« 【試合展望】第22節 陽介と誰が組む 丸塩不在の戦い方 | トップページ | 【神社】和田神社 兵庫県神戸市 »

2012年8月21日 (火)

【参戦記】やっぱり鹿戦は面白いw 第22節鹿H戦2-1

Conv0008

試合前日に書いた「試合展望」では「気分が盛り上がらない」と書いてしまいましたが、やっぱり鹿戦は面白いw  この日は南広場で世界のビールフェスタが開かれていたので、そこにも参加。開門過ぎあたりから、俄に雲行きが怪しくなり、スタジアムに入った後は、豪勢な雷雨。

Conv0004_2

試合中はそれこそ必死のサポで、細かいことは分かりませんでしたが、それでも激高するジョルジーニョ監督や、興奮するミシャ、乱れ飛ぶスローイン用のボール、扇谷のいらつくジャッジ、鹿へのイエローの乱発、さらにはもらったイエローを無視する鹿など見所満載。ホントに笑えるチームですw

ちなみに誰が扇谷とレッズvs鹿戦を組合わせたんですかね。帰路、浦和に向けて乗ったタクシーの中で選手や監督の談話ネタで仲間と大盛り上がり。やっぱり鹿戦は面白い。もちろんこの爽快さは勝ってなんぼのものですが。

Conv0009

この日、レッズは丸塩が累積で出られず、代わりに司が入る。前々節、陽介の代わりに司が入ったのと同じようなフォーメーション。ポポをワントップに入れ、元気を下げるかとも思ったのですが、それはなし。

一方の鹿は、先発メンバーとして発表された小笠原が、試合前の練習中に怪我をして急遽欠場w。代わりに青木がボランチに上がっってきました。そんな変更が影響したのかどうか、鹿の立ち上がりはなぜか中途半端。

さすがにDFラインからのビルドアップにはちょっかいをだしてくるものの、中盤を経由してのレッズの攻撃にはほとんどプレスをかけてこない鹿。おかげで、楽に攻撃展開ができる。べた引きではなく、慎重に受けて入ったつもりの鹿なんでしょうか、どこでプレスをかけるかの意志統一が見えず。攻撃に対する対応がスカスカ。

一方のレッズは、神戸戦とは違い、ビルドアップに縦へのパスを交えながら、両サイドをうまく利用する展開。横パスの連続から、無策に終わった神戸戦の反省もあったんでしょう。それでも、点が入らない時は入らないものですが、この試合では平川が右サイドから、クロスではなくシュートを撃ち、その跳ね返りを左サイドの宇賀神がシュートし、先制点を決める。

こうした結果がでたのも、サイドからのクロス一辺倒ではなく、チャンスがあれば、シュートを撃つという気持ちがあったからこそでしょう。

Conv0013

2点目は、永田がボールをもって上がり、陽介、宇賀神経由からの美しい展開で元気が、あの山村をかわしての得点。山村はやってくれますねぇw 小笠原が怪我しなければサブだったのに、青木のかわりに入ってしまったが故の悲劇。五輪での出血といい、どうしても目立ちたいんですね。元気に軽くかわされ、シュート打たれた姿はほれぼれします。そういえば宇賀神のシュートは岩政がスルーしたらしいようで、これもイヒヒ。

しかしながら後半は瓦斯戦のデジャブのような展開に。なんでですかねぇ。疲労?が大きいんでしょうが、コンパクトさを失い、セカンドボールを拾われまくって危機の嵐。セットプレーで永田がドフリーにした岩政にどかんと決められた後は、まさにおしん状態。

しかし、永田は怖いプレーを連発。それでもしれっとしているのはどういう神経やらw

最後はDFとして蘭子、と達也を投入するスクランブル体勢。それにしても蘭子は攻撃に役にたたないのはなんとかなりませんかね。

あげくに新井場にすきなように放り込まれひやひや。

とはいえ、鹿も昔のような縦への鋭い推進力がなく、何とか耐えられる展開。初めて見たレナトは怖かったものの、結構俺が俺がの選手で、助かりました。そして、興梠が飛び込んだシーンはやばかった。そして、本山が出て来た時のいやな予感。

それでも、90分を過ぎて「We are Reds」のコールとそれからのPOUでのサポートが効いたんでしょう。5分という長いアディショナルタイムを満身創痍で乗り切り、試合終了。アウェイ、ホームとも鹿に勝ったのはいつ以来なんでしょう。

そういえば、軟弱な山村の倒れ込みに順大は手でボールを外にだそうとしたのに、それを拾った西?から柴崎のシュートには呆れました。さすが鹿。とはいえ、順大もやるならキックで明確に蹴り出せばいいのに。

試合後の「We are Diamonds」を歌い上げたあと、選手達は用意したサイン入りTシャツをスタンドに投げ込む。良いことです。おいらたちはいらないから、メイン、バックに投げてください。そしてより多くのサポに再び来てもらいましょう。

そういえば、試合後の鹿の公式では、試合終了後の西のイエローをカウントせず。イエロー授受を6枚でなく、5枚にしてましたそれはないでしょうw。これで、次節、西、大迫、ドゥトラが累積で出場停止。新潟がんばれよ。

今日の審判:扇谷健司
ま、扇谷となればただでは済まないと想像が付きましたが、どちらかというと鹿が翻弄されてましたね。相変わらず基準が見えないのでイライラしますが、ジュニーニョからみのファウルはなかったでしょう。あとで、あのシーンを録画見ましたが、あれをPKだというのはなんだかという感じです。

Conv0012

第22節、レッズ2-1鹿、北ゴル裏、扇谷健司、 44,131人、曇、午後7時4分、8月18日、土曜、4位から3位へ)

|

« 【試合展望】第22節 陽介と誰が組む 丸塩不在の戦い方 | トップページ | 【神社】和田神社 兵庫県神戸市 »

アントラーズ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/55478834

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】やっぱり鹿戦は面白いw 第22節鹿H戦2-1:

« 【試合展望】第22節 陽介と誰が組む 丸塩不在の戦い方 | トップページ | 【神社】和田神社 兵庫県神戸市 »