« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月25日 (土)

【参戦記】第12節鳥栖H戦6-2  大量6得点ながら得点者は全員別、待ち望んだ快勝、なんだがね

Conv0001

 
今年のレッズの出来なら、どこかで大量点を取る試合があるはずと思ってましたが、やってきました6得点。相手が引きこもってしまうとこういう試合にはなりません。この日の鳥栖はフォアチェックでレッズの中盤からの攻撃の芽を摘む戦術をとったおかげで点が取れました。今年は守備に難があると言われた鳥栖ですが、正攻法でお相手いただいたてありがとうございます。

 特に前半はフォアチェックが甘めだった事もあり、気持ちよいほど縦のパスがつながりチャンスを作る。さはさりながら得点は1点のみ。しかもPK。興梠がバイタルエリアで倒されたためですが、ACLでPKを失敗した阿部ちゃんがこれを決める。

 後半に入ると、鳥栖のフォアチェックが厳しくなって、思うようにパスがつながらなくなり、展開に苦労。しかしそんな中、槙野がミドルシュートを決めて2点目(49分)。

 鳥栖の攻撃はボールを奪うや、ロングパスでディフエンスラインの裏を狙う戦法。何回も繰り返せば1回くらいは、と言うこと。これが見事に嵌って2失点目からわずか7分で1点を返す。ただ、これはゴール前でクリアをミスした槙野にもやや責任が。とはいえ、この後、中盤の圧力が高まり不自由さ満載の展開に。

 もっとも、両サイドが意外にスカスカになったので、ここにボールが渡ると、結構攻め込める。このため、試合は停滞するどころかゴールラッシュ。右の平川からのクロスを興梠がヘッドで決めて3得点目(65分)。ところが、その直後、放り込まれたロングボールを放り込まれ、ゴール前で混戦。こぼれ球を拾った司が、前を向いてカウンターかと思いきや、逆にボールを奪い返され、そのまま打ち込まれ2失点するというと目まぐるしい展開(66分)。

 どうも鳥栖戦では、気づいた時には失点しているという、超速攻で点を取られるケースが多いですな。

 とはいえ、いつものプレーを淡々と続けるレッズ。この辺が、自信のあらわれなんでしょうか。プレッシャーで結構やばいシーンが続出するものの、平川に代わって78分に入った丸塩のおかげでボールのキープ力が高まり、中盤のせめぎ合いもややレッズよりに。そんな時に出た元気の追加点。丸塩のグラウンダーのクロスからの得点でした(80分)。

 この追加点で、2点差で残り10分。試合をこのまま終わらせるために、85分にボランチに下がった陽介に変えて暢久を投入。2試合連続の出場です。2点差を護る体勢であったはずですが、これがあに図らんや、さらに2点が入るんですねぇ。

Conv0002 セットプレーからのボールが外に出そうなのを森脇がぎりぎりで止めて、ファーにクロス、これを受けた興梠が中に入れて、那須がヘッドで得点。もっとも、現地にいたときには、詳細が分からず。ただ、誰かの高い打点のヘッドで得点したと分かったくらい。だいたいこの日はコイントスで勝ったトスがサイドを変えたおかげで、後半の得点が南側。なんてことでしょう。


 その後、元気に代わって入ったヤジシンが、森脇の右サイドからクロスををヘッドでたたいてゴールを決めるというおまけ付き。ヤジシン、Jで初ゴールです。

 この日、後半大活躍の森脇は丸塩が入って平川が抜けた時点で、平川にかわってサイドにポジションを変えてました。興梠の得点も中盤を駆け上がり、丸塩にパスしたのは森脇。那須、ヤジシンのゴールも森脇がお膳立てした形。この攻撃性、面白いです。ここ数試合見られる、後半の交代、ポジションチェンジがやけに嵌っており、試合を面白くしてます。

