« 【参戦記】妻が怖くて雨の試合に行けるか 第6節神戸H戦 | トップページ | 【試合展望】ナ予第3節セレッソH戦 »

2012年4月15日 (日)

【参戦記】寒い雨の埼スタで熱い勝利 第6節神戸H戦2-0

Conv0001終わってみれば2-0の快勝。5連敗中と、相性の悪い神戸に得点を許さず勝ち点3をゲット。思いだすのは昨年の開幕戦。啓太の退場、ポポのセットプレーからの失点といやな思い出タップリの相手に貫禄勝ち。

この日、相変わらず陽介、ポポ、丸塩は絶好調。安定した守備と攻撃を展開する阿部、啓太の動きも秀逸。試合開始直後はいつもの通り、プレーがうまく噛み合わず、押し込まれたものの、次第に、ペースを掴んでいく。

一方の神戸は最初の頃こそ、レッズ陣営内でボールを持つ選手に早いプレッシャーをかけるなど積極的な動きをするものの、いなされまくっているうちに、20分ころから次第に下がり始め、自陣での防衛に切り替え。相馬も、最初はレッズの右サイドに入り込んで来てクロスを上げていましたが、次第に尻すぼみ。

おかげで、中盤が優勢になったレッズは次第にペースを掴み始める。

神戸はボールを奪っても、守備への切り替えが早いレッズに取り返され、神戸お得意のカウンターや、今年目指しているらしいポゼッションサッカーが出来ず仕舞い。おかげで大久保、吉田、都倉にボールが供給されず、彼らは次第に消えていく。いい事です。

吉田の存在をこんなに気にしないです済む神戸戦は久しぶり。少ないチャンスをものにできなかった大久保は切れて審判への異議でイエロー。

今試合もキレキレの平川のところに面白いほどボールがつながり、右サイドからの攻撃はし放題。サイド奥深く入ってマイナスのクロスや、中に入ってのパスなど自由自在。なんで右サイド奥のスペースをあんなにフリーにしとくんだろう状態。

とはいうものの、なかなか点が取れない。前半、スコアは0-0のママ。

サッカーの怖いところは試合を優勢に進めていていても、少ないチャンスをものにされてしまうところ。この日も、試合開始8分過ぎにカウンター気味の攻撃から大久保に撃たれたシュートやCKからのイ グァンソンのやばいヘッドなど、せっかくの試合をアボーンにしかねないシーンがないわけではない。

とはいえ、勢いのあるチームは違います。サイド攻撃、中央からの攻撃で点が取れない中、セットプレーで点を取る。先制点は柏木のCKが中央にいた槙野の頭を越えて、ファー側にいたフリーの阿部ちゃんがごっちゃんゴール。この前に、同じようなCKがあり、槙野がヘッドでシュートするものの得点にならない、という伏線があり、それが旨く効いた感じ。

Conv0002

2点目は途中出場の原口が倒されてもらったゴール前でのFKを、丸塩が超美技でゴール。いや凄い。まだ6節ながら美しいFKをもう2度も見られるとは僥倖。

その後も、神戸ゴールを脅かし続けたもの、結局、セットプレーによる得点で勝利。かつて強い頃のレッズはぐだぐだの試合でも耐えて耐えて、結局セットプレーや個人技で何とか勝ち試合にしたもんです。そうした強さが垣間見えた試合。しかも内容はぐだぐだなではなく、見ていて楽しい試合。たまりません。

神戸は消えていた吉田を引っ込めたのはいいものの、都倉まで下げてしまい、レッズ的には一安心。川崎戦の小松もそうですが、背の高い選手が終盤いなくなる幸せ。なぜなんですかね。

Conv0003

しかし、こんな魅力的な試合ながら、雨と寒さのせいもあり、観客は2万5000人台。第6節の中では最も多い観客数とはいえ、寂しいかぎり。内容が良いだけに、もっと多くのサポに見て欲しいもんです。

P.S 終盤、好きなようにスペースを使った攻撃が相次いで、司に3回ゴールを決めるチャンスがやってきました。それをすべて外した司。最後はかなりヘロヘロ。ご愛敬でしたが、決めさせてあげたかったな。

第6節、レッズ2-0神戸、北ゴル裏、高山啓義、25,894人、雨、午後3時3分、4月14日、土曜、2位)

Conv0004

今日の審判:高山啓義
38歳。個人的には、細かく笛を吹く審判、というくらいの印象しかないけれど、調べて見ると、かつては不安定なジャッジをしていたらしい。中でも、2004年5月9日の清水対セレッソ戦で、Jリーグ最多記録となる1試合13枚のイエローカードを出した(レッドカード2枚)。当時、セレッソにいた大久保に「落ち着いてやってください」と忠告されたとのこと(大久保はこの日退場をくらう)。

と、ここまで書いて思い出した。そんなことがありましたね。そういう意味では、この日、高山に異議を唱えて大久保がイエローをもらったことに、因縁を感じます。後半、危なくもう一枚イエローをもらう危機も。あそこでイエローを出してもおかしくなかったですが、高山がとどまったのは、あの時の事を思いだしたんでしょうか。ちなみに吉田寿光と共に、栃木県立石橋高等学校で教員を務めていたそうだ。

Conv0005

|

« 【参戦記】妻が怖くて雨の試合に行けるか 第6節神戸H戦 | トップページ | 【試合展望】ナ予第3節セレッソH戦 »

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

神戸戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/54481938

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】寒い雨の埼スタで熱い勝利 第6節神戸H戦2-0:

« 【参戦記】妻が怖くて雨の試合に行けるか 第6節神戸H戦 | トップページ | 【試合展望】ナ予第3節セレッソH戦 »