« 【観戦記】ACL予選広州恒大A戦 0-3 
負けたくはないが、負けても希望を抱ける試合もあるもんさ
| トップページ | 【遠征記】シャトルバスの誤算も2年連続「まつばら」で夜は更けて »

2013年3月 9日 (土)

【参戦記】第1節 広島A戦1-2
昨年とは雲泥の差。圧勝になりかけた開幕A戦初勝利

 

Conv0001

勝つ事は嬉しいもんですが、遠征での勝利は格別。試合後の祝勝会にせよ、翌日の観光にせよ気分がいいこときわまりない。ましてや、去年の開幕戦に負けているだけにうれしさはひとしお。開幕戦勝利は6年ぶり、アウェイ勝利は始めて(ほんとかい?)。

晴の予報を信じて広島にきたものの、ここは広島であって広島でない地。雪や雨に見舞われ、いつもながらの猫の目天気に祟られまくり。とはいえ、試合内容は満足のいく上々のでき。天候に文句は言えません。

 

Conv0005

ACL初戦でも見せたパス回しは同じようにキレイに決まるし、相手ボールを中盤でかっさらって、攻め込む姿はほれぼれするばかり。対する広島は、慎重に入った?ことが裏目に出て、受け身の展開。さらにACLから中2日のせいもあるのか、縦につなげる躍動するパス回しが見られない。レッズ陣内に入り込むことがほとんど出来ず、ある意味一方的名展開。しかも、レッズのビルドアップに寿人ら前線の選手が食いついてくれるたので、ある意味思うつぼ。

 不思議なのは、レッズの中盤のプレスがそれほどがむしゃらさに見えなかったこと。平然と普通にプレーしていながら、相手ボールを取り返し、キレイに攻撃に切り替えるプレーはほれぼれするばかり。そしてセカンドボールのほとんどを拾える気持ちよさ。パスもみな足下でピタと止まる。攻められると5バックになる広島に対しても,それほど攻めあぐねず、緩やかなビルドアップから、ここぞと言うときに、スッと縦パスを出してスピードある攻撃に転じる。時には、ボトムラインから鋭い縦パスを繰り出す。これがきちんと続けられば、引いたチームにも対処出来そうです。

 とはいえ、昨年以上に「戦略が寿人」なチームになりつつある広島。なんだかんだいって寿人が怖い。この日も永田や槙野がケアしながらも、前半に2回ほどあわやのシーンが現出。一瞬の隙を突かれての失点の危険性はありあり。それだけに、攻勢をかけているうちに早く先制点を取って欲しいと言う焦燥感が高まった37分。陽介⇒元気⇒陽介と渡って先制点。元気のバックヒールパス、陽介の右足でのシュートが、西川の予想を裏切ったのかボールがゴール左隅吸い込まれていく。

 とはいえ、その瞬間、元気の姿は確認出来たものの、最終的に誰が決めたかが分からず。得点後のハイタッチの後に出た言葉は「誰が決めたの?」だったのが真実。事の次第を理解したのは、祝勝会後、ホテルで見た映像でようやく理解しました。ちなみに、アウェイ白ユニの背番号は縦長でしかも墨網60%くらいなのでよく見えんのよ。何とかして。

 ちなみに、この日、得点が決まるまで、陽介の縦パスが正確性を欠き、カットされるシーンが散見。調子が悪いなと思っていたものの、先制点の時には、元気にボールを渡した後、がむしゃらにゴールに向かい、大外に走り込んだプレーは素晴らしいの一言。

 この日のレッズはこういうプレーが攻守で出来てました。そういう意味での(躊躇のない)流れるような攻守は素晴らしい限り。ボールの取り合いに、すかさず1人2人と寄ってくるシーンが多かったことは上々。今回は、同じフォーメーションなので1対1の対応でしたが、異なるフォーメーションの時にどうなるか、それはそれで楽しみ。

 前半が終わって、現場で思ったのは興梠が消えていたということ。目立った活躍が出来てないなと見たのですが、試合後の選手の話では、興梠の動きがシャドーの元気や陽介を動きやすくしたとのこと。今度は興梠に点を取らせたいと言う元気の願いが叶うことを祈ります。興梠が点を取り始めれば、対戦チームはますますこの3人の動きへの対応が難しくなるはず。そんな試合展開になるのを是非みたいもんです。

