« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

【参戦記】暢久万歳!ナビスコ100試合目は快勝!ナビスコ第7節広島戦3-0

Conv0002

全く気持ちの良い試合、お互い消化試合だっただけに、相手の長所を潰すのではなく、やりたいことをやる試合を展開。ピリピリとした緊張する試合も良いですが、こういうオープンな試合もたまには良いもんです。

互いに若手を入れてくるものの、柏木と寿人はスタメン。ミシャの意地なのか槙野も投入。それ以外は秀仁、矢島、峻希、水輝、野田を投入。そして暢久がCBw。

相手の長所をつぶし合う試合ではないとはいえ、寿人のケアは大事。担当は暢久。きっちり嵌って、いい仕事をしてました。こういうときに、大概ポカをやる暢久ですがこの日はそれもなし。

そんな試合で、リーグ戦でも見られない得点が。左サイドを抉って、間に合わないかと思ったボールに追いついた柏木がグランダーのボールをゴール前に打ち込み、それをあの蘭子がタイミングぴったりの飛び込みを見せて先制点。いい攻めだとは思ったものの、得点にはつながらないかなと思った次の瞬間に得点。去就が色々と噂される蘭子の美しい得点でした。

こうなると、さらにレッズの躍動感が高まる。メインチームとサブチームの戦術理解度の差が大きいと言われてきましたが、この日のメンバーは、厳しいプレスに会わなかったこともあとはいえ、のびのびとミシャサッカーを試合を展開。チャンスを作ります。

とはいえ、2点目はセットプレーからの得点。後半、阿部ちゃんのCKを、素晴らしい高さで野田がガツン。セットプレーに弱いレッズが久しぶりセットプレーで点を取りました。そして、その次はあの蘭子(だったと思う)の縦へのパスに、再三裏を取りに行っていた矢島がうまく合わせてゴール。3点とも違う点の取り方が出来て重畳。

Conv0004

消化試合の自由な試合だからこそとは思うものの、チームプレーの熟練度が次第に高まっていることは確か。嬉しいばかりです。運動量を要求されるミシャサッカーにとって夏は辛い時期。そんな中、寿人に「人が変わっても、同じサッカーが出来ている」とのお褒めを授かるとは。

そして、少しでもサブ組が自信をもてたことは大事です。そういえば秀仁も守備ではまだ微妙なプレーが見受けられますが、攻めでさすがの才能を見せていました。サブ組の底上げでレッズが鬼門の夏を乗り切ってくれる事を祈るばかりです。

で、注目の暢久。DFとしてボランチとして、守備にビルドアップにと大活躍。千大戦で達也のあわやゴールを演出したパスも凄かったですが、その調子良さが続いているようです。

試合後、「We are Diamonds」を謳うために選手がピッチに戻ったものの、コールリーダーは「今日は謳わないよ」とのたまう。セレッソで謳おうぜと言うことなんだけど、そのとき、暢久のコール。そう今日はナビスコ戦100試合。仲間に押されて照れながらゴール裏に来る暢久。あれが可愛いんだよな。そして暢久のチャント。みんな暢久が好きです。

Conv0001

300円ビールに、開幕戦に良いようにあしらわれた広島に3-0の勝利、若手と蘭子の活躍、暢久の100試合、そして、気持ちの良い天候と、言うことなしの試合でした。集まった観衆は1万4000人。1万を割るのではないかとの心配も杞憂に終わりました。そう、この観客は前節ガンバのホーム戦とほぼ同じ。勝ち負けに関係なく平日に来るサポは純粋にレッズが好きなお人。そういう人がこれだけいるのが心強い。無料券配っても駄目なチームとは違います。

さて、今日は、早くもセレッソ戦。清武の引退試合とあってチケットの売れ行きは好調のようです。試合後、今度こそ「We are Diamonds」を謳ってかえりたいもんです。2回ぐらいリフレインしますかw 

で、甘いかもしれませんが、レッズは負けないチームに変貌しつつると思ってます。そして夢想といわれてもしょうがないが、昨日のイタリアvsドイツ戦をみていて、レッズはイタリアだと思い始めてます。

