« 【試合展望】気持ちは熱く、頭は冷静に、動きはいつものごとく 第7節A大宮戦 | トップページ | 【試合展望】イケメンが怖くて瑞穂に行けるか 第8節鯱A戦 »

2012年4月23日 (月)

【参戦記】ああ無惨 注文相撲に嵌り過ぎ 第7節栗鼠A戦2-0

Conv0004

試合の翌日になって、サポがレッズバスを取り囲んだとか、あげくにミシャにバスから降りろと言ったとかという話を聞いて呆然。まぁ、どこまで本当のことかは分かりませんが、もし事実なら、ミシャの体の事も分からんだだっ子サポには悲しいかぎり。もっとも、「乃木坂に大ブーイング」なんて書くマスコミだからどこまで真実だから分からんけれどw あれって数十人のブーイングだし、周りのサポも踊りの時は無関心。

Conv0005

ちなみにあの程度のお遊戯では、反応できませんね。フリがバラバラだし、一体感もなし。サッポロのお姉様方のパフォーマンスに比べれば天と地です。もっとも、宮沢ミッシェルに喧嘩を撃った形にさせられたのは残念ですがw

さて、試合は最悪の展開。試合が始まって間もないうちに、アレッという間の失点。こんな失点はセレッソ戦でも見たような。どうも今年のレッズは入りが悪い。素直に全力を出そうとして入った時より、何か迷いがある時にこうした失点をしますね。

Conv0003

さらに2失点目はナビスコのジュビロ戦、鹿戦と同じような失点。サイドをえぐられてファーから飛び込んできた選手に決められる。駒野→前田、遠藤→興梠と同じ展開でヨンチョル→ラファエロ。同じ事を3回繰り返した形です。しかもやらせては行けない奴に得点されるのもいかがなものかと。

こうなると、栗鼠は徹底的に引きこもるという正しい戦法を選択。真ん中から両サイドを突こうにもスペースはなし。CKも取れず。引き込まれてしまうとカウンターも生まれず。バイタルエリア前に入り込めなければFKもなしとないないづくし。真ん中から楔のプレーを交えて入り込み、中央突破が出来れば良いのですが、今季、この方法で得点はしたことはほとんどなし。

ということで典型的な手詰まり。最初の2失点で完全に栗鼠の術中に嵌ってしまいました。そもそも、試合開始直後の速攻と、平川、ツボの裏をとったヨンチョルのプレーも計算づくだった可能性も大。

元気を入れたので突っかけてセットプレーを狙うかと思いきや、パス指向の元気。ポポに代えて蘭子を出したにも意味が分からず。高さを使う攻撃をするならまだしも、それもなし(というかできなかった)。

ということで完敗。試合後、大宮駅そばの行きつけの居酒屋で反省会。栗鼠サポも使うお店なんで、座敷からは栗鼠の歓声が聞こえる。(私は)ほとんど試合の話をせず、鹿が勝ったくせに、セレッソバスを取り囲んだ話と、その原因となったシーンをスカパーオンデマンドで確認することで気を紛らわす。

ともかく同じ失敗はできるだけしないようになってくれればと、切に思う次第です。

Conv0001

P.S ちなみバックスタンドとアウェイの間の特別スペースは今回も、警備の皆様の特等席に。ま、試合中にやることはほとんどないですから、別に良いです。文句はいいません。楽しんでくださいw でもあのスペースって何の目的で作ったんでしょう。

第7節、栗鼠0-2レッズ、ゴル裏、飯田淳平、 12,709人、曇、午後6時30分、4月21日、土曜、一気に2位から6位)