Conv0006


ちなみに、この日、那須は公式戦4試合連続得点。凄いわ。

嗚呼、那須に抱かれたいw

第12節、レッズ6-2鳥栖、北ゴル裏、中村太、31,175人、晴、午後7時5分、5月18日、土曜、3位、鞠は引き分けで勝ち点差は1。栗鼠との差は相変わらず勝ち点6差)

Conv0005

・雨でもないのに好調レッズの試合に31,175人は寂しい。鳥栖では動員できないのかね。でも鳥栖の試合は面白くなるので、来ればいいのに。
・この日、豊田は競り合いは8割勝ったと豪語。とはいえ、那須の押さえが効いて、ほとんど良いところ無し。遠吠えはほどほどに。

・ゴールを入れて喜び合う選手の中で、槙野と森脇の顔を手で隠す合戦。ほどほどにしろよw

・途中出場の暢久。鳥栖の選手2人にはさまれても軽々とさばいて、スタジアムがどよめく。が、その後、相手にパスを渡すプレーで、またスタジアムがどよめくw

・この日の審判、中村太。結構いいジャッジ。カードは控えめ、でも注意はする。落ち着いて裁いてました。名前とは違ってスレンダーな体型。1978/11/01生まれの34歳。埼玉出身。1級登録は2009年11月ですから、特に早いわけではありません。PRでも国際主審でもありません。前節の佐藤隆治くんは77年生まれで1歳年上ですが、彼は1級審判になったのが2005年と早いです(現在、PR&国際主審)。昨年はJ1で16試合、J2で22試合を担当してます。ただ、調べて見ると評判は悪いですね。すぐカードを出す、ゴール絡みでのジャッジにぶれがあるとの評価で。ミシャが監督だった2011年の広島-川崎のナビスコ戦で佐藤寿人が彼の判定に激怒したのが記憶に新しいところ。で、このとき、ミシャは退席食らってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

【参戦記】第11節鹿H戦3-1 なぜこうも因縁試合になるんだか

Conv0012

 両サポの怨念がピッチに渦巻き、魔物が徘徊してましたな。Jリーグ発足20周年メモリアル試合として開催されたこの試合、興梠の因縁のゴールは、リーグの期待を背負って登場した若手エリート審判の佐藤隆治くんにも厳しい洗礼をみまいました(ざまぁ

Conv0003

 ポンテはくるわ、伸二はくるわ、ついでにアルシンドはくるわと話題満載。でも、ここ1週間晴が続いたのに、この日だけ雨ってなんですかね。レディアをさかさづりにせねばいかんのですか。したくないが、晴れるためにはいたしかたないでしょう。

 先発に栗鼠戦で痛んだ元気が復活。丸塩がサブ。怪我が癒えたものの、司は先発ではなくサブ。宇賀神が先発で左、平川は右。

Conv0007 で、試合はがっぷり四つ。一説には鹿が優勢だったとの話もありますが、まぁ、お互いやりたいことをしつつも、レッズはここぞというところでパスが通らず、鹿は裏を取るボールがうまくつながらず。それでもチャンスはやってくるものの、お互い決めきらず。見てる方としては、じりじり、ヒヤヒヤの連続。

 で、宇賀神が前半終了間際に痛んで司がin。これが後半、結構効いた感じです。この日の宇賀神は、決定機のシュートを決めきらず、また相手陣営の切り込みからクロスの精度も今一つ。平川に比べてやや低調。私的には司の攻撃力を買いたいんですが、ミシャのファーストチョイスは宇賀なんですね。とはいえ、宇賀の怪我は長引きそう。司の出番です。また、その司を追いかける野田らがでてくることを期待してます。
Conv0008

 さて、後半は、ややレッズが持ち直し(もっとも前半もボール支配率はレッズの方が高かったんですが)、左サイド、右サイドからの攻撃が増えていく。ところがあに図らんや、後半の63分、阿部ちゃんが相手ボールをカットしたはよいものの、そのまま起点となって柴崎にパスする形になりピンチ出来。