ただ、決定力のFWの足りなさを痛感するばかり。元気のゼロトップが成果をあげるのか、それとも新外人を取るのか。いずれにせよ、CFの強化が急務です。

さて、今日はセレッソ戦。17位に沈んでいるとはいえ、清武の引退試合wで盛り上がっています。チームの底力の向上と怪我をしていた選手の復帰が重なりつつある今、セレッソから勝ちをもぎ取って、夏場に向けていいスタートを切って欲しいもんです。では、長居でお会いしましょう。

そういえば、これだけ注目の試合、きっと家本さんが出て来ますよ。

   Conv0005

Conv0006

(ナビスコ予選第7節最終戦、レッズ3-0広島、北ゴル裏、福島孝一郎、14,002人、晴、午後7時、6月27日、水曜、4位)

今日の審判:福島孝一郎
全く知らない審判でしたが、それもそのはず、去年J2で初めて笛を吹き、19試合に関わっただけで、今年J1の審判になった成長株。J2では1回も副審をせず上がってききました。今年29歳。最近では5月3日の鳥栖-仙台戦で笛を吹いています(これが初めてのJ1ジャッジ)。例の、鳥栖の豊田が「仙台はあまりに汚い」と愚痴った試合です。風貌は、岩鉄。ごっつい。で、ジャッジは至極まっとう。もっとも、この試合、もめるような展開ではなかったですが、今のところ好感の持てる審判です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

【試合展望】ナビスコ第7節広島H戦 

明日は、ナビスコ予選の最終戦。ともに予選落ちのチーム同士の戦い。さはさりながら、若手が続々出て来そうな予感。ベストメンバー規定なんざ吹っ飛ばせてな気分。水輝、元気、矢島、秀仁、峻希は出しましょうね。しかしセルはなにしてんじゃい。で、ナビスコに因縁深い野田、そして岡本はどうしてるんでしょうか。

そして、明日はビール半額デー。それにつられたわけではないでしょうが、なんとこの日が休みの日にした人が多いことw 私は、まじめに会社に行ってから参戦予定。こういう試合を楽しまずしてレッズサポとは言えませんよ。

さて、審判は誰でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【参戦記】ポストとバーと線審に嫌われてドロー 第15節仙台H戦0-0

Conv0002

もう明日は、ナビスコ予選最終戦。いつものことながら遅筆失礼。
もうホントに備忘録。

達也のヘッドがゴールを揺らした瞬間、前節ガンバ戦と同じ狂気が走ったんですが、残念ながらオフサイド。暢久→達也という流れだっただけに、決まってればという思いの深い展開。

それにしても、あの線審、オフサイドをとりまくりやがって、なんて文句は言いませんが、怪しいジャッジもあったんだよなぁ。

Conv0001

試合そのものは、四つ相撲。相手の良いところ潰す展開。仙台は、そう前のめりにはこないとはいえ、中盤へのプレッシャーは強かった。常に前に出る推進力を感じる展開。一度下手をうつとやられる気分満載。それだけにバックスが予想以上に下がって守る。となると、前線との距離が離れ..。

と言う具合で、レッズの中盤からの展開力が今一つ。とはいえ仙台もレッズの守備力をぶち抜くほどのパワーはなし。ウイルソンがいなかったことも影響してるんでしょうが、こちらも啓太を欠く試合。

全体で見れば、後半ねじを巻かれたレッズの攻勢分だけ、レッズ優位というところでしょうか。丸塩のミドル、司のヘッドと絶好機をえるものの、両方とバー、ポストに嫌われ得点ならず。最後は、線審にやられてジエンド。暢久の中盤からの絶妙のパスがオフサイドだったか、オンサイドだったかは、ゴル裏からは分かりません。でも、微妙なタイミングだったことは事実。

Conv0005

それにしても宇賀神のクロスがだんだん精度を高めているのが不思議。

で、前節、今一つの内容ながら勝ち点3。今回は押していたにもかかわらずスコアレスドロー。その前の試合は素晴らしい内容ながらドロー。内容と結果が一致してたリーグ戦は清水H戦くらい。サッカーは分かりません。

