« 【試合展望】最強チームジュビロとの戦い ナ予第2節ジュビロA戦 | トップページ | 【試合展望】調子のでない鹿は要注意 第5節鹿島A戦 »

2012年4月 5日 (木)

【観戦記】様変わりジュビロに殴り負け ナ予第2節ジュビロA戦4-3

Photo

失点直後、崩れ落ちる野田。やってはいけないことをやってしまった野田の心はいかばかりか。

この試合、やってはいけないことが試合開始直後にも。あの駒野のクロスを、フリーにしてしまったあの前田にヘッドの先制点をくらう。あまりの注文相撲に某浦和の浦和丸に集結したオヤジは唖然、呆然。水輝のケアが遅れての失点(に見えました)。この最初と最後の2点は余計でしたね。おかげで4-3の敗戦。しかし、ジュビロはなぜ確変したのか。

先発が発表されたとき、松浦、山田を外してきたジュビロの余裕っぷりにびっくり。レッズは元気、丸塩、達也を投入。平川のかわりに峻希。司のかわりに宇賀神、槙野のかわりに野田。阿部、啓太の代わりに秀仁、暢久がボランチ。

この布陣でやや可哀想だったのは3バックの左サイドをやらされた野田でしょう。4バックならいざ知らず3バックには慣れていないはず。それなりに頑張っていましたが、最後の最後、やってしまいました。

そして水輝も苦い水を飲んだ試合です。先制点となった前田、同点に持ち込まれた千代反田のドフリーのヘッドも、本来は水輝のカバー範囲のように思えます。

レッズの攻撃は秀仁のトラップシュート、丸塩のはなった絶妙なFK(それに合わせたロドリゴw)、峻希のヘディングシュートと見所いっぱい。

試合開始直後、ぎくしゃくしてたレッズも、次第に形を作れるようになっていく様はそれはそれで面白かったですし、殴り合いの点数とはいえ、シュート数はそれほど多いわけではなく、スカスカな大味な試合というよりも緊迫した攻防戦をみられたように思います。ただ、バックスでの回しからビルドアップに関して言えば、リーグ戦に出場しているチームに比べて稚拙。ジュビロのプレッシャーが強かったこともありますが、やはり、ここを突かれると怖い。

同じ店にいた見知らぬサポが「これが昨年と同じチームかよ」と、レッズの変わりように驚いてましたが、ジュビロの山田、松浦の活躍ぶりにも改めてびっくり。なりふり構わずリーグ戦の選手を投入した森下の采配はどんぴしゃ。自信を深めたことでしょう。

それにしても、松浦(後半32分)の見事なシュート、峻希のヘッド(後半34分)、そして野田が失ったボールをたたき込んだ山田のシュート(後半37分)とわずか5分間のシーソーゲームに浦和丸のオヤジとお嬢は一喜一憂。点を取るたびに店内で立ち上がりハイタッチをする姿は端から見れば異常だったでしょうw

最後の最後、結果は悲しいものでしたが、仕方なし。

この日、京都、滋賀から参戦された番長、支部長、ご苦労様でした。東京から出向き、跳ねるところをTVに抜かれた某嬢もご苦労様。しっかり勇姿は目に焼き付けました。ただ、もう少し高く跳ねようね。

それにしても、暢久、永田は必ずやらかしますな。怖い。しかしそれでも暢久はやはり名馬。丸塩もまずいプレーはあったものの、うまさを見せてくれました。

負けたとはいえ、1点差の負け、得点は3点と悪い負け方ではありません。強いチームばかりが集まったAグループですが、決勝リーグに向けあきらめるのは早すぎます。

そして、明日はもう鹿島リーグ戦。ここで鹿島を撃破して、また波に乗りたいもんです。その前に、栗鼠戦チケット争奪戦がありますが...。

P.S扇谷メタボ化。末期のジョージを思わせる風貌に、最初誰だか分からず。相変わらず細かいジャッジw しかし綾は強くてたくましいな(水泳

(ナ予第2節、ジュビロ4-3レッズ、浦和丸、扇谷健司、 7,824人、晴、午後7時4分、4月4日、水曜、Aグループ3位)

|

« 【試合展望】最強チームジュビロとの戦い ナ予第2節ジュビロA戦 | トップページ | 【試合展望】調子のでない鹿は要注意 第5節鹿島A戦 »

ジュビロ戦」カテゴリの記事

ナビスコ戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

観戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/54399473

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】様変わりジュビロに殴り負け ナ予第2節ジュビロA戦4-3:

« 【試合展望】最強チームジュビロとの戦い ナ予第2節ジュビロA戦 | トップページ | 【試合展望】調子のでない鹿は要注意 第5節鹿島A戦 »