« 【試合展望】ナビスコ予選第4節川崎A戦  | トップページ | 【試合展望】今季前半の山場 撃ちてし止まむ 敵も必死だ 第12節清水H戦  »

2012年5月19日 (土)

【参戦記】ゴメンねウガ ナビスコ予選第4節川崎A戦3-0

Conv0001

もう今日は清水戦。平日の試合の後はついついブログを書き損ねます。ということで、今回は備忘録ということで。

ナビスコ戦ながら、3戦終えて、強いAグループの6位にいるレッズとしてはもう負けられない試合。とはいえ中2日後の清水とのリーグ戦にはレギュラー陣を休ませたい。そんな悩ましい状況の中、ミシャは陽介と阿部のラインは変えずスタメンを組みました。陽介が怪我や疲労でこのところプレーにやや冴えがみえなかっただけに、スタメンはないかと思っていましたが、そこは我慢して先発。後ろに阿部ちゃんをCBとして置いた布陣。

Conv0003

ボランチには秀仁と暢久で啓太はお休み。両SHは怪我の平川に替わって峻希、左は怪我の司に代わりに宇賀神。バックスは水輝とスピラという布陣。前はポポに代えて蘭子、丸塩に代えて元気という布陣です。

一方の川崎は中村と矢島を温存。

川崎の超攻撃的プレーを恐れていた者の、中核メンバーを欠いての攻撃は迫力不足。中盤のせめぎ合いも厳しく追い込まれることなく、両サイドを旨く使える展開。真ん中から攻めきれなければサイド使うという、ここ数試合旨く出来なかったプレーを実践出来ました。

もっとも、全般的に、川崎の攻守両面に置いて妙なスカスカ感があり、そのおかげで主導権を握れた感じ。風間監督に代わって、思いこそ攻撃的にという点で一致しているものの、それを実践する動きがまだチームに浸透していない感じ。広島との開幕戦時のレッズのような風情。しかも、放り込みではなく、まじめにパスをつないで攻めようとするので隙やミスにつけ込みやすい。また、引きこもる事もないので、今のレッズにとって理想的な相手だったといえるでしょう。

Conv0002

先取点は、美しいコンビネーションで宇賀神、蘭子、元気と左右にボールを動かし、最後元気から真ん中に飛び込んだ陽介へのパスで、ゴール。試合後のインタビューで陽介が「スカウティングで自分と元気のところにスペースが出来るとわかり、そこを使った」と言ってましたが、その言の通りの得点でした。

ただ惜しむらくはその後のセットプレーでチャンスを蘭子が生かし切れず得点出来なかったこと。後半ではロングパスからゴールのチャンスがありながら、川崎の選手に競り負けて、これも決められませんでした。

Conv0004

後半、川崎は中村と矢島を投入。やはり、それなりの怖さがありましたが、プレーがうまくつながらず、またミスも多く、怒濤の攻撃とはならず。それでも、レッズの右サイドからファーに入れられたボールがゴールポスト左端に当たり、その跳ね返りのぼるがレッズの選手に当たってかろうじて失点を免れました。あれが決まっていたら、また「ファーからのクロスの失点」を演じるところでした。危ない、危ない。

そして、後半の2得点。いずれもウガの素晴らしいシュートが決まったもの、1点目は相手のミスから暢久のグランダーのパスを受けて左サイドからゴールの側面のネットを揺らすゴール。2点目は左サイド、元気のパスを受けてからのふわりと浮かんだループシュートが、右サイドネットを揺らすゴールに。良いプレーを見させてもらいました。日頃ウガには冷たい私もこの日ばかりは喜ばないわけには行きません。攻め切っている時のウガはよいですね。クロスの精度が云々というのもこの日はチャラ。最も2点目はクロスのつもりがミスキックになってそれが、ループシュートになったようですがw

この日のもう一つの嬉しかった事はやはり秀仁はうまいということ。ボランチのポジションから縦への切れのあるパスには目を見張るものがあります。早く本格的に開花して欲しい。久しぶりに先発したスピラも身長を生かして高いボールはことごとく跳ね返していて爽快。

そして今季2試合目の出場となった暢久。柔らかいけれど的確なパスを久々に見せてもらいました。ありがとう。試合後、勝利の歌や、ウガ、陽介へのコールがある中、何度も暢久のチャントが歌われました。みんな我慢できなかったんだろうなw

P.S 途中、先発の峻希が交替し、野田が入りました。このためウガが右に回り、その結果ウガが左右で得点出来ました。峻希の出来は可もなく不可もなくのように見えましたが、代えられたのはなぜ?平川が清水戦に間に合わないときのための温存?それとも?チト気になりました。

Conv0005

ナビスコ予選第4節、川崎0-3、ゴル裏2階、村上伸次、13,608人、晴、午後7時、5月16日、水曜、暫定3位)

今日の審判:村上伸次
リーグ戦に次いで二度目。何も言うことはありません。審判を意識しないで試合を見られる幸せ。何よりです。この日セレッソと広島の試合では、あの岡部が笛を吹き、佐藤寿人が切れてました。PKの判定に不服があったのだとは思いますが、その前に、アフターチャージを見逃し、プレーから目を切るのが早く、視野が狭い岡部のジャッジに伏線があるように思えます。そんな審判に、微妙なPK判定をされると・・・。寿人のある意味暴言はそんなところが原因のように思えます。

|

« 【試合展望】ナビスコ予選第4節川崎A戦  | トップページ | 【試合展望】今季前半の山場 撃ちてし止まむ 敵も必死だ 第12節清水H戦  »

ナビスコ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

海豚戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/54743326

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】ゴメンねウガ ナビスコ予選第4節川崎A戦3-0:

« 【試合展望】ナビスコ予選第4節川崎A戦  | トップページ | 【試合展望】今季前半の山場 撃ちてし止まむ 敵も必死だ 第12節清水H戦  »