりのうまい酒でした。

Conv0009

(第4節、レッズ2-0川崎、北ゴル裏、井上知大、24,293人、晴、午後7時3分、7月13日、水曜、13位)

Conv0001

P.S 試合前、ピッチに蘭子が挨拶に登場。思ったより人の良さそうな表情をするので、少し残念w 彼はジュビロ戦に出てくるんですかねぇ。また変数が増えて、チームが迷走しなきゃいいんだが。

|

« 【参戦記】とりあえず泣きました 第4節H川崎戦2-0 | トップページ | 【参戦記】連勝がこぼれおちていったワケ 第5節ジュビロA戦1-1 »

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

海豚戦」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
勝てて本当によかったです!!高崎のは私も入った!!と思いました^^;
高崎が肘打ちで脇腹を痛めて交代してますから、次節デスポトビッチの出る可能性は高そうですね。“変数”がいい方に働いてほしいです^^;

投稿: S.ジェラード | 2011年7月15日 (金) 07:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/52210139

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】劣化ジュニーニョに助けられた それでもいいさ勝ち点3なら 第4節川崎H戦2-0:

« 【参戦記】とりあえず泣きました 第4節H川崎戦2-0 | トップページ | 【参戦記】連勝がこぼれおちていったワケ 第5節ジュビロA戦1-1 »