まぁ、それでも、後半裏取りにチャレンジしたことと、暢久、達也の好プレーが見られたことである意味満足。

ただ、次節セレッソ戦、絶対負けたくはないので、啓太の復帰を願うばかりです。(秀仁も攻撃は良いんだが守備がねぇ)。

Conv0004

(第15節、レッズ0-0仙台、北ゴル裏、西村雄一、39.545人、晴、午後7時4分、6月23日、土曜、3位変わらず。大混戦)

P.S この日、首位と3位の戦いということで、NHKも放送。これまでの流れから西村の登場も予測的中。先発も予想通り。でも、観客数が4万を割るとは。
4万2000人くらいは行けると思っていたんですが。試合前、常連さんぽくない人達が結構いたんで、この日は4万行くと思いましたが、そうは行かず。動員力向上にはまだ時間がかかりそうです。この日、勝利出来なかったのは辛いわ。

今日の審判:西村雄一
ま、天下の西村さん。W杯にいくまでは、このやろ状態の審判だったのですが。いずれにせよ、流す、流す、それは世界基準。それはそれで悪くはないです。仙台の乱暴させなかったのは良かった。それよりこの日はバックの線審が怪しかったのが印象的。最後の達也のオフサイドはぎりぎりアウトだったかもしれませんが、それまでのジャッジはやはり気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

【参戦記】豪雨の中、狂気の歓喜 第14節ガンバA戦1-2

Conv0002

我を忘れるとはこういうことか。隣の席は3席ほど空いていたけれど、その先にいた見知らぬお兄ちゃんが飛んでくる。そして熱いハイタッチと抱擁。そんなことを周りの人たちと何回繰り返したか。

信じられない思いと歓喜がわき上がる。ますます強くなる雨の中、喜びの抱擁でポンチョの下にかぶっていた帽子は吹っ飛び、フードは外れ、頭は雨に打たれてぐちゃぐちゃに。それでも、すでにぐちょぐちょになった靴を履きつつ飛び跳ねて喜ぶ私と仲間。

尋常ではないPOUの叫びの中、暢久から右サイドの柏木にパスがつながり、それが、反対サイドに走り込んだ司にボールが渡った瞬間、こりゃ難しいと思ったのは事実。前にDFが2人もいるのだから。と思ったら、フェイントをかけ間髪入れず司がシュート。ボールは2人の間を抜けて行き、ゴールの隅に吸い込まれていった。ああ、なんちゅうこっちゃ。こんな試合があるんかいな。

昨年まで、ロスタイムの同点弾、敗戦弾を食らい続けた我々にとって、久しぶりのカタルシス。逆転って、こんなに嬉しいのねw 試合内容は決して誉められたものではないものの、最後まで粘って勝利を引き寄せた選手に乾杯・感謝です。

前半、パスをつなぎ、攻め込んでくるガンバに対し、押し込まれ続けるレッズ。ポポ、啓太が怪我でおらず、ツボも出場ながら問題を抱え、強行出場であろう柏木もぴりっとしない。遠藤、今野をあえて外し、ミニキャンプの成果を糧に押し込んでくるガンバは、ここ数試合調子がでないレッズにとって難敵でした。低位で低迷し、連敗中のガンバに塩を送ることになるのか、そんな思いにさせられた試合直後。

そして、CKからの失点(15分)。徳島から移籍してきた佐藤は完璧にツボを押さえ込んで、高い打点からの強烈なヘッドを打ち込んできました。SM席に陣取る、我々の目の前の惨劇。基本的な展開はガンバに中盤を押さえられ、押し込まれ、時々カウンターの試合。さらに平川が小破?して22分に宇賀神と交代する始末。

そんな希望の持てない試合ながら、少ないチャンスを生かして柏木からのパスを元気が右サイドからシュートし同点にする(29分)。あの角度からの得点は初めて見たような気がします。その前も後も危険なシュートにさらされた試合ながら、前半は順大の好プレーもあり、同点のまま終了。

