« 【試合展望】ナビスコ第7節広島H戦  | トップページ | 【参戦記】あの柿谷ですか、ですか 第15節セレッソA戦1-1 »

2012年6月30日 (土)

【参戦記】暢久万歳!ナビスコ100試合目は快勝!ナビスコ第7節広島戦3-0

Conv0002

全く気持ちの良い試合、お互い消化試合だっただけに、相手の長所を潰すのではなく、やりたいことをやる試合を展開。ピリピリとした緊張する試合も良いですが、こういうオープンな試合もたまには良いもんです。

互いに若手を入れてくるものの、柏木と寿人はスタメン。ミシャの意地なのか槙野も投入。それ以外は秀仁、矢島、峻希、水輝、野田を投入。そして暢久がCBw。

相手の長所をつぶし合う試合ではないとはいえ、寿人のケアは大事。担当は暢久。きっちり嵌って、いい仕事をしてました。こういうときに、大概ポカをやる暢久ですがこの日はそれもなし。

そんな試合で、リーグ戦でも見られない得点が。左サイドを抉って、間に合わないかと思ったボールに追いついた柏木がグランダーのボールをゴール前に打ち込み、それをあの蘭子がタイミングぴったりの飛び込みを見せて先制点。いい攻めだとは思ったものの、得点にはつながらないかなと思った次の瞬間に得点。去就が色々と噂される蘭子の美しい得点でした。

こうなると、さらにレッズの躍動感が高まる。メインチームとサブチームの戦術理解度の差が大きいと言われてきましたが、この日のメンバーは、厳しいプレスに会わなかったこともあとはいえ、のびのびとミシャサッカーを試合を展開。チャンスを作ります。

とはいえ、2点目はセットプレーからの得点。後半、阿部ちゃんのCKを、素晴らしい高さで野田がガツン。セットプレーに弱いレッズが久しぶりセットプレーで点を取りました。そして、その次はあの蘭子(だったと思う)の縦へのパスに、再三裏を取りに行っていた矢島がうまく合わせてゴール。3点とも違う点の取り方が出来て重畳。

Conv0004

消化試合の自由な試合だからこそとは思うものの、チームプレーの熟練度が次第に高まっていることは確か。嬉しいばかりです。運動量を要求されるミシャサッカーにとって夏は辛い時期。そんな中、寿人に「人が変わっても、同じサッカーが出来ている」とのお褒めを授かるとは。

そして、少しでもサブ組が自信をもてたことは大事です。そういえば秀仁も守備ではまだ微妙なプレーが見受けられますが、攻めでさすがの才能を見せていました。サブ組の底上げでレッズが鬼門の夏を乗り切ってくれる事を祈るばかりです。

で、注目の暢久。DFとしてボランチとして、守備にビルドアップにと大活躍。千大戦で達也のあわやゴールを演出したパスも凄かったですが、その調子良さが続いているようです。

試合後、「We are Diamonds」を謳うために選手がピッチに戻ったものの、コールリーダーは「今日は謳わないよ」とのたまう。セレッソで謳おうぜと言うことなんだけど、そのとき、暢久のコール。そう今日はナビスコ戦100試合。仲間に押されて照れながらゴール裏に来る暢久。あれが可愛いんだよな。そして暢久のチャント。みんな暢久が好きです。

Conv0001

300円ビールに、開幕戦に良いようにあしらわれた広島に3-0の勝利、若手と蘭子の活躍、暢久の100試合、そして、気持ちの良い天候と、言うことなしの試合でした。集まった観衆は1万4000人。1万を割るのではないかとの心配も杞憂に終わりました。そう、この観客は前節ガンバのホーム戦とほぼ同じ。勝ち負けに関係なく平日に来るサポは純粋にレッズが好きなお人。そういう人がこれだけいるのが心強い。無料券配っても駄目なチームとは違います。

さて、今日は、早くもセレッソ戦。清武の引退試合とあってチケットの売れ行きは好調のようです。試合後、今度こそ「We are Diamonds」を謳ってかえりたいもんです。2回ぐらいリフレインしますかw 

で、甘いかもしれませんが、レッズは負けないチームに変貌しつつると思ってます。そして夢想といわれてもしょうがないが、昨日のイタリアvsドイツ戦をみていて、レッズはイタリアだと思い始めてます。

ただ、決定力のFWの足りなさを痛感するばかり。元気のゼロトップが成果をあげるのか、それとも新外人を取るのか。いずれにせよ、CFの強化が急務です。

さて、今日はセレッソ戦。17位に沈んでいるとはいえ、清武の引退試合wで盛り上がっています。チームの底力の向上と怪我をしていた選手の復帰が重なりつつある今、セレッソから勝ちをもぎ取って、夏場に向けていいスタートを切って欲しいもんです。では、長居でお会いしましょう。

そういえば、これだけ注目の試合、きっと家本さんが出て来ますよ。

   Conv0005

Conv0006

(ナビスコ予選第7節最終戦、レッズ3-0広島、北ゴル裏、福島孝一郎、14,002人、晴、午後7時、6月27日、水曜、4位)

今日の審判:福島孝一郎
全く知らない審判でしたが、それもそのはず、去年J2で初めて笛を吹き、19試合に関わっただけで、今年J1の審判になった成長株。J2では1回も副審をせず上がってききました。今年29歳。最近では5月3日の鳥栖-仙台戦で笛を吹いています(これが初めてのJ1ジャッジ)。例の、鳥栖の豊田が「仙台はあまりに汚い」と愚痴った試合です。風貌は、岩鉄。ごっつい。で、ジャッジは至極まっとう。もっとも、この試合、もめるような展開ではなかったですが、今のところ好感の持てる審判です。

|

« 【試合展望】ナビスコ第7節広島H戦  | トップページ | 【参戦記】あの柿谷ですか、ですか 第15節セレッソA戦1-1 »

ナビスコ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

広島戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/55081582

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】暢久万歳!ナビスコ100試合目は快勝!ナビスコ第7節広島戦3-0:

« 【試合展望】ナビスコ第7節広島H戦  | トップページ | 【参戦記】あの柿谷ですか、ですか 第15節セレッソA戦1-1 »