« 【参戦記】天皇杯3回戦東京ヴェルディH戦 2-1 | トップページ | 【参戦記】ようやく勝ち取った残留(のはず) 第33節福岡A戦 »

2011年11月20日 (日)

【参戦記】最低のラインは維持 がまんの試合 第32節仙台H戦0-0

Conv0001

天気予報と違って、なかなか気温の上がらない気象状況。雨も予想以上に降り続く。浦和大丸、東大宮西友、浦和美園イオンで購入したボージョレヌーボーを試合前に仲間たちと飲んだものの、そう簡単に体は暖まらず。つい、食べた事がないうどんをスタジアムで食べてしまいました。

Conv0002

ま、そんなことはどうでもいいですが、この試合、絶対負けられない試合。スタジアムに入る時、例のダルマの頭をなぜて入場。そのダルマは試合前、選手の待機場所に持ち込まれ、選手もダルマを触っていく。相手の仙台は今期最多のサポが詰めかけました。景気のいいチームは元気だよなぁ。

雨の中の選手入場。そのとき、メインもバックもゴール裏も立って選手を出迎える。そして、そのまま「歌え浦和」を歌い上げる、バックでも方を組んで歌うサポの姿が見える。良い出迎えができました。

Conv0004

そんな中、始まった試合。天皇杯で出なかったツボ、永田、平川、野田が先発。ボランチは啓太を底に、柏木、丸塩、洋介、SHは梅崎、元気、ワントップはセル。

試合開始直後、いきなり梅崎が右サイドからボールを保持して駆け上がりシュート。元気?もゴール前に詰めていて、あわやゴールの先制パンチを繰り出す。とはいうものの、前がかりというよりは試合を落ち着かせるように試合を進めるレッズ。負けてはいけないと言う意志が強く感じられました。対する仙台はレッズのディフェンスがボールを保持すると、太田、赤嶺が狩猟犬のように詰めてくる。

攻撃時には、赤嶺は常にオフサイドライン前後あたりにポジションをとりつつ、ウザイほど何度も中盤からのボールを要求する。これに太田、リャン・ヨンギが絡んでくる。レギュラーの両サイドバックの不在の仙台ながら、左サイドにはパク チュソンが張っていて、ゴールライン付近への進入を狙う。隙を見せれば、決定機を作られそうな雰囲気がぷんぷん。

ただその割には、旨く押さえていた試合でした。

この日、そうした危険の芽を潰していたのが啓太とツボ。啓太はボランチの底ながらCBのようなポジションをとって3バックのような態勢を作り、守備の網の目をつめる。

そんな中、ツボが上がったりするものだから、スタジアムが湧くw さらにはゴール前にも進出して、相手GKに顔面でぶつかりに行ったり、いったん抜かれたふりをして、その俊足を披露して、ボールを奪い返したり、果ては、パクチュソンの脚への危険なスライディングを受けながし、パクチュソンの自爆退場を招来するなど全開。こうした守備を見ていて楽しいんだよねぇ。華があるんだよねぇ。

ただ、攻撃はなかなか身を結ばず。前半、セルのあわやのシュートがあったものの、得点機は少ないまま前半終了。

後半に入ると、元々遅攻だったことに加え、雨による水たまりで、ボールが動かなくなり、パスサッカーはほとんど機能せず攻めあぐむ。選手の動きも鈍くなり、スペースへのパスはほとんど皆無に。一方の仙台も似たような状況。

両者とも、この天候でロングボールの蹴り込み戦略をとるかと思いきや、それもなし。時折、大きくサイドを変えるボールがでるものの、正確性を欠きうまくいかず、不完全燃焼な内容が展開。最後、左サイドから、ゴール前のパス交換から攻め上がったものの、これも決めきらず。

選手交替も、前半早々イエローを1枚もらっていたセルに代え達也、梅崎にかえ原選手を入れるなどドリブル思考。スピラや高崎を入れて放り込むというシーンは見られませんでした。

結局、お互い手詰まりで試合終了。総じて、失点をしたくないという意志を強く感じた試合でした。

結局、引き分けでしたが、甲府が2-1で負けたこともあり、次節福岡戦で勝てば、残留が決定するシチュエーションに。福岡戦の試合後、有志で企画されている祝勝会が残留決定の祝賀会になる事を願ってます。

しかし、ハーフナ-は姑息な。ハーフタイムで指示を受けたんだろう事はありあり。アディシャナルタイムで2枚目のイエローをもらうとは。これで、2試合出場停止が1試合出場停止に。最終節、ハーフナーは試合にでられます。

ま、いいんです。我々は勝てば。ただ、勝てば良いという変な余裕と、相手が降格が決まっている福岡という、目に見えない気の緩みに弱いのがレッズ。そこばかりが気がかりです。柏戦は、残留を決めて純粋に試合を楽しむ、スッキリした気持ちで迎えたいもんです。

Conv0009

(第32節、レッズ0-0仙台、北ゴル裏、扇谷健司、30,891人、雨、午後2時3分、11月19日、土曜。15位)

|

« 【参戦記】天皇杯3回戦東京ヴェルディH戦 2-1 | トップページ | 【参戦記】ようやく勝ち取った残留(のはず) 第33節福岡A戦 »

仙台戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/53288775

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】最低のラインは維持 がまんの試合 第32節仙台H戦0-0:

« 【参戦記】天皇杯3回戦東京ヴェルディH戦 2-1 | トップページ | 【参戦記】ようやく勝ち取った残留(のはず) 第33節福岡A戦 »