« 【遠征記】2011.09.19 第26節清水A戦1-0 | トップページ | 【参戦記】頑張りは評価。しかし“板戸1枚海の底”状態は続く 第27節鹿島戦0-0 »

2011年9月23日 (金)

【試合展望】“ぺ”の呪縛を振り切れ 第27節鹿島A戦

といっても、振り切ったところで、何をするかは選手だけでは決められない。暢久がホワイトボードで書きますか?

さて鳥栖帰りの3選手は昨日練習に合流したそうですが、明日はどうなるやら。どうせ“ぺ”は元気が「先発希望!」と言おうが言うまいが先発に使うんでしょう。

ただ、鳥栖でフル出場した元気が十分なパフォーマンスをあげられるかは疑問です。やはり、先発に司を入れて欲しいもんですが。元気はスーパーサブとして使ってください。フォーメーションは、セルがトップ、丸塩は右SH。ボランチは前目が柏木、直輝、秀仁でいいんでないんでしょうか。

いずれにせよ、ボールをもったDFの放り込み方も不明、ボールをカットしても反攻の際の決まり事がなく、サイドから攻めこむのか、真ん中から崩して入るのか、ラインはどの程度上げるのか、どこ辺から守備に入るのか、終盤、スコアによってどんな試合展開に持って行くのか、何も分かりません。最低これくらい決まっていて、ボールをもった瞬間、選手同士が自動的に動けないとねぇ。

“ぺ”の下でそんな期待はできませんが、髪型と顔つきがどんどん怖くなるスピラに頼るしかないでしょうかw ここまで来れば、監督代行でも十分だと思うんですが。あ、ウガは勘弁ね。

|

« 【遠征記】2011.09.19 第26節清水A戦1-0 | トップページ | 【参戦記】頑張りは評価。しかし“板戸1枚海の底”状態は続く 第27節鹿島戦0-0 »

アントラーズ戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

試合展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/52809309

この記事へのトラックバック一覧です: 【試合展望】“ぺ”の呪縛を振り切れ 第27節鹿島A戦 :

« 【遠征記】2011.09.19 第26節清水A戦1-0 | トップページ | 【参戦記】頑張りは評価。しかし“板戸1枚海の底”状態は続く 第27節鹿島戦0-0 »