« 【参戦記】何も言うことはありません 第22節甲府A戦3-2 | トップページ | 【参戦記】やっぱり我慢できませんでした 第23節広島H戦1-1 »

2011年8月23日 (火)

【試合展望】我慢できない監督 それが問題だ 第23節広島H戦

啓太が体調不良だそうです。そりゃあれだけ働けばねぇ。そこで中3日の試合から啓太を外す。それはそれでごもっとも。後は、代わりに誰をいれるのか。小島?暢久?

3バックor5バックからカウンターを仕掛けてくる広島に対し、カウンターを警戒するなら経験豊富な暢久(ポカは必ずしますが)、堅い守りを崩すために小島を使うか(荷は重いですができなくはないはず)。

一応、言っときます。トップ下は直輝で。前節、超攻撃布陣の煽りを食って途中交代となりましたが、あそこでなぜゼリコは我慢できないのかねぇ。2点差をまずは1点差に詰めるべく、組織攻撃。そして、最後の1点は最後の20分をかけて●●大作戦でもいいのですよ。それができない。

さて明日の布陣右SHは丸塩でも良いが、万全でないなら、司を入れろ~と、とりあえず言っておきます。無理だろうけど。腹がたつなぁ。

ともかくゼリコはこらえ性がない。リードされても、リードしていても20分と機能しない攻撃陣を突っ込まずに、残り20分までは、組織プレーをできる選手を残していて欲しいもんです。ハーフタイムから超攻撃布陣にすると、最後の20分は、単なるボール蹴り集団に堕してしまうチームを見るに堪えません。

もうこうなると、神仏に祈るしかありません。明日の試合がばくち戦にならないように。祈りましょう。第六天魔王がゼリコのこらえ性のなさを吹っ飛ばして欲しいもんです。怨敵退散!

|

« 【参戦記】何も言うことはありません 第22節甲府A戦3-2 | トップページ | 【参戦記】やっぱり我慢できませんでした 第23節広島H戦1-1 »

広島戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

試合展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/52551382

この記事へのトラックバック一覧です: 【試合展望】我慢できない監督 それが問題だ 第23節広島H戦:

« 【参戦記】何も言うことはありません 第22節甲府A戦3-2 | トップページ | 【参戦記】やっぱり我慢できませんでした 第23節広島H戦1-1 »