« 【試合展望】どうせなら最初から心中モードで 第2節柏H戦 | トップページ | 【試合展望】堅守の仙台をどう崩す? ナビスコ予選第1節仙台H戦 »

2012年3月18日 (日)

【参戦記】阿部ちゃん、陽介、スーパーサイヤ蘭子GoodJob! 第2節柏H戦1-0

Conv0002

勝利後、ピッチの真ん中で肩を組んで「We are Diamonds」を謳っているとき、ポポだけが「何をやってるんだろ」て顔をしてぼけかましてたのはなぜでしょう。何か、柏からいわれたんですか?レッズの風習を知らずにとまどった?まぁ、次はちゃんと謳うようにね。

Conv0006_2

                   ☆                             ☆                             ☆

先発メンバーを見た時に、驚いたのは阿部ちゃんがボランチとして起用されていたこと。広島戦の後、ミシャは陽介を上げてシャドウの位置に持ってくるだろうとは思っていましたが、阿部ちゃんをボランチにあげるとは。

もちろん阿部ちゃんがボランチに入れば、中盤が強化され、ある意味理想的。しかし、そうするとCBを誰にするかという問題が出来する。

これまで阿部ちゃんをCBに据えてきたのは、ミシャのお眼鏡にかなうCBがいなかったからのはず。それでもあえて、阿部ちゃんをボランチにあげたのは、それだけ柏のワグネルとレアンドロを含めた柏の中盤を警戒したからでしょう。

実際、試合が始まって見ると、阿部ちゃんと梅崎がレアンドロのマークにつき,後半は、阿部ちゃんが引き続きレアンドロをケアして、好きにさせない。しかも前目に位置する阿部ちゃんが攻撃に加わることで、攻撃に厚みが出る。さらに、後方から組み立てをする際には、阿部ちゃんが底まで下がって来て、右の坪井、左の槙野、そしてCBの永田と4バックのような形で、ビルドアップをする。阿部ちゃん何人いるの?って感じ。

一方、シャドウに上がった柏木はゴールに絡む本来の動きを取り戻し、相手の裏に入り込んでのシュートを披露。広島戦では出なかったサイドチェンジや、平川、司の上がりも演出し、柏の中盤に押し込まれず、攻め込むシーンが何度も。シュート数そのものはあまり多くはなかったものの、それなりに点が取れそうな臭いがしてくる好試合になりました。

Conv0004

阿部ちゃんとともに特筆すべきは蘭子の動きと切れのよさ。攻撃に守備にこれまで見てきた中で最高のプレーを展開。決して器用でも旨くもないが、頑張りは驚き。まるで「ス-パーサイヤ蘭子」状態。

結局、決勝点になったのは、この蘭子の動き。36分、ワグネルが戻されたボールをぞんざいに扱ったのを見逃さず、ボールを奪い返すや否やシュートに持ち込みゴールを決める。中盤の展開から崩すという狙いとは違った展開ながらこういう形で点が取れると助かります。

Conv0003

後半に、なると運動量がやや下がり始め、全体に押し込まれるシーンが続く。ただ、この日はそのプレッシャーに何とか耐えることが出来ました。もろかった守備が、粘り続ける様はそれはそれで魅力的。押し込んでくる柏のシュート数も多く、当然あわやのシーンも多かったものの,厳しいなか、失点せずにしのぎきったことはそれなりの自信になるはずです。これも大事。

もっとも、前半の得点後、レッズぺースの時間帯に追加点が取れれば、こんな苦労をせずにすんだはず。攻め込みながら決定力不足がまだ今一つなのも事実。

ところで、心配された阿部の替わりに入った永田。緩いパスを連発する永田はミシャのサッカーに合わないと思ってましたが、とりあえずつつがなくプレー。同じく初先発の坪井も高めのポジションと取りながら、そこここで効いたプレーを展開。槙野と同様、あわやのシュートを防ぐなど好プレーを見せてくれました。相変わらず足は速く、魅せてくれます。

一方の柏のロボや酒井はほとんど良いところ無し。レアンドロをつぶしにかかった分、酒井の危険なプレーが少なくなり、采配的中というところ。ただ、田中順也は危険だわ。

後半の最後、五輪での披露が出て来た元気に替わって直輝、へろへろになっていた司に替わって水輝を投入。水輝が司のポジションでプレーしたのにはびっくり。

好機で得点を決めきらない点や、運動量が後半の後半落ちるなど、課題はあるものの、この日のプレーをベースに積み上げていけば良いという、方向性が見えたのが最大の収穫でしょう。

ただ、心配なのは、水輝が先発でなかったことと暢久がベンチにも入れなかったこと。元気や柏の酒井が出場していたように、若い水輝が先発出来ないはずもないはず。先発しなかった理由はなんだったんでしょうか。そして暢久がいないのは寂しい限り。後半のような厳しい展開でゲームを落ち着かせるには暢久が必要でしょう。その辺、特によろしくミシャ様。

で、最後に審判の東城に一言。足に行けばイエロー、それより酷いプレーでも、体に行けば見逃すのはいかがなものか。元レッズユース一期生の名が泣くぞ。それに5分は長すぎ。ちなみにレッズ被イエローは5枚でした。

Conv0005

第2節、レッズ1-0柏、北ゴル裏、東城穣、 41,069人、雨、午後2時1分、3月17日、土曜、11位)

|

« 【試合展望】どうせなら最初から心中モードで 第2節柏H戦 | トップページ | 【試合展望】堅守の仙台をどう崩す? ナビスコ予選第1節仙台H戦 »

参戦記」カテゴリの記事

柏戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/54255158

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】阿部ちゃん、陽介、スーパーサイヤ蘭子GoodJob! 第2節柏H戦1-0:

« 【試合展望】どうせなら最初から心中モードで 第2節柏H戦 | トップページ | 【試合展望】堅守の仙台をどう崩す? ナビスコ予選第1節仙台H戦 »