« 【参戦記】ACL予選/第3戦 全北現代H戦3-1 だから暢久を出せと言ったのに | トップページ | 【観戦記】ACL予選第4戦全北現代A戦2-2 
悪夢を見ているようなロスタイムの悲劇 »

2013年4月 8日 (月)

【参戦記】第5節磐田H戦2-1 強いけれど、綱渡りの勝利

Conv0002

なんと言うべきか。先制点は前田のデスゴール。しかし後半、森脇がCKからのセットプレーで、ヘッドで同点。前田のデスゴールを許したプレーを穴埋め。そして、アディショナルタイムに元気がセットプレーからのカウンターで、興梠からのパスを受けて、相手の守備をかわしてドリブル、ループシュートで勝ち越し点という、劇的な勝利。

Conv0001
先制点をくらったとはいえ、試合全般はレッズの攻勢。前半こそ、色々ミスがありましたが、後半はほとんど一方的な攻勢で、磐田を圧倒。それでも点が入らないのが辛いところ。結局、興梠から元気へのパスで独走した元気が、川口との1対1を制して勝ち越し点。まぁ、ご想像通り、その瞬間の興奮は凄かったです。

思うに、前田の1点は不幸な1点。前半、興梠のPK外しも不幸な1点。そんな中、逆転まで持ち込んだ底力は評価に値します。

Conv0003前節の新潟戦とは違い、試合内容は見ていて楽しいもの。ジュビロと3バック同士で噛み合うなか、さらに磐田が5バックを形成しながらも、攻め続ける動きはなかなかのもの。元気に至っては5バックの状態の方が自由に動けた発言までする始末。良いことです。先制点を食らっても、いつか逆転するとの思いはありました。とはいえ、結局、最後の最後まで逆転の持ち込めなかったのも事実。

これだけの攻勢でも、結局2対1。綱渡りの勝利であることは間違いないです。興梠が覚醒したとき、たぶんく、やや安心して試合を見られるんだと思いつつ、勝利の美酒を味わいました。

第5節 レッズ2-1磐田、ゴル裏、松尾一、23,295人、雨、午後7時4分、4月6日、土曜)

Conv0004

・この日、爆弾低気圧の来訪が散々報じられ、世間的には「不要不急の外出はさけるように」というアナウンスが行われた日。特に帰路の列車が止まるかもしれないという不安の中、よく2万人以上が集まったもんです。

・とはいえ、風雨は想像よりは弱く、埼スタに限っては普通よりやや強い雨という感じ。昨年のガンバアウェイ戦の土砂降り状況に比べれば、たいしたことなし。

・試合後は、いつもの通り浦和でホイス三昧。試合経過をスカパーオンデマンドで反芻しながらの飲みは最高。

・デスゴールは、ほとんど誰も気にせず。かえって天使のシュート説も出るくらいwま、これでデスゴール伝説は終わりでしょう。

|

« 【参戦記】ACL予選/第3戦 全北現代H戦3-1 だから暢久を出せと言ったのに | トップページ | 【観戦記】ACL予選第4戦全北現代A戦2-2 
悪夢を見ているようなロスタイムの悲劇 »

ジュビロ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/57134904

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】第5節磐田H戦2-1 強いけれど、綱渡りの勝利:

« 【参戦記】ACL予選/第3戦 全北現代H戦3-1 だから暢久を出せと言ったのに | トップページ | 【観戦記】ACL予選第4戦全北現代A戦2-2 
悪夢を見ているようなロスタイムの悲劇 »