« 【試合展望】Enjoy Football ナビスコ杯決勝鹿戦 | トップページ | 【試合展望】第31節ジュビロH戦 »

2011年10月30日 (日)

【参戦記】これを糧に、リーグ戦を勝ち抜いてくれ ナビスコ決勝鹿戦0-1

Conv0003

悔しくないかと言えば嘘になりますが、あの鹿島に優勝をかっさわれたわりには、さばさばした感じ。泥沼のチーム状態の中、決勝まで来れただけでもめっけもん。降格の危機にあるリーグ戦の前、新監督の下で真剣勝負を経験できただけでもよかったのではないでしょうか。

ただ想定外だったのは、直輝が後半すぐに立て続けに2枚のイエローをもらい、退場になり次節のリーグ戦にでられないこと。一発レッドではなかったので大丈夫かと勘違いしてましたが、そういうもんではないらしい。

そして120分の戦いをしてしまったのも誤算。中4日で、絶対勝たなくてはいけない試合に臨むことになったのも痛かった。

Conv0002

チケットの争奪、前抽の人の多さ、当日長く伸びる待機列、入場後のコンコースの混雑ぶり、通路もサポであふれるスタンド、たなびくLフラッグと懐かしさを感じさせる試合。

先発どころかサブにも宇賀神の姿がいなかったのが最初の驚き。体調を崩していたようです。まさか風邪ではないでしょうね。自己管理は大丈夫なのかな。せっかく攻撃的な使われ方をし、それなりの成果を出し始めていたのにチームにとっても、本人にとっても残念。

堀監督は、守備的な布陣の選択をして、右サイドに暢久、左サイドに平川をおいてきました。個人的な感想で言えば、老獪な鹿と戦うなら、どちらかと言えば攻撃的な選手を使って、かき回して、彼らの狙ったプレーをさせない方が好みでした。ナビスコのセレッソ戦のような戦い方ですかね。そういう意味では、峻希、平川という選択を期待していました。

Conv0007

ただそういう前がかりな戦い方をすれば、早いうちに裏を取られて失点していたかもしれません。そのれに対し、この日、守備的な布陣のおかげか、危ないシーンは数えるほどでした。

逆に攻撃では、完全に芽を摘まれた形。中盤を押さえる鹿の目論見に完全にはまり、中盤からの攻撃の契機がつかめない。さらに、SBの突進力がないこともあり、両サイドからの攻撃がほとんどできず。

そんな中、真ん中から崩す工夫もあまりなく、レッズの攻撃陣は機能不全。しかも、ゴールキックからの攻撃もセカンドボールをほとんど鹿島に拾われ、相手陣営にほとんど攻め込めない。また、なぜかこの日の順大のゴールキックは精度が悪く、直接ラインを割る事が何度もありました。

中盤勝負に負け、攻撃に移れないレッズ。見事にオリベイラの注文にはまってしまいました。

Conv0004

ただ、一方の鹿島も攻撃面では、芳しくなく、堀監督の思惑にはまった感じ。DFの裏を突くプレーがあっても良いのにと思いましたがそれもなし。さらに、小笠原はミスが多く、苦しむレッズを救う始末。この結果、お互い攻撃面では手詰まり感タップリのゲームとなってしまいました。

結局、逐次FWを投入した鹿が、延長戦前半、田代、興梠のプレーによって(珍しく)サイドを突破し、きれいな折り返しのグランダ-のクロスから、ファーサイドの大迫に決勝点を決められてしまいました。かえた選手が絡んで成果を出すという采配の妙味はオリベイラが味わってしまいました。

この時点でへろへろになっていた暢久をもう少し早く、坪井に代えていればと、「たられば」の思いはあるものの、そうしたからといって違う展開で、やはり点は取られていたかもしれません。

後半、司に代えて峻希を入れたのはユースの時の峻希を知る、堀監督らしい采配でしたが、さすがに迫力不足。ボールが配球されない上に、一瞬のチャンスで決めきれるFWではない峻希には荷が重かったように思えます。

それでも、水輝をパワープレーに使うと言う、これも堀監督らしい采配が、それなりに形になったのは興味深いところ。ボランチの底で、攻守に自在にプレーするのが水輝の特長。CBとして使われていますが、攻撃の魅力もあります。

しかし、不思議なのは、水輝と組んだ充はうっかりプレーをしないこと。なぜなんですかね。そして、啓太に代わって入った秀仁の落ち着きぶりと、負けん気の強さと攻撃性にはほれぼれ。なかなか思うようにパスが通っていたわけではないですが、先発で使っていたらという思いも。もっとも、やはり、そうだと早い時点で失点していたかもしれません。

失点を抑え、何とか少ないチャンスを狙うと言うのが掘監督の狙いだったんでしょう。峻希や秀仁ら若いプレーヤーを先発させなかったのも、粘って後半勝負のつもりだったのではないでしょうか。

Conv0001_2

しかし、想像以上に鹿島の「中盤つぶし」のチームプレーが機能したことと、直輝が後半すぐにいなくなってしまったことで、その可能性は小さくなってしまいました。

攻撃面で迫力がなく、守備面でも人材難になっている鹿島ですが、采配次第で、勝てる試合に持ち込めるという事を証明したのかもしれません。そして鹿島の選手はそれを着実に実行しただけなのかもしれません。それでも一瞬の隙を突いて得点するFWらしいFWがいれば、レッズにも勝つチャンスはありました(確率は低いですが)。

また、中盤野劣勢を挽回する妙手がうてていれば、状況もかわっていたかもしれません。いずれにせよ、その両方ともできなかったレッズ。監督が代わって10日ばかりというハンディはありますが、残りのリーグ戦も相手はこの日の試合を参考に色々策を考えてくるはずです。鞠戦での勝利に満足しないでさらにチーム力を高みにあげる努力が必要かもしれません。

しかし、高円宮杯で直輝、元気、峻希、水輝、岡本からなるレッズユースに負けた当時鹿児島城西の選手だった大迫。あの日の大迫は全くボールを配球させてもらえず、イライラしていました。今回はその逆の展開。大迫はリベンジを果たしてスカッとしたでしょう。元気のフラストレーションはいかばかりか。今度はこちらがリベンジの番です。

Conv0008

ナビスコ杯決勝、レッズ0-1鹿島、延長戦、東城 穣、 46,599人、晴、午後1時10分、10月29日、土曜 準優勝)

|

« 【試合展望】Enjoy Football ナビスコ杯決勝鹿戦 | トップページ | 【試合展望】第31節ジュビロH戦 »

ナビスコ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/53123053

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】これを糧に、リーグ戦を勝ち抜いてくれ ナビスコ決勝鹿戦0-1:

« 【試合展望】Enjoy Football ナビスコ杯決勝鹿戦 | トップページ | 【試合展望】第31節ジュビロH戦 »