Conv0002

 後半早々、今度が元気が陽介からのアドバンテージボールを決めて2点目。このシュートは当たり損ない。西川がボールに触った瞬間、こりゃ駄目だと思ったのですが、なんとボールは西川の両手から逃げるようにゴール内にコロコロと転がって2点目。

 その時のボールの動きの緩慢なことにはイライラさせられました。が、このシーンをホテルのテレビで見ると、西川がボールを手で弾いた後、意外とあっさりゴール内に入ってました。あの瞬間、私の体内時計はゆっくり進んでいたんですかね。あの、間延びしたコロコロ。こういうことは時々起こりますが、不思議なもんです。

 ただ、その後、ゴール前のファールから森崎がFKを見事に決めて1失点を食らいます。このゴールかなり芸術的な軌跡をたどったゴール。順大もさすがに取れず。

この後、「バタバタ」という音が聞こえるように、動揺するレッズ。昨年もこういうことがありましたが、この辺のメンタルの弱さはまだ変わってません。そんな中、調子に乗った広島の攻撃が続きます。不思議なもんで、セカンドボールもほとんど広島が拾える展開。ここで踏ん張れないと昨年と同じという思いがあったのは事実。それでも、元気、興梠、陽介の代わりに丸塩、阪野、那須を順次投入して逃げ切りに成功。那須の安定感、阪野のゴール前でのタメや、ゴールへの執念は見ていて楽し。特に、阪野は得点の臭いがします。

面子を変えても、パフォーマンスが落ちない選手層の厚さを実感できてうきうきでした。

Conv0004

・この日、後半になってから、広島の倒れ込むとファウルを連発し始めた吉田。あまりのファウル連発に「We are Reds」のコールが吉田に降り注ぎます。本人は分かっていたとは思えません。髪型も微妙に変わり、かつてのいらつく吉田に戻った感。昨年は良かったのにねぇ。名付けて「カタール吉田」。

・相変わらず今年も怖かったのは、順大や永田のビルドアップのプレー。寿人が詰め寄る中、ぎりぎりのタイミングで、グラウンダーのパスをする。怖いですよ。怖い。大丈夫なんでしょうか。

・西川のちょんぼは劇的。試合終了後、中心部が「西川ポロリ」チャントを即興で始めたのには笑えた。相変わらずネタ作りが好きなようで。

・アウェイゴル裏斜め前になぜかトラックが駐車。どうもなにかを表示するディスプレイを搭載しているらしいが、良く分からず。結局、壊れていたアウェイ側の電光掲示板の代わりらしい。アウェイ側の我々はホーム上の掲示板を楽しんだので関係なし。と言っても旧式なのでドット表示は悲しいばかり。

・永田の異様な落ち着きぶりは本物なのか。うっかりプレーがないのは良いんだが、詐欺に遭っているような気もする。

・森脇がボールに触るたびにブーイングする広島サポ。槙野にも若干。陽介には皆無。ということでミシャには何も出来ずw

・そういえば、この日、ミキッチはおらず。代わりの石川があんまりの出来で、うちの宇賀神、槙野が生き生き出来たのは秘密。寿人へのボール供給も半減状態。

・この日、秀仁、矢島はベンチにも入れず。帯同してたかも不明。この2人には頑張って欲しいんだが、今年は競争が激しそう。そういえば永田も不在。大変だわ。そういえば蘭子もいません。

・試合前、雪、雨、みぞれ、晴と天候が目まぐるしく変わる。広島の天気予報は晴ながら、ここは広島ではないことを実感。来年はなにがなくてもポンチョは必須。

Conv0003

第1節、広島1-2レッズ、ゴル裏、吉田寿光、27,911人、曇、午後2時4分、3月2日、土曜)

|

« 【観戦記】ACL予選広州恒大A戦 0-3 
負けたくはないが、負けても希望を抱ける試合もあるもんさ
| トップページ | 【遠征記】シャトルバスの誤算も2年連続「まつばら」で夜は更けて »

参戦記」カテゴリの記事

広島戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/56916230

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】第1節 広島A戦1-2
昨年とは雲泥の差。圧勝になりかけた開幕A戦初勝利
:

« 【観戦記】ACL予選広州恒大A戦 0-3 
負けたくはないが、負けても希望を抱ける試合もあるもんさ
| トップページ | 【遠征記】シャトルバスの誤算も2年連続「まつばら」で夜は更けて »