« 【参戦記】チームの破壊魔“ぺ”は撤去できないのか 第26節清水A戦1-0 | トップページ | 【試合展望】“ぺ”の呪縛を振り切れ 第27節鹿島A戦 »

2011年9月19日 (月)

【遠征記】2011.09.19 第26節清水A戦1-0

Conv0007

今回は5時半出発。空は朝焼けでピンクに染まり、月が見えとてもきれい(上)。同乗者は5人、計6人でエコパへ。掛川の天気予報は雨。

■自宅発着:午前5時半(自宅)→午後8時20分(東大宮駅前)
同乗者:浦和駅6時(3人)、南浦和6時5分(1人)、武蔵浦和6時25分(1人)計6人
■高速経路:
●往路
浦和南IC(午前6時33分)→熊野町JC→竹橋→渋谷→港北PA(7時56分)→由比PA(9時39分)→掛川(10時10分) 所要時間3時間37分
●復路
掛川IC(午後5時20分)→大橋JC→板橋JC→江北JC→川口→岩槻(8時5分) 所用時間2時間45分

■走行記録
●走行距離 560キロ 

走行時間 6時間22分
●往路
最近の東海方面の遠征では首都高熊野町JCから大橋JC経由の中央環状山手トンネルを行くか、都心に突入して竹橋経由で行くかが選択肢になります。山手トンネル完成のおかげで、竹橋方面の渋滞がなくなり、首都高を抜ける時間がかなり短縮されるようになりました。一方、山手トンネルを使うと、距離的にかなり短縮できるものの、東名と合流する大橋JC手前からの渋滞がネックに。このため、その都度、渋滞情報をもとに判断する感じです。

今回は前回のエコパ行き(7月17日、日曜日、エコパ、ジュビロ戦)と同じく竹橋経由を選択。やはり大橋JC手前で渋滞が発生しているようなので、竹橋経由にすることに。ただ、この日は、土曜のため、前回の日曜とは違い、東池袋手前から渋滞が発生。べた止まりではないものの、のろのろが続く。竹橋手前では銀座方面の左車線が渋滞。一方、竹橋方面はスカスカとなり、難なく竹橋を通過できました。

Conv0008

その後、用賀あたりまでやや混雑するものの、さほどの混乱はなく、東名高速に。これで後は大丈夫かと思いきや、港北PA手前から海老名SAあたりまで渋滞。渋滞に突っ込む前に、トイレタイムをとることにして港北PA(右)に入る(7時56分)。ここまで浦和南から1時間半弱だから、まぁ順調でしょう。

Conv0009

その後、港北PAを出発。恐れていた渋滞もさほどのこともなく、後はすいすい。途中、静岡あたりで豪雨に見舞われるものの、天気予報とは違い、晴れ間も見える。雨、曇り、晴と目まぐるしく変わる天気。由比PA(右)で、トイレ休憩して、掛川に10時10分着。高速に乗っていた時間は3時間36分。

掛川ICからはいつもと違って、直接エコパに向かわず、最初の交差点(上張南)を右折して、掛川駅方面へ。高速をくぐり、その先の十字路にある7-11へ行き、食料などを調達(10時20分)。そのとき、先発のメンバーから連絡が入り、開門が11時であることが判明。早くても開門は10時半とみていたのですが、この日はキックオフ3時間前とのこと。慌ててエコパへ。3人が正門前の交差点で降りて開門に前の待機列へ。

残り3人は、いつもの法多山の駐車場へ。300円なり。ここは民間駐車場が道の両側に並んでいます。それ故に帰路、一斉に出てくるクルマで渋滞が発生する。我々が選んだ駐車場は、そうした帰り渋滞をうまく避けられる上、掛川ICへの法多山越えルート(下図、緑線)、袋井ICへのルート(下図、黒線)の両方に対応できる好位置にあります。安い上に渋滞知らずでインターまで行けます。

Conv0010

ただし、今回は、駐車場帰宅渋滞は発生せず。エコパの裏口にもっと近い駐車場でも問題はなかった。7月のジュビロ戦も同様。サポーター数が減ったせいですが、かつての渋滞が懐かしい。ちなみにエコパの裏口にあるアウェイバスの駐車場(右)から離れるほど駐車料金は安くなります。アウェイバス駐車場のそばは1000円、その次は500円、そして法多山入り口は300円という感じ。法多山よりは確かにエコパからやや離れていますが、法多山の参道沿いに茶屋が軒を連ねていますから、食事には便利。この日も11時前に着いた時点で店は開いてました。

●復路
負けたので、選手の挨拶後、とっとと撤収。駐車場まではそれなりに時間がかかりますが、駐車場渋滞はなし。そこで魔が差して、いつもと違う、エコパ正門方面へ行ってみた(下図、青線部分。赤線は渋滞)。これが失敗。正門前の道路に合流するところで渋滞。正門前でやや渋滞。正門前を左折して愛野駅方面へ左折。ここから問題ないかと思いきや、高速をくぐる手前から渋滞。その先にあるT字路の信号がネック。

T字路を右折しても渋滞は続く。そこで、右手の街路に入って、迂回。先ほどの道の先にあるGSで給油。さらに行きに寄って7-11で物品を調達。そこから掛川インターへ。5時過ぎに入りました。この道は、いくら観客数が2万人台とはいえ、駄目ですね。裏道をこまめに選べばいいんでしょうが...。

より大きな地図で 11年遠征記 を表示

その後、東名高速で渋滞は一切なし。こんなにすいている東名上りを走った経験はないなぁ。ただし首都高は渋滞中と判明。ただ大橋JCを経由する中環状の渋滞は短くなっていく傾向にあったので、こちらを選択。行って見ると最後1キロ程度が緩い渋滞がある位で無問題。そのまま江北JC経由で東北道に入り岩着くICに。東大宮駅前に8時20分着。ここでクルマを置いて、反省会。約2時間、思い切り反省しました(泣

●スタジアム情報

ペットボトルはキャップをとらずにOK。ジュビロ戦と同じく、スタジアムの外への出入りは自由(入場半券を見せ、入退場用の券をもらい退場、入場時に半券と入退場用の券を渡す)。ちょうどアウェイ入場口のそばにささやかながら売店もあります(下)。今回は外に出て木陰でキックオフを末事に。ちなみに生ビールは600円。

Conv0011

|

« 【参戦記】チームの破壊魔“ぺ”は撤去できないのか 第26節清水A戦1-0 | トップページ | 【試合展望】“ぺ”の呪縛を振り切れ 第27節鹿島A戦 »

清水戦」カテゴリの記事

遠征記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/52770184

この記事へのトラックバック一覧です: 【遠征記】2011.09.19 第26節清水A戦1-0:

« 【参戦記】チームの破壊魔“ぺ”は撤去できないのか 第26節清水A戦1-0 | トップページ | 【試合展望】“ぺ”の呪縛を振り切れ 第27節鹿島A戦 »