 このボールが野沢に渡り、その野沢を食い止めるべく阿部ちゃんがスライディングするものの、キレイにかわされ、フリーでシュートされゴールを決められる。阿部ちゃんとしては自分のミスから野沢にボールが渡ったのに焦ったんですかね。あそこであれほど大胆に滑り込まなくてもよかったと思ったりして。

Conv0005 ところがどっこい、なんとわずか3分で同点にするレッズ(現場では10分くらいだったかと思いました)。那須が陽介のニアへのCKから高速ヘッドをゴールへぶち込む。その時の歓喜は今でも涙します。神様、仏様、那須様。かつて那須のヘッドに泣かされた自分が、那須のヘッドで泣くとは。

 ちなみに試合後、ミシャはセットプレーの練習はしとらんと強弁。そうなんですか?選手で決まり事つくってるんですか?信用出来ません。守備練習、セットプレー練習を本当にしなかった広島に配慮しての発言ですかね。

 さて試合はその12分後(78分)、左に進入した司からのセンタリングを、オフサイドポジションにいた興梠がヘッドであてて得点。瞬間、オフサイドかなと思ったので(興梠も線審を確認してました)、すぐには喜べず、ハイタッチも自重したんですが、ゴール判定。遅ればせながら盛大に喜びました。

 ところがオーロラビジョンに、みえみえのオフサイドシーンを流してしまった埼スタの担当者。ありゃまずいよね。あれだけわかりやすいと鹿サポも鹿選手も後に引けない。

 その時点で、隆治が英断をすれば良かったのですが、鹿の抗議から線審をまもるので精一杯。彼自身、オーロラビジョンは見れなかったかもしれません。あの状況で、なんの情報サポートも受けられず、判断せざるを得ない隆治にやや同情。無線が欲しくなりますねぇ。

 一説には線審と興梠の間に入った森脇の頭がでかすぎて、興梠のヘッドが見えなかったとかw ま、興梠が触ってなかったと誤解したというのはあり得る話。私も、司のシュートが直接入ったのかと思った位ですから。

 ちなみに、この鹿からの攻撃に対し、隆治が抗議する小笠原とダヴィにイエローを毅然と配給。事態はますます泥沼w

 もうけものの得点とはいえ、こうなれば攻めの勢いは増すばかり。というか今回はここで守りに入る悪い癖が出なかったのが良かった。ずるずる下がっていたら、鹿に確実にやられてたでしょう。もっとも、一時、ラインが下がりかかったのも事実。危ないところでした。それもなんとか凌ぎきりました。

 そしてほぼロスタイムに入ろうかという89分。危ないシュートを撃たれた後の、順大からのボールを興梠がつぶれて元気にボールが渡し、そのまま元気がドリブル突進でシュート。曽ヶ端が弾いたボールをゴール前に詰めていた司が技ありのループシュートでゴールという美しい展開。狂気乱舞です。

 それでもアディショナルタイムの5分の怖かったこと。慣れないコーナーでの時間稼ぎも披露しつつ、なんとか逃げ切りました。

 忘れてはならないのはこの試合、暢久がリーグ戦初出場したこと。途中交代で入った本山潰しがミッションなのはみえみえ。きっちりその仕事をこなした暢久はさすがです。改めてほれぼれ。
Conv0010
第11節、レッズ3-1鹿、北ゴル裏、佐藤隆治、46,649人、雨、午後7時3分、5月11日、土曜、鹿を抜いて暫定3位、栗鼠が今季初の敗戦。鞠は勝ち。栗鼠との差は勝ち点6差)

:                   **************************

・雨の中とはいえ、セレモニーがあるといこともあり、続々と集まるサポ。前抽先発で入場した私には分からなかったものの、シャトルバスは大変な混雑だったようで。入門の待機列も通常40分くらいではけるのに1時間以上かかってました。これもポンテ効果?晴れてりゃ5万超えもあったはず。営業的にはなかなか観客動員数が増えないのはつらいところです。

