« 【参戦記】豪雨の中、狂気の歓喜 第14節ガンバA戦1-2 | トップページ | 【試合展望】ナビスコ第7節広島H戦  »

2012年6月26日 (火)

【参戦記】ポストとバーと線審に嫌われてドロー 第15節仙台H戦0-0

Conv0002

もう明日は、ナビスコ予選最終戦。いつものことながら遅筆失礼。
もうホントに備忘録。

達也のヘッドがゴールを揺らした瞬間、前節ガンバ戦と同じ狂気が走ったんですが、残念ながらオフサイド。暢久→達也という流れだっただけに、決まってればという思いの深い展開。

それにしても、あの線審、オフサイドをとりまくりやがって、なんて文句は言いませんが、怪しいジャッジもあったんだよなぁ。

Conv0001

試合そのものは、四つ相撲。相手の良いところ潰す展開。仙台は、そう前のめりにはこないとはいえ、中盤へのプレッシャーは強かった。常に前に出る推進力を感じる展開。一度下手をうつとやられる気分満載。それだけにバックスが予想以上に下がって守る。となると、前線との距離が離れ..。

と言う具合で、レッズの中盤からの展開力が今一つ。とはいえ仙台もレッズの守備力をぶち抜くほどのパワーはなし。ウイルソンがいなかったことも影響してるんでしょうが、こちらも啓太を欠く試合。

全体で見れば、後半ねじを巻かれたレッズの攻勢分だけ、レッズ優位というところでしょうか。丸塩のミドル、司のヘッドと絶好機をえるものの、両方とバー、ポストに嫌われ得点ならず。最後は、線審にやられてジエンド。暢久の中盤からの絶妙のパスがオフサイドだったか、オンサイドだったかは、ゴル裏からは分かりません。でも、微妙なタイミングだったことは事実。

Conv0005

それにしても宇賀神のクロスがだんだん精度を高めているのが不思議。

で、前節、今一つの内容ながら勝ち点3。今回は押していたにもかかわらずスコアレスドロー。その前の試合は素晴らしい内容ながらドロー。内容と結果が一致してたリーグ戦は清水H戦くらい。サッカーは分かりません。

まぁ、それでも、後半裏取りにチャレンジしたことと、暢久、達也の好プレーが見られたことである意味満足。

ただ、次節セレッソ戦、絶対負けたくはないので、啓太の復帰を願うばかりです。(秀仁も攻撃は良いんだが守備がねぇ)。

Conv0004

(第15節、レッズ0-0仙台、北ゴル裏、西村雄一、39.545人、晴、午後7時4分、6月23日、土曜、3位変わらず。大混戦)

P.S この日、首位と3位の戦いということで、NHKも放送。これまでの流れから西村の登場も予測的中。先発も予想通り。でも、観客数が4万を割るとは。
4万2000人くらいは行けると思っていたんですが。試合前、常連さんぽくない人達が結構いたんで、この日は4万行くと思いましたが、そうは行かず。動員力向上にはまだ時間がかかりそうです。この日、勝利出来なかったのは辛いわ。

今日の審判:西村雄一
ま、天下の西村さん。W杯にいくまでは、このやろ状態の審判だったのですが。いずれにせよ、流す、流す、それは世界基準。それはそれで悪くはないです。仙台の乱暴させなかったのは良かった。それよりこの日はバックの線審が怪しかったのが印象的。最後の達也のオフサイドはぎりぎりアウトだったかもしれませんが、それまでのジャッジはやはり気になります。

|

« 【参戦記】豪雨の中、狂気の歓喜 第14節ガンバA戦1-2 | トップページ | 【試合展望】ナビスコ第7節広島H戦  »

仙台戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/55053419

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】ポストとバーと線審に嫌われてドロー 第15節仙台H戦0-0:

« 【参戦記】豪雨の中、狂気の歓喜 第14節ガンバA戦1-2 | トップページ | 【試合展望】ナビスコ第7節広島H戦  »