今日の審判:飯田淳平
1981年8月生まれの31歳。レフェリーカレッジ一期生のエリート。すらりとしているが、目がややいってる感じ。この方も若い割に武勇伝の多い人です。「2010年9月25日、大宮アルディージャ対FC東京戦で明らかなゴールをノーゴールとする誤審。 2011年6月25日、鹿島アントラーズ対川崎フロンターレ戦で明らかなゴールをノーゴールとする誤審」(byウィキペディア)。「2009年4月15日、東京ヴェルディ対サガン鳥栖戦のキックオフ直後、鳥栖のFW池田圭を倒した東京のMF菅原智にレッドカードを出し一発退場。開始9秒というプロリーグでは世界最速の退場記録となった」(byウィキペディア)。なかなか派手。かつては佐藤隆治と外連味なくイエローを乱発する「勇気」がありました。ただ、今回の試合、イエローの乱発も重大な見逃しもなく、ごく普通。佐藤隆治審判とともに成長しているんでしょうか。

|

« 【試合展望】気持ちは熱く、頭は冷静に、動きはいつものごとく 第7節A大宮戦 | トップページ | 【試合展望】イケメンが怖くて瑞穂に行けるか 第8節鯱A戦 »

参戦記」カテゴリの記事

栗鼠戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

本店が上尾市原市にあるつけ麺屋。いつ頃だったんでしょう、上尾に行く途中の第二産業沿いに店があるのに気づいたのがきっかけ。2008年8月オープンのようです。とはいえ、その敷地はリサイクル商品を売る店の敷地内の一角。雰囲気が怪しげで、すぐつぶれるんではないかと思っていたんですが。それがいつの間にか、東大宮に2号店を展開するとは思ってませんでした。いつできたのかな。調べて見ると、2009年5月という記述がありました。もともとこの店のあったところは、地元の個人営業のラーメン屋があったところ(のはず)。もちもちの玉子麺と大ぶりな餃子は結構好きだったんですが、閉店してしまいました。みそ、醤油、塩と何でもありの中途半端なコンセプトがいけなかったんでしょうか。昔のラーメン屋ってそんなもんでした。個人的には好きだったんですがね。で、気づいたらその店の後に写楽が入っていました。はす向かいにある「秀虎」と並んで評判の店です。ブログでは初めて書きますが、個人的にはもう何度も通っている店です。あまりラーメンを好きでない妻も何度か行くほどですので、一般受けする店なんでしょう。つけ麺の味はマイルドながら奥行きのある味。つい先日いった時は、ややクセが弱まったのかなと思いましたが、その辺はようわかりません。おいしい事には代わりありません。こだわりの太麺の自家製麺はボリューム感があって、かつ、色もやや黒ずんでいる。最近、小麦胚芽と全粒粉を加え、黒っぽさが増した感じ。うどんっぽい感触(もっともうどんほどではありませんが)が個性を出しています。店内に自家製麺の情報を張り出すなど、意気込みもたっぷり。原市本店で作った麺をこの東大宮店に運んで使っています。豚骨と魚介系のWスープのバランスもよく、おいしくいただけます。魚介系はカツオ、干し海老、昆布、貝柱による味付け。メニューの基本はつけ麺、ラーメン。これに辛系のオプションもあるので楽しめます。店員の対応もよろしく、気分良く食事ができます。そういう意味ではバランス良く、良い評価をもらえる店という感じ。安定感がありますね。入れ替わりが激しい東大宮のラーメンの中で、生き残って欲しいです。原市の本店もうまいですよ。◇店舗情報営業時間 昼の部 11:30~16:00 夜の部 18:00~23:30(日曜祭日は22:00)スープが無くなり次第閉店のようです)定休日月曜日住所さいたま市見沼区東大宮5-37-2電話番号0487-96-6038駐車場ないと思われ近くの西友の前に有料パーキングあり

投稿: kuso_miso | 2012年4月24日 (火) 01:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/54545420

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】ああ無惨 注文相撲に嵌り過ぎ 第7節栗鼠A戦2-0:

« 【試合展望】気持ちは熱く、頭は冷静に、動きはいつものごとく 第7節A大宮戦 | トップページ | 【試合展望】イケメンが怖くて瑞穂に行けるか 第8節鯱A戦 »