後半、遠藤が出て来ます。さすがに、攻撃を演出するパスはうまいもんですが、ハーフタイムでミシャにしかられたレッズは、前半よりはましな展開に。それでも、啓太に代わって先発出場した秀仁の守備力が今一つなこともあり、優位にたてません。全般にみていても、主導権は相変わらずガンバ側。

それでも、ガンバはなぜか、自分のボールにしながらも遠目からの外れシュートを何度も撃ってくれて、レッズを助ける。それでも危ないところまで持って行かれるたびにヒヤヒヤ。63分には丸塩がアウトで矢島がイン。さらに怪我を抱えるツボにかわり暢久がイン。

ちなみにこの日の矢島は良かった。裏を積極的に取りに行く動きであわやのシュートも。また元気もこれまでにない守備を展開。キーパー木村に詰めてあわやコロコロゴールになるプレーを見せてくれます。それでも点数は動かない。しかし藤ヶ谷より木村がいい理由が不明。もっともこの日は、木村は当たってましたね。勘弁してください。

ロスタイムに入る前当たりからの展開は細かいパスを回しながら攻めるガンバ、そのこぼれ球やGKからのロングパスでカウンター気味に攻めるレッズの殴り合い状態。いつどっちに点が入ってもおかしくないプレーが続きました。

そんな時に始まったPOU。ガンバサポの声が、引き分けを想定してなのか静まりつつある中、最後の力を振り絞るレッズサポ。いやが上にも声がでかくなるサポートの中、司がついに決めてくれました。選手とサポの一体感で勝ち取った試合です。

そういえば久々の暢久。良かったですが、さすが、ここと言うときにつまらんパスミスをするのは勘弁ね。でもlove。それから、松波さん、サイドを抉ってた倉田を72分にかえてくれてありがとう。

我々は5~6年前からSM席の端に陣取り、立ってサポを続けてますが、ここ数年みるみるレッズサポがいなくなっています。かつてはゴール裏寄りの2ブロックの下から上までサポが陣取っていました。しかも彼らは試合の間中、立ってサポをする。それを知らずに入ってくるガンバサポ&サッカー少年団(たぶんタダ券)がびっくりして立ち去るシーンが何度もありました。

しかし、昨年は、ゴル裏寄りの1ブロックも埋まらず、今年は、もう数えるほどしかレッズサポはいません。サッカー少年団は我が物顔で陣取り、ツボのファウルに「退場!退場!」と親指を下にして煽る始末。悲しいかぎりです。

上位にいるとは言え、失った信頼とサポはそう簡単に帰らないと言うことを社長には実感して欲しいもんです。ちなみに「退場」を叫んだ少年団を恫喝w した某国家公務員の方。大人げないですよ。でもグッドジョブ!w 彼らは、1-1の時点で帰りの混雑を避けるためか、豪雨のせいか、負け試合を見ずに帰りました。よかったですね(棒読み)。

さて、次節はしぶとく首位の座に居座り続ける仙台との試合。ガンバに勝ったとはいえ、今のレッズの調子は低調。けが人が多いこと、そしてエンジンの柏木の調子が今一つと厳しい。平川、丸塩の状態も気になります。それでも、この1週間でなんとか体勢を立て直して欲しいもんです。ちなみに、仙台はナビスコで見せたあのラフプレーを今も続けてるんでしょうか。もうけが人は要りません。そしてまともな審判に当たることを祈るばかりです。

Conv0001

第14節、ガンバ1-2レッズ、SM席、高山啓義、14,977人、雨のち豪雨、午後7時3分、6月19日、土曜、3位)

今日の審判:高山啓義
とくに審判を意識することなく見られた試合。あの岡部のようにラフプレーをコントロール出来ないわけでなく、普通に良い仕事をしてました。38歳、2003年、20代でJ1の審判を担当。当初はイエローを頻発させる傾向にあり、不評。大久保嘉人から試合中に「落ち着いてやってください」と忠告されたのが有名。最近は落ち着いている。ただ、2009年にマリノスの山瀬のプレーをシミュレーションと見なして2枚目のイエローを出し退場させた。その後マリノスが意見書を出し、2試合の割り当てを外されている。

