« 【神社】装束稲荷神社 王子 | トップページ | 【神社】八枝神社 上尾市平方 »

2011年8月 4日 (木)

【神社】氷川神社 上尾

Conv0003

上尾の氷川神社といっても、大宮周辺は氷川神社だらけなんで珍しくもなんともない。しかしながら、この氷川神社はそれなりに味があります。かつての鎌倉道に面し、かつては上尾村字二ッ宮と呼ばれたこの地の名前の由来を背負ってます。

氷川神社と言えば、男体社、王子社、女体神社に分かれています。大宮の氷川神社は男体社で、子供に当たる王子社は見沼区にある中山神社(中氷川神社)がそれです。母となる女体神社はかつての見沼を臨む高台にある女体神社。これらの神社は一直線に並んでいることでも知られてます。

さて、この上尾の氷川神社はかつて二ツ宮と呼ばれ、それが地名になった訳ですが、二つとは、氷川(男体)神社と女体神社のこと。

ただし、明治時代の 神社合祀のときの再編で、なぜか女体神社が上尾駅そばにある鍬太神社に合祀され、この神社は独り身になってしまった。一方の鍬太神社は、今では氷川鍬神社に名称を変えています。なぜ、そういうことになったのか、その辺の事情は分かりません。

Conv0002

Conv0004

氷川神社の本殿は四面にはすぐれた彫刻が施されていることでも有名です。今や神社の敷地は幼稚園の建物が建てられ、遊技施設や図書館も置かれています。寺院と幼稚園という組合わせは良くあるので、その伝ということですかね。敷地のかなりの部分が幼稚園になってしまっていてちょっと残念な気も。

Conv0006

境内にある本殿はなかなかの作りで良い感じです。いつ改修したのか分かりませんが、拝殿の正面には金具が輝いており、そんじょそこらの神社とは違う印象を与えます。隣には、女体神社があったろう場所に(たぶん)愛宕神社が鎮座。上尾、桶川周辺には愛宕神社がなぜか多い。この辺の考察はまた後で。

Conv0001

ただ、その愛宕社と氷川神社の間に胸像があります。また、懐かしい二宮尊徳像も。胸像の方は冨永吉一翁とある。何者か。まぁ、神社の神官の家系にして、幼稚園の創始者なんですかね。でも、本殿、拝殿と銅像を並べる感覚は今一つな感じ。

Conv0005

鎌倉道に面した参道は今も残っていますが、神社の入り口にある鳥居は、3月11日の地震のせいでしょう、基礎だけを残してなくなっていました。

いろいろな思いを持ちつつ、次の目的地、八枝神社へ向かいます。

より大きな地図で チャリで観た風景+神社 を表示

|

« 【神社】装束稲荷神社 王子 | トップページ | 【神社】八枝神社 上尾市平方 »

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/52384883

この記事へのトラックバック一覧です: 【神社】氷川神社 上尾:

« 【神社】装束稲荷神社 王子 | トップページ | 【神社】八枝神社 上尾市平方 »