« 【観戦記】ACL予選第4戦全北現代A戦2-2 
悪夢を見ているようなロスタイムの悲劇
| トップページ | 【参戦記】第7節栗鼠戦1-0 むかつく戦い »

2013年4月20日 (土)

【参戦記】第6節湘南H戦2-2 まともに四つで組んでくれてありがとう

Conv0006

ああ、もう明日は栗鼠戦。かつて暢久が語っていたように、普通の1試合だったものが、次第に因縁試合になってきた栗鼠戦。なんかうざいんですよね。

Conv0003

さて、久しぶりに日曜日開催の湘南戦です。今季、興梠の初ゴール、そして不調を囲っている陽介のCKから直接決めたゴール。寒風の2-0の試合。

試合開始直後から前目に仕掛けてくる湘南でしたが、「鬼プレス」というほどのプレスではなく、次第にレッズペースになる展開。特に、真ん中からのパスが比較的自由につながる展開。湘南がまともに四つに組もうとして、いなされてる感じ。極端に引きこもってカウンター狙いでもなく、はたまたがんがんプレスしまくってレッズの中盤を慌てさせるプレーという展開でもない。

Conv0001

ごくまっとうな頑張りだっただけに、チーム連携に磨きがかかって、かつ個人力のあるレッズが優位に立つのも宜なるかなです。

そんな中、一瞬の縦パスから始まった攻撃で、陽介、興梠と渡ったパスを興梠が体を伸ばしてボールに触ってゴール。この後、小さなチャンスはあるものの、そのまま前半終了。

後半になると、さらに試合を支配し始めたレッズにチャンスが多数。陽介がCKを決めたものの、陽介、興梠、元気、さらに途中出場した丸塩も決定的シーンでシュートが決まらず。4~5点取っていてもおかしく無い試合は結局2点でジエンド。

湘南の選手は、結構へこんでいたようですが、レッズ的には詰めの甘さを感じさせる試合でもありました。縦への突っ込みが尋常ではない栗鼠戦はさすがに湘南のようには行かないでしょうが、今年やってきた事がどこまで通用するか見物の試合です。

Conv0011

(第6節、レッズ2-0湘南、ゴル裏、吉田 寿光、36,477人、曇、午後3時4分、4月14日、水曜、2位 鞠は全勝で1位、レッズは5勝1分で2位、栗鼠が4勝2分で3位)

・試合前、久しぶりに「謳え浦和の男なら」を実施。4回もリフレインして死にそうw 湘南に見てもらってなかったからやったんですかね。
・審判は吉田。昨年辺りはかつての悪印象も薄れ、それなりに評価してたんですが、この日はややぶれまくり。もう御年49歳だし、来年はもう見られないのかな。ま、扇谷よりは良いですが。
・この日、雨も降っていないのに4万に届かず。湘南相手では燃えませんか。

Conv0004

・試合後、文化シャッターのシャッターがガシャンと落ちる広告が再び登場。気持ち良いですw

Conv0005

・今年から選手ごとのスタッツやボール支配率などが出て、それなりに面白い。トップスピードは興梠が1位。

|

« 【観戦記】ACL予選第4戦全北現代A戦2-2 
悪夢を見ているようなロスタイムの悲劇
| トップページ | 【参戦記】第7節栗鼠戦1-0 むかつく戦い »

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

湘南戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/57207488

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】第6節湘南H戦2-2 まともに四つで組んでくれてありがとう:

« 【観戦記】ACL予選第4戦全北現代A戦2-2 
悪夢を見ているようなロスタイムの悲劇
| トップページ | 【参戦記】第7節栗鼠戦1-0 むかつく戦い »