P.S 試合後、豪雨の中、予約してあった西中島南方近くの居酒屋に何とかたどり着いて勝利の宴を開催。10人の仲間が集まって、試合を反芻。遠征でこんないい時間を持てる今年は幸せです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

【観戦記】ボロがみんな出ちまったい ナビスコ予選第5節 鳥栖A戦2-1

もう午前0時を過ぎてしまいました。明後日は、万博でのガンバ戦。早く鳥栖戦を書いとかないと。はい、今回も私の備忘録メモ。

試合前日に書いた試合展望での心配がそのまま現実になるなんて。なんと言えばよろしいんでしょう。サッカーを見る目なんざない私の予感をそのまま演じてしまうレッズって変なチームです。それもその前の3試合、勝ち、引き分け×2と今一つ不完全燃焼ながら、内容のある試合をしてきたチームが、軽い失点で負けてしまいました。

藤田のロングスロー、豊田の決定力を恐れていたら、その組合わせで、ズドンと一発決められました(52分)。競り合った水輝はなすすべもなく先制点を食らう。

その後、素晴らしいカウンターで蘭子、丸塩と渡ったゴールで(77分)、まだやれると気合いがが入ったものの、それもつかの間、とっても中途半端なクリアミスから、直前に入った水沼に半ばオウンゴールのような得点を決められる(80分)。わずか3分間の同点時間帯。そして、ジエンド。ナビスコ戦もジエンド。27日の試合、広島に開幕戦の借りを返すこと以外に目的のないものになってしまいました。

試合開始後、様子を見るようなプレーを展開するレッズ。一方の鳥栖は専守速攻ながら前線からプレッシャーをかける展開。ただし、レッズのDFの回しに対しては、ハーフラインを超えてまでのプレッシャーはかけず、自陣に入ってきてから圧力をかけてくる。DFラインに食いつかせて、その結果できる中盤のスペースを使うとレッズの目論見は実現せず。

もっとも、この目論見は必ずしも成功するわけではないので、それ自身そう問題ではない。ただ、なぜか相手陣内からの攻めのプレーが、ぴりっとしない。特に陽介のパスミスが頻発。サイドへのパスがうまくつながらず、ボールを奪い、攻撃に入っても、またボールを奪い返されるというシーンが目立つ。

しかも、様子を見るようなプレーが、前への推進力を削ぎ、選手の動きも体がだるそう。結局、それまでの数試合に比べ中盤でのプレッシャーが十分に効かない中途半端な試合になってしまいました。

どうなんですかね。やはり8位につけているとはいえ、J1に昇格下ばかりの相手に油断したんではないでしょうか。今やレッズは5位ですが、昨年は15位のチーム。気を緩めていい相手はいないはずです。

試合は浦和の浦和丸で仲間と観戦。試合後、あまりに悔しいので東口の桜扇でホイスを飲みながら気を紛らわせ、次節ガンバ戦の遠征時の業務分担を確認。では、明後日、万博で会いましょう。

(ナビスコ予選第5節、鳥栖2-1レッズ、浦和丸、木村博之、7,284人、晴、午後7時4分、6月6日、水曜、5位)

今日の審判:木村博之
リーグ戦では鹿島戦で登場。鹿島にとっては、恨みの残る判定だった試合。見逃しが多いのと、目が飛んでいるのが印象的。この日は特に気になる判定はなし。ま、チームが自滅したんで、何をやいわんや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

【試合展望】芸風の違いに対応出来るか ナビスコ第5節鳥栖A戦

明日は、首の皮1枚残すだけの状態のナビスコ予選。もう負けられません。代表に槙野とスピラが招集され、宇賀神が累積イエローで出場出来ない試合。

豊田の決定力と、背の高いDF陣、セットプレーに強く、水沼、藤田などの怖いプレーヤーもいるチーム。J2から昇格したばかりとは思えないほどの強さがあります。それでもポポと丸塩の給料で、チーム全体をまかなえるってほんとですか?

