« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月 6日 (火)

【参戦記】不完全燃焼な引き分け嗚呼 第30節桜H戦0-0

Conv0001

終わってみれば残念な引き分け。ここで、勝ちは必須ながら、そうは問屋が卸さず。展開としてはレッズが攻め込んでいたにもかかわらず、最後のフィニッシュがままならず、不完全燃焼な試合。

Conv0002

厳しい夏の時の方が、もっと動いて相手を崩すシーンがあった印象。最近の試合は、ポゼッションをとっていても相手を崩しての攻撃がほとんど出来ず。かつての遅攻の再来と思えるような展開が多くなっているのが気がかりです。

Conv0003

ボールを持って攻め込んでも、そこからのダイナミズムはあまり感じられない展開。気分はもやもやするばかり。それでも前半、丸塩の絶好のシュートがあったにもかかわらず、ボールはポストに当たるばかり。今節は先発の元気もチャンスを生かせず。後半ポポと交替。陽介のシュートがゴールネットを揺らしたときには不覚にも大喜びしたものの、まぁ、オフサイドですな。うーん。

先発では平川が負傷欠場で、司が右、左に宇賀神の布陣。前半、充が負傷退場で、なんと暢久がそのままCBに。こんな時の暢久はポカするかほれぼれするプレーを見せるかの二者択一ですが、この日は、ほれぼれするプレー。センスと動きの良さにほれぼれ。良い馬を見る感じ。

練習の時元気が暢久にちんちんされてると言うことを告白してますが、それを再現したような感じ。私がかってる杉本もおちょくられたような感じで笑える展開。今年、残り試合を楽しみしてます。

Conv0004

セレッソは、前節の仙台と違って高い位置からプレッシャーを仕掛けず、チーム一体となった動きもあまり感じられず、レッズには幸い。それが、攻撃に優位に立てた理由でしょうが、それでも得点に結びつけられないのが、残念至極。

それなのに、槙野があわやのミス、司のミスなど危険な軽いプレーを展開。全体にバランスが悪くなってます。そういう意味で残りの試合、何かチャンネルを変えるようなきっかけがないと、苦労しそうです。

この日、仙台も、広島も引き分け。こんな時こそ勝ち点3と取りたかったのですが、今年はこんな時に勝ち点3が取れない。そこを突き抜けてればたぶん首位にいたんでしょう。

しかし、もう後ろには清水が勝ち点1、名古屋が勝ち点3で肉薄してきており、それこそもう負けられません。川崎、広島、鳥栖、名古屋。全部勝ちにいかんと。

ちなみに、この日の観客の出足は天気は良いのに最悪。下手をすると3万を割るかと思いましたが、とりあえず3万割れはなし。しかし、悲しい展開です。

それと、広島か鳥栖戦の参戦が怪しくなりつつあります。今年のリーグ戦、アウェイも含め、姪っ子の結婚式で清水H戦のみ行けませんでしたが、今回は親族の病気関係。どうなるやら。

Conv0005

第30節、レッズ0-0桜、北ゴル裏、松尾一、32,090人、晴、午後2時3分、10月27日、土曜、引き分けたのにまだ3位)

Conv0006

今日の審判:松尾一
久しぶりですが、ジャッジには何も感じませんでしたw 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »