« 【神社】和田神社 兵庫県神戸市 | トップページ | 【試合展望】第22節A清水戦 5点取るぞー で、気を許してはいかんが »

2012年8月24日 (金)

【神社】御崎八幡神社 兵庫県神戸市

和田神社を後にして向かったのは清盛塚。もともとどんなところなのか知らず、たまたまGoogleMapに載っていたので行ってみたまで。で、行って見ると、十三重石塔(下)が立ってました。かつて、今の清盛塚があるところから少し離れた南西約10メートルのところに墳墓を思われるものがあったらしい。それが清盛のものだと言われていたとのこと。ただ、道路拡張の際、調べて見ると墓ではないことが分かり、とりあえず今の地に十三重石塔を立て、さらに清盛像(写真奥)が作られたということらしい。

Conv0018_2

ということで、個人的には何の触手も伸びない代物。暑い思いをして来たわりには残念な展開。すぐそばに住吉神社があったので、少しムラムラ。ご存じのように住吉神社(下)は、住吉三神(底筒男命・中筒男命・表筒男命)を主祭神とし、応神天皇、神功皇后を祀った神社。和田神社のそばにあった三石神社の祭神の応神天皇と神功皇后と密接な関係がある。

Conv0020

ほれ、キタキタと思ったものの、この神社は明治時代に当時の海運業者が大阪の住吉神社から勧請したものとのこと。意味合いとしては海の航行の安全を図ったもの。古代史とは関係ありません。当然、これも触手は伸びないw まさに空振り。

ただ、実はここに来る途中に2カ所やや萌える場所はありました。

その一つが、御崎八幡神社(下)。八幡神社と言えばご存じ応神天皇をまつった神社。御崎八幡神社の由緒をみると神功皇后と応神天皇が九州から東遷した際、ここに行宮を設けたとのこと。そして、京都と大阪の間にある石清水八幡宮が宇佐八幡から勧請して創設されたときとほぼ同時に、石清水から、祭神を勧請した。平安初期の貞観年間(859~879)のことだ。

Conv0017

九州の本家の宇佐八幡宮から直接ではないにせよ。近畿の八幡宮としてはトップの石清水からの勧請だけに、それなりに価値があります。とはいえ、今となっては、まぁ住宅や工場に囲まれた普通のこじんまりとした神社。神功皇后とその幼い応神天皇がここにいたと妄想するしかありません。

もう一つの萌えは、御崎八幡神社のはす向かいにある「萱の御所跡」。清盛が後白河法皇を半ば幽閉した御所跡です。それを記した碑(下)が薬仙寺の境内にあります。

Conv0016

薬仙寺は、奈良時代に大輪田の泊を開いた行基が746(天平18)年に開基し、平安時代にたびたび行基を供養した場所。そういう意味ではそこそこ古い。ま、古代史とは関係ないので今一つですが。それでも、脚の御所、もとい葦の御所跡といわれるとやや萌えますw

もっとも、実際に萱の御所があったのはこの地から北東100メートルの場所のようで、現在の薬仙院の地にあったわけではありません。その場所は、今や、運河の拡張のため、水の底。

Conv0015

葦の御所は三間四方と狭い建物。福原遷都時に無理矢理法皇を押し込めた場所だ。とはいえ、法皇はこの御所から伊豆の源頼朝に平家追討の院宣を下し、挙兵を促した。今後の大河ドラマにも出て来ますかね。実は、この翌日、私は宇治に行きました。以仁王の令旨を受けて挙兵した頼政が敗死した場所です。

まぁ、そんな話を知っていても、ここも風情はない。そそくさと仲間の待つホムスタに向かった私です。負けるとも知らずに...。

より大きな地図で 2012 Private D を表示

|

« 【神社】和田神社 兵庫県神戸市 | トップページ | 【試合展望】第22節A清水戦 5点取るぞー で、気を許してはいかんが »

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/55493608

この記事へのトラックバック一覧です: 【神社】御崎八幡神社 兵庫県神戸市:

« 【神社】和田神社 兵庫県神戸市 | トップページ | 【試合展望】第22節A清水戦 5点取るぞー で、気を許してはいかんが »