・試合前、メインゴル裏寄りの特別席に伸二とたぶん伸二のチームのスタッフが着席。伸二が来ると負けると言うジンクスを破れて重畳。彼らの目にレッズはどう映ったんですかね。

Conv0004

・メモリアルということで、アルシンドとポンテがピッチの特設ステージに登場し挨拶。ポンテが挨拶の最後に「We are Reds」。言いたかったんだろうな。

・Jリーグ20周年のメモリアル試合に抜擢された佐藤隆治君。リーグが嘱望する若手エリート審判。その抜擢が裏目に出ましたね。もっとも、佐藤くんが悪いと言うより、線審が,,。まぁ、香港で研修してくればいいんでは。家本もそれで更正したし。

・しかし、あのコロコロ倒れて、審判にアピールする醜い鹿を久しぶりにみました。セレーゾ流なんですかね。みっともなさ過ぎ。それにあわせていちいち笛を吹く隆治もいかがなものか。彼はこの日、必要以上に教科書的な笛を吹いてましたな。それなりに記念試合を意識して模範演技をしたつもりなんでしょうが、結果があの誤審では水の泡w 個人的には、村上と家本、雄大がお気に入りですが、昨年に比べて苛立つケースも多いのが悲しいところです。

・順大はばたばたぶりが目立たなくなってきたのは重畳。

・興梠は、古巣相手に疑惑のゴールとあって、もやもやしてるでしょうが、審判が認めたんだから悩まなくてもいいのよ。

Conv0009

・司のテンション凄かったな。血管切れないように。

・試合後の歌い上げにポンテも参戦。背中の「ポンテ」には笑った。

Conv0011

・試合後の挨拶の後に、槙野が誕生祝の歌を謳ってもらいにゴール裏に登場。電光掲示板の上に乗っかって、歌を要求。自ら、指揮をするふりをしてハッピバースデイを謳わせようとする。広島と違って、レッズサポが選手に主導されて、謳う体質でないことを分かってないのか。でも謳ってやりたいので、槙野が背を向けたところで歌い出すレッズサポ。ツンデレ体質極まれりというところ。それにしても槙野はその辺の呼吸を森脇の誕生日に学習しなかったのか。

・試合後、北門を出た瞬間、暢久チャンとがスタジアムに鳴り響く。嗚呼、もう少し粘っていればよかった。

・この日マッキーのマッキー即日完売w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

【参戦記】第10節セレッソA戦2-2

Conv0005

どうしてあれだけ押せ押せでいながら点が取れず、先制点を食らうかなぁ。前半のチャンスを決めきれない興梠。で、同点は後半に入った元気のドリブルでたたき込んだもの。逆転弾は丸塩のCkから那須が押し込む。

個人技、セットプレーで点が取れるのは良いんですが、肝心のボール回しからの得点が内のが残念至極。攻撃の展開を見ているだけで楽しいサッカーなんですが、歓喜のゴールにつながらないもやもやはなんとも言い難い。

Conv0003

阿部ちゃんが累積欠場で、陽介が下がり、そこにヤジシン。ヤジシンは相変わらずいいポジションにいますが、結果は出せず。

前日、京都入りして、伏見周辺の神社巡りをして京極スタンド、大阪に移動して十三屋という豪華リレー。翌日は新世界に乗り込み、滋賀から始発でシート貼りをしてくれた勇士とお酒を嗜み、万全の体勢で試合に臨んだのに引き分けとは。残念です。あまりの悔しさに審判が扇谷だったことを失念してました。

しかし、前から注目していた杉本にやられ、嫌いな蛍にやられ、俺たちの柿谷が活躍できないってどういうことよ。ま、いいけど。

第10節、セレッソ2-2レッズ、北ゴル裏、扇谷健司、32,378人、晴、午後6時4分、5月6日、月曜・祝日、4位、相変わらず栗鼠が首位。1試合少ないとは言え勝ち点は9差!!)

