« 【参戦記】う~っ! 試合には勝ったが組織には負けた苦い勝利 天皇杯2回戦宮崎産業経営大学戦@埼スタ4-1 | トップページ | ぐうの音しか出ない朝 第29節大宮H戦0-1 »

2011年10月15日 (土)

【試合展望】ナビスコの流れを変えるのは勘弁! 第9節大宮H戦

いよいよ今日は勝ち点で3を上回る強い大宮との戦い。しかし、セレッソ、ガンバ戦での展開を再現出来れば、恐るるに足らず。きっと勝てます。

しかし、これといった決まり事がないレッズには、微妙なバランスの崩れが致命傷になりかねない。それだけに先発のメンバーが最大の注目ポイント。

ポイントは
①元気はスーパーサブに。司は先発させる
②代表帰りのスピラは休ませ水輝でいく
③セル、蘭子の2トップは維持
この3つ。

あとは、
④丸塩ではなく可能なら直輝を先発。これは体調次第。
でしょう。結局セレッソ戦の再現です。

これに、
⑤平川が復帰できるなら右サイド、左サイドは野田でOK。
宇賀神をはずす。

⑥ボランチの底は啓太、秀仁でも可。ここまで来れば満点でしょう。

で、どうする“ぺ”。きっと元気を出したくて目が眩むんだろうなぁ。スピラも出しかねない、そしてウガを使う。

途中交代で元気や秀仁が出てくるのは許容できますが、それ以上は無理。

お互いの信頼関係の中、前を向いたプレー、短いパス交換と時折見せるサイドチェンジ、選手間の距離が最適化、激しいプレス、上げ気味のDFライン。これらが組み合わさってくれれば勝利間違いなし。そのためにも①~③は最低必要です。
これが出来なければ苦戦でしょう。

突破力のある元気ですが、相手にプレーのパターンを見破られ、かつ代表戦の悔しさを取り返そうとする熱意のあまり空回りしかねません。そして、セレッソ戦の動きを元気はつぶしかねない。フィンケが元気にドリブル&シュートを封印して、周りを使うよう指導していたのは、頷けます。今年“ぺ”によって、元気のやりたいことをさせ続けたことがやや恨まれます。

どうぞ“ぺ”が訳の分からないことをしないように。南無

|

« 【参戦記】う~っ! 試合には勝ったが組織には負けた苦い勝利 天皇杯2回戦宮崎産業経営大学戦@埼スタ4-1 | トップページ | ぐうの音しか出ない朝 第29節大宮H戦0-1 »

大宮戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

試合展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/52992716

この記事へのトラックバック一覧です: 【試合展望】ナビスコの流れを変えるのは勘弁! 第9節大宮H戦:

« 【参戦記】う~っ! 試合には勝ったが組織には負けた苦い勝利 天皇杯2回戦宮崎産業経営大学戦@埼スタ4-1 | トップページ | ぐうの音しか出ない朝 第29節大宮H戦0-1 »