« 【参戦記】あと、もう一息にたどり着かないもやもや 新潟A戦0-0 | トップページ | 【参戦記】一見地味でも決め切れてもぎ取った勝利 第19節ジュビロH戦 »

2012年7月28日 (土)

【試合展望】本格的夏の試合の試金石 第19節ジュビロH戦

ここ数日の蒸し暑さどうにかなりませんかね。これまで夏の到来といいつつも、豪雨や過ごしやすい気候での試合が続いてきました。しかし、今日はそうは問屋が卸さないでしょう。

この蒸し暑さのなか高い運動量を求められるミシャの戦術がどこまで通用するのか、また、気候に合わせた攻め方をしてくるのか、いろいろ見所がありそうです。この夏をどう乗り切るのかの試金石になりそうです。いずれにせよ、司と平川はへろへろになるのは必至w

相手のジュビロは勝ち点1差の4位。そういう意味では負けられない試合。負けると柏、グランパスにも抜かれて6位まで落ちる危険性があります。前回、5月10日の試合は山田大紀とペク ソンドンに好きなようにやられて追いつかれるという不満の残る試合。この頃はファーのクロスに飛び込んでくる選手に合わせられて失点をするシーンが非常に多かったですね。

もっとも、両サイドの守りの不具合は5月19日の清水戦以降、かなり改善しているので、同じようなことはないと思います。

ちなみにこの夏に獲得した城南一和のFWハン・サンウン(26)、J2東京VのMF小林祐希(20)は出てくるんでしょうか。特に小林は負傷中の山本、松岡の穴埋めに入っただけに、すぐにでも出て来そう感じ。

ちなみに、小林は東京Vでわずか19歳で主将にもなり「10」を背負った選手。昇格争いをしているさなかに、これからチームを支える若手有望株が移籍したのにはびっくり。今年も24試合に出場でほぼフル出場。前節の第25節にも先発しています。得点も4と活躍していたはずです。

本人の移籍コメントでは「(主将ということを)意識し過ぎてしまったせいもあって自分のプレーが出来なくなり、なかなか試合に出場できない時期が続き、正直な気持ち苦しかったです」とのこと。しかし、それなら主将をはずせば良いだけのような気も。期限付き移籍とは言え、何があったんですかね。

|

« 【参戦記】あと、もう一息にたどり着かないもやもや 新潟A戦0-0 | トップページ | 【参戦記】一見地味でも決め切れてもぎ取った勝利 第19節ジュビロH戦 »

ジュビロ戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

試合展望」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/55297875

この記事へのトラックバック一覧です: 【試合展望】本格的夏の試合の試金石 第19節ジュビロH戦:

« 【参戦記】あと、もう一息にたどり着かないもやもや 新潟A戦0-0 | トップページ | 【参戦記】一見地味でも決め切れてもぎ取った勝利 第19節ジュビロH戦 »