« 【試合展望】イケメンが怖くて瑞穂に行けるか 第8節鯱A戦 | トップページ | 【試合展望】小野、谷口を封じ込めろ第9節鞠H戦 »

2012年4月30日 (月)

【参戦記】闘莉王、闘莉王、鬱陶しい 第8節名古屋A戦1-2

Conv0001

相変わらず10人に弱いクセを如実に見せてくれた試合。時代とともに選手が変わってもそういうクセは引き継がれるんでしょうか。後半23分、丸塩がPKを決めた後、田中隼が抜けた名古屋に苦戦すること甚だし。ほとんど相手陣営で試合をしているため、アウェイゴール裏からはプレーの詳細が見えず、焦燥感たっぷりな25分間でした。

Conv0002

名古屋は2点目の失点をする直前にピクシーが腹をくくったのか、ムーに代えて放り込み要員の阿部を入れ、失点後は背の高い磯村も投入。直志を入れて、闘莉王を前線に貼り付ける「闘莉王大作戦」を発動。これが予想外に効いて、レッズは完全に引きこもり状態。

Conv0009_2

そもそも、前半早々のあわやゴールになりそうだったシュートを撃ったのは闘莉王、同点に追いつかれたきっかけとなったゴル前の競り合いに勝って玉田にボールをつないだのも闘莉王。それが、大作戦発動で、さらに迫力アップ。

相手が1人減った時点で落ち着いて前目から相手選手を潰しておけばよいものを、なぜかデフェンスラインを下げまくるレッズ。前半の良さが雲散霧消。この結果、放り込みを自由にやらせてしまい、その都度、バイタルエリアで闘莉王に好き放題やられる。やれらるもんだから、またひいて、そこに放り込まれるという悪循環。こういう展開で冷静な対応をできないのが浦和の芸風とはいえ、なんとかして欲しいもんです。

ともかく、追加点後、25分間を何とか耐えしのんで勝ち点3を拾えました。

Conv0006_3

この試合、名古屋はなぜかよそ行き風のプレー。前節、広島相手に3バックを導入。レッズ相手にも3バック。ピクシーは初めての非公開練習までして臨んだ3バックですが、結果は今一つ。確かに、これでマッチアップできてレッズの動きを押さえやすくはなるんでしょうが、攻撃が不発。変にパスをつなごうとして展開するもんだからレッズの中盤の網にかかって、カウンターをくらうことがたびたび。

永井、玉田という速い選手もいる事だし、無骨に放り込んで来られた方が怖かった。ケネディが不在ということが戦術にも影響を与えたんでしょう。試合展望でも書きましたが、考えすぎると、あまり良いことはないんですよ、ピクシーさん。

一方、この日のレッズは栗鼠戦とは違い「らしさ」を発揮しており、見ていて楽しい。中盤の高い位置からボールを奪い、ショートカウンター、セットプレー崩れからのカウンターと良いプレーをしてました。丸塩の先制点も左サイドを素早く切り裂いた司のプレーも最近のレッズらしいプレー。PK獲得もセットプレーからの速攻カウンターによるもの。

ただ、後半出て来た水輝はまだ、危ないプレーが多いし、元気も秀仁も全開とはいかず。それでも一時期よりは良くなっているように感じました。この3人がチームに噛み合ってくると面白いんですが。

Conv0005

ちなみに、セルはどうしてるんでしょ。twitterでは元気そうですが。達也や蘭子が計算出来ないだけに、早く復帰してくれんと、困るんですがねぇ。ただ、出て来てもすぐ怪我をしそう。やっぱり、夏にはもう1枚計算出来るFWが欲しいなぁ..。

(第8節、名古屋1-2レッズ、ゴル裏、扇谷健司、 18,138人、晴、午後1時03分、4月28日、土曜、2位)

Conv0007

Conv0008

P.S試合後、午後4時開店の居酒屋の名店大甚に参戦仲間と14人で繰り出しました。しかし4時数分過ぎただけなのにテーブル席は満杯。座敷を予約しておいて良かったです。広島のお酒「賀茂鶴」のお燗が絶妙にうまい。つまみを引き立てる酒なんですね。幸せでした。

今日の審判:扇谷健司(41)PR 
リーグ戦では今季初めてですが、打ち合いを展開したナビスコ予選第2節ジュビロA戦(4-3)で経験済み。ジャッジの基準が試合中でぶれることがままありますが、この日は、特に問題なし。ピクシーと闘莉王は田中隼のハンド判定に痛くご立腹ですが、これも至極妥当。だいたい田中隼本人は何の抗議もせずさっさと退場したでしょうに。ただ、丸塩の抗議にはサクっとイエローを出しました。ボールをたたきつけちゃったからね。抗議には厳しくというのが、今年のJの方針ですから、他の選手も気をつけた方が良いです。しかし扇谷さん、ジュビロ戦の時に比べてやせたような。気のせいか。

|

« 【試合展望】イケメンが怖くて瑞穂に行けるか 第8節鯱A戦 | トップページ | 【試合展望】小野、谷口を封じ込めろ第9節鞠H戦 »

グランパス戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/54597670

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】闘莉王、闘莉王、鬱陶しい 第8節名古屋A戦1-2:

« 【試合展望】イケメンが怖くて瑞穂に行けるか 第8節鯱A戦 | トップページ | 【試合展望】小野、谷口を封じ込めろ第9節鞠H戦 »