« 2012年11月 | トップページ | 2013年3月 »

2012年12月

2012年12月 9日 (日)

【参戦記】優勝がこぼれた水曜の夜 第31節川崎A戦4-2

終わってみれば乱打戦。そして優勝の可能性は残ったものの、限りなく無理な状態に追い込まれた試合でした。水曜日の試合なので仕事もそこそこに駆けつけたものの、待機列中で缶ビール2本をあけたものの勝ち点は手にできませんでした。

前節の桜戦からみせたチームの連動感はあったものの、お馬鹿な失点と運のない失点が多すぎました。陽介が先制したときには、行けるかもと持ったもののレナトのFKから不運な失点であっという間に同点。さらに、同じくレナトから美しいFKを決められてしまいます。

さらには、GKからの危なっかしいボール回しからボールを奪われ失点。いずれも崩されて失点したわけではないのですが、逆にそれだけにもったいない失点ばかり。

槙野が後半早々に、1点を返してくれた時はともかくもう一点奪って、勝ち点1でもと思ったものの、あろうことか途中交代の山瀬に、これは崩された上での失点を食らって辛い展開に。結局、このまま試合終了。今季の優勝の目はなくなってしまいました。

もっとも、こういう大事な試合に何だかなぁな失点をするようでは、優勝への運をつかめなかったんでしょう。ガンバ、札幌での内容のない敗戦とは違った印象を受けました。

そのせいか、情けない失点もあったものの、その割にはさばさばした気分だったのも事実。

JR武蔵小杉駅直通のバスにうまく乗り、湘南新宿ラインのグリーン車に乗ったときも、さらに赤羽に途中下車してで反省会を開いたときも、選手のプレーに文句を言う人はいませんでした。

逆転後、引きこもる川崎相手にもそれなりの攻めが出来たことはなにより。永田の変わりに引き続き出た暢久も楽しませてもらいました。

そういえば、等々力はこれから改修。場合によっては来年国立ですかね。もっとも借りスタジアムでやることになったらそれはまた大変そうだな。ちなみに500ml缶ビールが500円は相変わらず安いです。改修後もよろしく。


第31節、川崎4-2レッズ、北ゴル裏、西村雄一、17,870人、晴、午後7時3分、11月7日、水曜、負けたのにまだ3位)

今日の審判:松尾一
世界の西村ですが、相変わらずいらっと来るのはなぜw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年3月 »