« 【参戦記】ようやく勝ち取った残留(のはず) 第33節福岡A戦 | トップページ | 【参戦記】第34節最終節 柏H戦 1-3 »

2011年12月 3日 (土)

【試合展望】基本はおしん。耐えれば良いことあるさ。最終節柏H戦

さぁ、今日はリーグ最終節。前節の福岡戦での勝利でほぼ残留を決めたものの、相手はリーグトップで優勝を狙う柏。勝たせて、自力優勝だけはさせたくありません。彼らが優勝するかどうかはガンバ、名古屋次第ですが、勝って、優勝はさせません。ともかく葬りさるのみ。

とはいえ、チームと熟成度は断然柏が上。個々の選手が何をすべきか、そして、スペースを作り、使うチーム。ちょっと前までチームとしての動きが全くできなくななっていたレッズにとって荷が重い相手。さらにこのところ調子のよかったセルが怪我で出場出来ないのも痛い。

そんなレッズが出来ることは、工藤、北島または田中のツートップの攻撃を耐えて耐えて耐えること。彼らを自由にさせないためには、中盤のボールのだし元を押さえ、FWはもちろん両サイドのワグネル、レアンドロを自由にさせない事が大事です。とはいえ、それはそれで至難。

それでも、ここ数試合、堀監督が続けてきた守備から入る体制を堅持すれば、それなりに耐えることができるでしょう。ツボの活躍もあり、また啓太が5バックとも見えるポジションを取る守備体制はそれなりに機能しています。さらに、福岡戦でも見せたように丸塩、陽介が守備的に動き周れば、相手の中盤も好きには動けないはず。

そうした守備陣の網にかかったボールは、両サイドに回し、攻撃。すぐに攻撃に移れなければ、、落ち着いてボールを回しながらロングフィードや、中盤へのパスで攻撃に移る。これで良いんでしょう。

攻め急いで、中盤が前がかりになりすぎて、中盤とDFの間にスペースを作ったり、中盤の押し上げがないのにDFが勝手に上がりすぎて裏を取られるような拙速は避けること。これが大事です。

ただ,悩ましいのは、レッズに得点のにおいが今のほとんどしないこと。陽介、司、元気に期待したいものの、陽介が守備にも汗をかかなくてはならないため、元気、司との連携はかなり難しくなるはず。当然、本職のFWを欠く事も痛い。

たぶん、先発はセルと丸塩意外は福岡戦のママでしょう。そのセルの代わりに誰が入るのか、そして丸塩に変えて直輝を出すのか。この辺がポイントでしょう。

個人的には、一樹と直輝の先発と見ていますが、FWはそれこそ、各選手の調子次第でしょうね。

ともかく、柏の攻撃に耐え、少ないチャンスをものにするしか手はありません。それも華麗なカウンターの実績がないことを思えば、後はセットプレーと、福岡戦で陽介と司が見せたような裏を取るボール一発での勝負になるかと。

試合開始早々の失点を気をつけ、粘り強く戦う。そしてそれがここまで堀監督が続けてきた方針ですから、それを徹底するのみ。後は元気が個人プレーで決めるシーンが生まれれば、これ以上の喜びはありません。

明日は、先発要員なので、11時45分にスタジアムへ。そのために9時半に大宮で仲間と集合予定。

雨模様の用ですが、試合開始ころには曇りになるとの予想。17度と気温も高め。風邪を引くような環境ではありません。気合いを入れて柏に勝ちきりましょう。

|

« 【参戦記】ようやく勝ち取った残留(のはず) 第33節福岡A戦 | トップページ | 【参戦記】第34節最終節 柏H戦 1-3 »

柏戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

試合展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/53390778

この記事へのトラックバック一覧です: 【試合展望】基本はおしん。耐えれば良いことあるさ。最終節柏H戦:

« 【参戦記】ようやく勝ち取った残留(のはず) 第33節福岡A戦 | トップページ | 【参戦記】第34節最終節 柏H戦 1-3 »