« 【試合展望】“ぺ”の呪縛を振り切れ 第27節鹿島A戦 | トップページ | 【遠征記】第27節A鹿島戦0-0 »

2011年9月25日 (日)

【参戦記】頑張りは評価。しかし“板戸1枚海の底”状態は続く 第27節鹿島戦0-0

Conv0005

今回はtwitterの投稿を加筆修正してあげときます。スタメンは、代表戦フル出場から中2日の元気を使うという無理をしながら、後のメンバーはほぼ理想。この時点で3.5ではなく4.0くらいではあったのですが,,。運もあり、何とか引き分け、勝ち点1。遠征にまつわる、お話は別途あげます。

***************************************************************

内容的には3-0で負けの試合だけど、選手の頑張りで、そう見えないところが大事。勝ち点1を、その頑張りで拾った感強し。しかも、勝てるかもと思わせた不思議さ。posted at 07:46:45

奪われたボールを奪い返す気力には拍手。その後の攻撃の手がないところが悲しい。posted at 07:41:24

Conv0006

大旗禁止令で2階に行った磯。それなのに1階の磯の席があいていたのが笑える。不在でも座ってしまうと、後で酷い目にあうんんだろう。posted at 07:14:24

それにしても興梠先発でなくてよかった。出会い頭の事故が起きなかったので助かるposted at 07:44:53

毎回、見どころを作る充の恐ろしさよ  まさかあそこで転ぶとは。今度は何をする?  06:22:16

充の緩慢なパスも何とかしてposted at 07:35:13

もう充の恐ろしいプレーは見たくないposted at 07:12:19

海兵隊スピラもまだプレーが怖い。posted at 07:34:55

鹿劇場、久しぶりに見た。posted at 07:12:39

鹿は演技に集中しすぎて、決定打を撃つところで集中力が欠けていたのが、運の尽き。posted at 07:44:02

松村はぶれもあるけど、視野も狭すぎ。マリーシア軍団には格好な餌食posted at 07:39:13

ウガ負傷(頸椎捻挫)で出場の野田、スクランブルの割に良いプレー。今まで見たうちでは出色の出来。まだ、弱点を研究されていない分、割り引くべきだろうけど。posted at 07:38:07

Conv0008

秀仁、前半最後のチャンスは残念。ただ、ああいう疲れる試合で90分はまだもたないか。華麗なスルーパスも不発。 posted at 07:57:36

直輝と陽介の絡み方をもっと整理せねば。posted at 07:34:27

直輝は反省しているようだが、陽介も頑張っていたけれど、ミスも多し。2人で旨く話し合ってくれ(もちろん“ぺ”抜きで)posted at 08:48:21

セルは頑張ったが、今節は今一つ。松村のような審判に目をつけられないのも大事な技。もっとも岩政(?)の術中にはまったのが運の尽き。2枚目を恐れた“ぺ”が機能しない蘭子との交替を誘発してしまった。posted at 07:33:41

で、蘭子は何の役に立つのか。posted at 07:34:02

丸塩の守備への献身的なプレーは、千葉から来たばかりの阿部ちゃんを思い起こさせる。しかし、その結果、攻撃的だった選手が、いつの間にか守備の人になる可哀想さ。posted at 07:40:31

いずれにせよ順大は神posted at 07:37:25

運が良かった試合ではある。しかし、ペットボトル蹴り上げてもおとがめなし?あの一瞬、期待したのは、オリベイラの行為に激高した“ぺ”はオリベイラに詰め寄り、退場。次節より代行監督、だったのだが。posted at 07:18:29

昨日の試合もっとも腹がたったこと。 試合後、“ぺ”が選手に紛れて挨拶にきたこと。おまえにコールはしたくない posted at 07:13:27

試合後、喉がが激しく痛いposted at 07:11:52

ペトロビッチ→ゼリコ→“ぺ”→ペッカー→3.5 進化する某監督。次は何だ。posted at 07:50:42

ナビスコ戦。“ぺ”、まさか元気を使わないだろうな。
posted at 07:47:47

ということで、冷や冷やの引き分け。しかし、この後6時からのガンバvs甲府戦で甲府が0-2で勝利。勝ち点差はわずか2。新潟が磐田に負けたおかげで暫定13位。今日の、柏vs大宮戦で大宮が勝つと、抜かれて14位。板戸1枚海の底です。

Conv0007

(第27節、鹿0-0レッズ、ゴル裏1階、松村和彦、25,061人、晴、午後4時3分、9月24日、土曜、引き分けたのに13位)

●番外

なぜか鹿の國では軽トラが3ナンバーをあおる不思議posted at 07:22:03

煮込みも良いが、つみれ汁も乙。posted at 07:30:08

Conv0001

屋台村、和風レストランやまびこの煮込みと、牛串焼きステーキは旨い。で、みなよく知ってるるよなぁ。この店の行列は常に長い。posted at 07:29:11

相変わらず、地元の人、店の人は親切なのに、なぜあのチームはこうもどす黒いのか。posted at 07:19:21

(身内ネタ)大山鳴動して鼠一匹。某酔いどれ会社携帯が旅に出る事件。posted at 07:20:21

昨日の鹿國脱出はひさしぶりに大負け。市役所から先の渋滞ぴくりとも動かず。なにがあったんだろ。おかげで脱出に45分、稲敷ICまで45分、そこから岩槻ICまで45分というバランスの悪さ。posted at 07:16:57

慰労会を開催した東大宮の店で「今日引き分けたんですよ」と店員に同情を求める、某オヤジ。大胆不敵。posted at 07:21:18

 

|

« 【試合展望】“ぺ”の呪縛を振り切れ 第27節鹿島A戦 | トップページ | 【遠征記】第27節A鹿島戦0-0 »

アントラーズ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/52825464

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】頑張りは評価。しかし“板戸1枚海の底”状態は続く 第27節鹿島戦0-0:

« 【試合展望】“ぺ”の呪縛を振り切れ 第27節鹿島A戦 | トップページ | 【遠征記】第27節A鹿島戦0-0 »