« 【試合展望】選手をうまく使おうよゼリコ 第21節新潟A戦 | トップページ | 【遠征記】須坂屋そば 新潟駅前店 1108814新潟A戦2-3① »

2011年8月16日 (火)

【参戦記】井上が怖くてサッカーがみれるかw 第21節新潟A戦2-3

Conv0001

試合前は熱射に苦しめられ、スタジアムに入ったら売店の長打の列に苦しめられ、試合になったら、最後の最後まで井上知大にはらはらさせられた試合。前日、鹿島-仙台戦の笛を吹いた佐藤隆治が鹿島に2枚のPKを与えた事を思い出させました。どうも1試合2枚のPK授与を目指しているらしい両者。飯田淳平と合わせて、レフリーカレッジのエリート軍団出身の危険な「新御三家」から目が離せません。

Conv0002

累積警告で丸塩を欠くレッズのトップ下は直輝、右SHには達也。代表戦フル出場のスピラにかわって暢久という布陣。前線の布陣は、直輝がトップ下に入った分、前節に比べてもより理想に近い。丸塩が復帰しても丸塩を右サイドに配置すれば、FW力的にやや難があるものの、現況ではベスト布陣になる予感。

前半は、まさにレッズが新潟を封じ込めた試合。ほとんど新潟にプレーさせず、早い時間帯にポジションチャエンジで右サイドにいた元気→直輝→元気に渡ってゴール。相手陣営を切り裂いていく元気はいつ見てもほれぼれとします。また、直輝のつなぎの技にもほれぼれ。

そして、2点目はゴール前での混戦のなかから、「誰か」がゴール。現地では、アウェイ側での出来事だけに、誰が得点したかが分からず、携帯で確認する始末。永田だったようですが、新潟サポにはご愁傷様です。

ただ、新潟を封じ込めたとはいえ、それでは申し訳ないと暢久がとっても危ないプレーを演出。ゴール前での競り合いにポカをして、あわやゴールのシーンも。さらにはそれに引っ張られ啓太が横パスを奪われるプレーを展開。そしてうっかり永田も、いつものごとく危ない横パスを実施。ひやひやさせます。

Conv0003

とはいえ、前半で2点リード、新潟にはほぼ何もさせない展開だけに、後半1点入れれば試合は決まりというノリだったのですが、いよいよ井上が本領発揮。後半すぐにPKを新潟にプレゼント。まぁ、所詮向こう側でのプレーですから、判定が正しいかどうかなど分かりません。それでも、前半から、いらいらさせる数々のジャッジに加えてのPKですからイライラ度は高まるばかり。順大は反応が早く、勢いがありすぎて、相手プレーヤーに激しくぶつかる傾向にあるのでPKをとられやすい。

それでも、失点直後に、直輝がゴール前に配球されたボールを、みごとなボレー?シュートで得点。蹴った瞬間、ゴールを超えてはずれるかと思いきや、見事にネットを揺らしたときには興奮しました。いやぁ、1試合で3回も喜べるなんて、長距離遠征の苦労も吹っ飛びます。

しかし、ここで、気が緩んだのか、はたまたマゾ、セルを入れて超攻撃的な布陣をとったせいなのか、新潟がやや息を吹き返し始める。後半、1点差に追いつかれても、再び突き放した後は、試合を落ち着かせ、守備を固める選手を入れるのが常道かと思いますが、悲しいかなそんな選手はベンチに入れてません。堀之内や司は新潟にいません。

マゾはお疲れ蘭子との交替、セルは痛んだ達也との交代ですから、ボランチとFWとかえるというかつての恐るべき交代ではないとはいえ、結果、生まれた前線は、セル、マゾ、元気という布陣。マゾは形式的に守備のふりをするくらいですし、セルは達也ほどの守備はできませんから、ボランチ陣の負荷はどうしても高まります。攻撃は最大の防御とはいいますが、マゾの効果は約10~15分程度ですから、そうそう攻撃しまくれるわけもない。

結局、後半、やや押し込まれつつ、ロスタイムに突入。今回こそ、何とかしのぐだろうと思っていたら、ロスタイム中にPK。さすがに呆然。井上、躊躇しません。この辺が新御三家の真骨頂。

誰が何をしたかは全く分からないだけに、どうにもならず。永田のハンドだったらしいですが、これも故意か仕方ないプレーかは審判の判断次第。どうだったかは録画をみてないのでわかりません。

かつて、ロスタイムで2点取られた経験があるだけに、まさかの同点を恐れてましたが、何とかクリアして、勝ち点3をゲット。前半の内容からみて、もっと楽に勝てるはずでしたが、そうはいかないのがゼリコ流。そんなに、盛り上げてどうするんですが。

それにしても、井上は、かつてのジャスティスを思い起こさせる省エネモード。位置どりも怪しく、危なく直輝のドリブル、パスプレーを邪魔しそうになるなど、今一つ信用できません。次節、開幕戦以来ご無沙汰の飯田淳平くんが出て来ませんように。

試合後は、新潟駅のそばに予約したお店で仲間と祝勝会。うまかったー。

Conv0004

第21節、新潟2-3レッズ、ゴル裏、井上知大、37,375人、晴、午後6時3分、8月14日、日曜、何とか12位まで浮上)

P.S 久しぶりに先発の暢久、ポカやビューティフルプレーを見せてくれるなどサービス精神たっぷり。さらには、ファウルをもらった際には、審判への身振り手振りの抗議をするなど、相変わらずキャラがたってます。それをみて思わず、暢久のチャントを歌い上げてしまうサポ。やはり、いいよなぁ、暢久。もっとも、そのファウル絡み(異議?)でイエロー食らって累積を達成し、次節出場停止なのは残念です。


より大きな地図で 11年遠征記 を表示

|

« 【試合展望】選手をうまく使おうよゼリコ 第21節新潟A戦 | トップページ | 【遠征記】須坂屋そば 新潟駅前店 1108814新潟A戦2-3① »

参戦記」カテゴリの記事

新潟戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/52487695

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】井上が怖くてサッカーがみれるかw 第21節新潟A戦2-3:

« 【試合展望】選手をうまく使おうよゼリコ 第21節新潟A戦 | トップページ | 【遠征記】須坂屋そば 新潟駅前店 1108814新潟A戦2-3① »