川崎や瓦斯のようにがちで攻めてくる力もあるでしょうが、たぶん堅守、カウンター、そしてセットプレーで点を狙ってくるはず。下手に高い位置でのプレッシャーをかけずに、堅守速攻で攻める方が鳥栖にとって、理屈に合います。その分、レッズはボールを持てる時間は増えるでしょうが、真ん中と両サイドをうまく使う展開が出来るか。堅守を崩せるか。

そういう意味では苦手なタイプのチームです。特に槙野、スピラが不在の中、水輝、永田、ツボの並びがどう機能するか。練習では阿部ちゃんをDFとして下げることも試したようですが、下手に中盤をいじるようなことはしない方がよいかと。DF陣以外はいつもの通りの布陣で行って欲しいもんです。ようやくプレーが出来るようになってきた達也やセルも見たいですが、それはリードしてからの話。明日はガチンコで臨んでください。よろしく願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

【参戦記】良い試合を見せてもらいました。でも引き分け 第13節瓦斯A戦

Conv0002

もう、試合から1週間たってしまいました。こうなると完全に備忘録。よろしくです。

本当に見応えのある試合。お互いの良いところを消し合いながら、それでも打開策を仕掛けてくる両チーム。がっぷり四つの試合。でも停滞感はなし。

Conv0001

前節と同じように両サイドを守るべく、守備時は5バック、攻撃時は前線がポポ1トップ、丸塩、司の2シャドウ、平川、司の2SWという5人体制になるレッズ。平川、司の運動量はいかばかりか。

中盤からプレッシャーをかけてくる瓦斯に対し、レッズは両サイドへうまく散らす攻撃でチャンスを作るものの得点には至らず。後半になるとレッズの守備から攻撃への切り替え時にパスミスが目立ち、うまく攻撃をしかけられず。瓦斯に押される時間帯が多くなる。それでも耐えて、ボールを奪うや早い切り替えで攻めこむレッズ。

試合時間も残り少なくなり、引き分けかと思った瞬間、右サイドに後半途中交代で入った柏木から、これも途中交代の元気、元気のヒールパスから、丸塩がどかんとシュート。敵味方密集した中へのシュートだったので、入らないかと思ったものの、見事間をすり抜けてゴール! いやぁ、今年最高の歓喜の瞬間でした。

しかし、好事魔多し。数分後、CKからあの森重にど真ん中からヘッドであわされて失点。槙野は競り負け。それにしてもあっけない失点。軽い失点。それまでの熱戦に似合わない失点でした。あの時間帯、セットプレーがいちばん怖いのに、簡単にCKを奪われてしまったことが返す返すももったいない。この日、いつもなら守備堅めに入る水輝は五輪代表で不在。高さ要員も足りませんでした。

同点弾を食らった直後、今度は元気がフリーに近いヘッドを撃つものの、ゴールポストに嫌われて、得点ならず。これで良い試合をしながら2試合連続の引き分け。残念無念。

お得意様だった瓦斯は面変わり。良い試合をしながら、つまらない失点をする軽さがなくなり、手応え十分のチームになってました。レッズ側もチームの意思統一をして、守備時、攻撃時ともに見事な連携プレーを見せてくれました。

気になるのは、元気が今一つ、そのピースに嵌らないこと。先制点のアシスト、さごのヘッドシュートと得点の周りで絡んでいるんですが、課程がいただけない。特にポポと代わって入ると守備をしないのが目立ちます。

一方、平川の代わりに入った宇賀神はこの日も右サイドで良いプレー。ちゃんとチームの動きに絡んだプレーができています。本来、左でのプレーを得意とするものの、右でも問題ない。また、SBよりも高めの現在のポジションが彼には向いているんでしょう。こうなると峻希の今後が気になります。

Conv0003

第13節、瓦斯1-1レッズ、ゴル裏、吉田寿光、33,836人、曇、午後7時4分、5月26日、土曜、5位)

今日の審判:吉田寿光
最近見たよなと調べて見れば第9節鞠H戦1-2の試合でも吹いてた。一ヶ月もたってません。この日のジャッジもストレスなしで見られる好ジャッジ。落ち着いてます。49歳とは思えない風貌とスリムな体。扇谷には早く辞めて欲しいが、吉田さんは悪くないです。ただ数年前まではいやなジャッジという印象でしたが、その理由は覚えてませんw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »