« 【試合展望】引いてきたときどう攻める?第6節甲府H戦 | トップページ | 【試合展望】そんなにしゃべりたいのかゼリコぽろり ナビスコ予選第2ndLeg山形A戦 »

2011年7月24日 (日)

【参戦記】降格脱出シリーズ第1戦は勝利 第6節甲府H戦2-0

Conv0002

試合後、泣きました。We are Diamondsを歌うときに。勝ちがこぼれ落ちた前節の鬱憤が、見事に晴らされた2-0の試合。そして平川、陽介の得点という、盛り上がる展開。うれし泣きしてもいいでしょう。

Conv0001

この日のゼロ封だけでなく、ここまで失点の少ないレッズ。この日も永田のプレーにやや怖い面はありましたが、結果はオーライ。スピラは見事に得点王のハーフナーを押さえきりました。

前節以上にパスサッカーを展開したレッズ。試合開始後10分で、加藤がレッドで退場してからも、基本は変わらず。元祖ゼリコサッカーを実践しないことが継続出来るのはうれしい限り。ただ、ロングフィードも必要に応じて実践するものの、その精度が今一つなのが難点。デフェンダーだけを攻めるわけにはいけませんが、この辺の精度が上がると、さらに期待できるんですけどね。

Conv0003

先発は、風邪明けの直輝がサブ、セルが先発、そして蘭子が初めての先発。悔しい事に司は今回もベンチ外。ねんざで出場を危ぶまれていた元気は強行先発。ま、プレーを見る限り、問題はなかったように思えます。

なぜか甲府は1人減ったレッズに攻めかからず、慎重に展開。おかげで、レッズもバタバタせずに、10人のプレーを完遂。甲府は早い時間帯で、数的優位になってしまっただけに、失点を恐れるプレーが優先されたんでしょうか。とはいえ、後半になっても、攻め口はあまり変わらず。もちろん賭博性の高いサッカーですから、危険なプレーは当然あったものの、そこは何とか凌ぎました。パウリーニョの危険なシュート2本のうち1本でも決まっていれば、こうした展開にはならなかったのでしょうが、そこはそれ。そうはさせなかったレッズに好都合な展開に。

Conv0005

そもそも平川の得点も、デフェンダーの跳ね返りをあてて、決まったラッキーな得点。2点目も陽介のスーパーシュート。ある意味、幸運ですが、そこまで持ち込む攻勢力が生んだ結果ともいえます。

チーム全体に攻撃、守備に落ち着きが出始め、蘭子も攻守に汗をかいてくれそうなので、今後に期待をしたいところです。

Conv0004

で、この試合の審判、扇谷。聞いた時には、とってもいやな予感がしましたが、やはりレベルの低いレフリングで、いらだつことなんども。基本的に下手です。

そのため試合中に「扇谷●●~!」発言を繰り返した私ですが、周りのお仲間は人間ができているので、私が「扇谷~」というと。すかさず「さん」をつけてくれるw 

ひとにものを頼むときには「さん」を付けましょうという趣旨w これをチームワークと言わずになんと言えましょう。

Conv0007

何がうれしいといって、陽介のチャントを歌えた事。次は 司のチャントが歌いたい。

後半の交代で、直輝も出て来ましたが、今一つ目立たず。それでもポジションは自由に変えてましたw 高崎は、得点に向けたプレーよりも時間を使うプレーが中心で、パフォーマンスは低い。もっとドッキとさせるプレーをして欲しいもんです。

この後、水曜のナビスコ、週末の川崎と連戦。ゼリコさん、なんとか、うまい選手起用で選手の負担を増やさずに、勝利を得てください。

今期はいろいろありましたが、ようやく守備が落ち着き始め、中盤と前線に核ができはじめ、なんとかチームの形ができつつあります。ゼリコがまた思いつきで訳のわからない起用と指示ささえしなければ、降格仲間との試合をしのげそうな気分になってきました。だから、ゼリコ、選手に任せろ!

Conv0006

(第6節、レッズ2-0甲府、北ゴル裏、扇や健司、31,369人、曇、午後7時3分、7月24日、土曜、12位に浮上)

|

« 【試合展望】引いてきたときどう攻める?第6節甲府H戦 | トップページ | 【試合展望】そんなにしゃべりたいのかゼリコぽろり ナビスコ予選第2ndLeg山形A戦 »

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

甲府戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/52297868

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】降格脱出シリーズ第1戦は勝利 第6節甲府H戦2-0:

« 【試合展望】引いてきたときどう攻める?第6節甲府H戦 | トップページ | 【試合展望】そんなにしゃべりたいのかゼリコぽろり ナビスコ予選第2ndLeg山形A戦 »