« 【参戦記】第1節 広島A戦1-2
昨年とは雲泥の差。圧勝になりかけた開幕A戦初勝利
| トップページ | 【参戦記】第2節0-1 最小失点差とは思えない構成力 »

2013年3月15日 (金)

【遠征記】シャトルバスの誤算も2年連続「まつばら」で夜は更けて

開幕戦が昨年と同じく広島アウェイ。試合開始は同じく午後2時。昨年は飛行機で広島入り、バスで中筋駅経由、アストラムラインで広域公園前まで行きました。

今年は、新幹線で広島入り。東大宮の午前5時53分の始発で6時50分東京駅発の新幹線に乗車。広島着は10時55分。4時間ちょっとで着いてしまいます。新大阪まで3時間半の時代を知る身としては、隔世の感。

とはいえ、広島駅から平和大通りそばのコンフォート広島に行く余裕はなく、そのままJRで横川駅へ。そこからシャトルバスでスタジアム入り。横川駅ではコインロッカーで余計な荷物を預け、改札出てすぐ右手の「むさし」の蕎麦で昼食&新幹線でのアルコールをリセット。むさしは俵おにぎりで有名なお店。この日も、おむすびを求めて店の外は行列が出来てました。

シャトルバスは乗ってしまえば20分ほどでスタジアム到着。ただ12時前に到着したものの、開門は11時半。先発の仲間に入場はお任せに。実のところ12時開門と勘違いしてました。すまん。

Conv0001_4

スタジアムでは昨年と同じくなぜかゴジラがお出迎え。何の縁でゴジラがいるのかは関心がないので知りません。ちなみに試合後、このゴジラの前で、コバトンのマスクをかぶって記念撮影してるグループがいましたが、これもなんだかよく分からんw

今年からスタジアム名は「広島ビッグアーチ」から「エディオンスタジアム広島」に変更。そりゃ良いんだけど、略称「Eスタ」ってねぇ。

帰りは、今年もシャトルバスで横川駅に向かうことに。一昨年まではアストラムラインで広島中心部に帰っていました。ただ、50分近く大混雑の列車に揺られるに耐えられず、昨年からはバスに切り替え。

これが快適、長蛇の列ながら、意外に早く列ははけ、横川駅に到着。

ということで、今年もシャトルバスの列に並ぶ。が、結局、乗車まで1時間待ち。まぁ、仲間と勝った試合の話をしていたので苦痛ではなかったんですが、やはり長い。
考えてみれば、昨年は負けたのでとっととスタジアムを後にしたからバスに乗るのも早かった。今年は勝って、謳って、しゃべってスタジアムを後にしたため、当然並びの最後尾近く。そりゃ時間かかるわ。

横川駅までは乗って30分弱。しかも座っていったので、朝からの疲れもありウトウト。

横川駅からは市電でホテルそばの中電前まで移動。ここまで予想外に時間がかかり、6時半からの祝勝会にはすぐ行かなくてはならない状態にw 

4時には試合は終わってバスに乗ったのが、何だかんだで5時15分くらい。30分もかからず横川駅にはついたものの、結局、ホテルに着いて、荷物を預けて、祝勝会会場に向かったら、6時半過ぎてましたw

Conv0002

祝勝会場のまつばらは2年連続。陽介や槙野が通った店。店のご主人も昔話を語ってくれる。予約してた座敷の個室で、瀬戸内海の海の幸と飲み放題のお酒を堪能。私は、賀茂鶴、賀茂泉一辺倒w 店員さんの応対も良い感じのお店です。

Conv0003
その後、とりあえず解散しましたが、残留組はつけ麺の「広島一漢」へ。広島は激辛つけ麺が有名。昨年はばくだん屋で山椒のきいたつけ麺を食べて、撃沈しました。

今年の広島一漢は辛いけどうまい。しかもここは陽介が通った店。陽介が傷をつけたテーブルでつけ麺を食べるという僥倖を得ました。

Conv0004

さらにその後、「やや」若い衆と4人で「居酒屋お花」でかきフライや焼き牡蠣を食します。通された部屋は畳の個室。作りが昭和風で掛け軸や欄間のある部屋は豪華ではないものの、とてもいい雰囲気。普通の居酒屋価格で、よい気持ちにさせてもらいました。

Conv0005

店を出て、今度こそ解散。コンビニで懲りずにビールやつまみ、アイスを買って帰った私でございます。明日は、岡山の神社巡り~。

|

« 【参戦記】第1節 広島A戦1-2
昨年とは雲泥の差。圧勝になりかけた開幕A戦初勝利
| トップページ | 【参戦記】第2節0-1 最小失点差とは思えない構成力 »

広島戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

遠征記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/56956577

この記事へのトラックバック一覧です: 【遠征記】シャトルバスの誤算も2年連続「まつばら」で夜は更けて:

« 【参戦記】第1節 広島A戦1-2
昨年とは雲泥の差。圧勝になりかけた開幕A戦初勝利
| トップページ | 【参戦記】第2節0-1 最小失点差とは思えない構成力 »