・行きの御堂筋線でコールリーダーと遭遇。骨折はどうなってんですかね。
・この日は良い天気。暑い。久しぶりにアイスクリームを長居で購入。

Conv0001

・帰りはEXのポイントでグリーン車で帰ったものの、以前よりあまり快適に感じず。悔しさのせい?
・この日帰りの新大阪の反対側のホームに選手が。相変わらず平川がひとりぼっちなのが可哀想な。

Conv0004

・セレッソのメイン側のポスターはなかなか面白い。

Conv0002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

【観戦記】ACL予選第6戦 ムアントンA戦0-1 勝ったものの、無念な試合。崩れ落ちるオヤジ達

残念ながら、今年のACLは3位で予選敗退してしまいました。最後の試合であるアウェイでのムアントン戦は勝利したものの、広州と全北の試合が引き分けになりジエンド。全北の負けが予算通過の条件だっただけに、全北アウエィ戦のアディショナルタイムで同点にされた失点が悔やまれます。

戦前、浦和のホイスにオヤジ3人と息子1人。これに飛び入りオヤジが1人集まったと思って下さい。巨人戦をTVで流れている中、スタメンの予想をしつつ、前哨戦。おおかたの関口トップ下予想に対し、「ヤジシン」と言って却下された私ですが、実は正解でした。

それ以外では、怪我で先発出来ない槙野に代わり、ツボ右、森脇左の布陣。累積警告で欠場した啓太の穴は陽介が下がって埋める布陣。ヤジシンの先発予想とともに私は暢久の先発予想もしましたが、これはヤジシン以上に不評。他のオヤジにすぐ却下されました。暑さに弱い暢久が出る訳もなしとのおしかりを受けました。ごもっともで。

試合は、レッズの慎重な入りで始まりました。無理押しせず、守備を意識した展開。清水戦、広州戦でやられた裏とりのロングボールを教訓にしてのことなんでしょう。ですがその分、今年の浦和らしい圧力がかからず、0-0で前半終了。

それにしても、広島時代、攻撃サッカーという自分のスタイルを崩さなかったミシャが、さすがに浦和に来ると、守備を意識した戦術を組むんですね。リーグ戦でも、練習でも守備に気を配るというのは広島時代ではあり得ない姿。

とはいえ、失点をしないための隠忍自重型の試合は見てる方はやきもき感十分。そんなやきもき度がかなり高まった48分。那須の見事なダイビングシュートがでました。泣きました。

ただ、その後も、リスクを避けた展開で、追加点はならず。ネットで広州と全北の試合をウォッチしていたお仲間の、「引き分けです」の言葉にオヤジ達は一斉に崩れ落ちたのでしたorz

それにしても、思ったより苦労した試合。負けないために耐えた試合でした。なのに広州と全北は図ったかのような互助会引き分け。まぁ、お互い無理はせずになるのは見えてたんですが。

それにしても、悔しい。勝って、柏と3連戦したかったのにw

ACL予選第6戦、ムアントン0-1レッズ、TV観戦、ハッサン・モハメド、7348人、晴、午後7時:日本時間午後9時、5月1日、水曜、3位で予選敗退)

・ヤジシンのプレーはやはり何かを感じさせますなぁ。ワクワクします。縦の動きで魅せる元気と、コンパクトに前後左右に動き回るヤジシンは好対照ながら、どちらも魅力的です。
・ムアントン戦には1200人が参戦との話がありましたが、どうだったんでしょう。声は良く聞こえてました。参戦された皆様、ご苦労様でした。

・今日(5月3日)、栗鼠が大分に勝ち、6連勝で首位キープ。鞠はホームで鹿島に1点差で負けていたのにロスタイムに追いついて引き分け。暫定3位のレッズの下には鹿島、桜と続きます。桜は、俺たちの柿谷が2得点し、0-3で湘南に勝利。待ってろよ柿谷。6日はぼこぼこにしてやる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »