« 【参戦記】第12節鳥栖H戦6-2  大量6得点ながら得点者は全員別、待ち望んだ快勝、なんだがね | トップページ | 【参戦記】ナビスコ準々決勝 セレッソH戦1-1 冷や冷やの同点 準決勝へ »

2013年6月29日 (土)

【観戦記】ナビスコ準々決勝 セレッソA戦0-2 
やっぱり柿谷は気持ち悪かった

まだ、仙台戦もレイソル戦も書いてない私。まずは直近のセレッソ戦から。

ACLを除けば今年初めて参戦できなかった試合。TV観戦はいけませんね。場所をわきまえず、ゴールシーンでつい大声を出してしまい反省しきり。しかし、日曜午後7時KOの遠方アウェイは無理よ、無理。もう1時間早ければ行ったのになぁ。KO時間が決まる前に予約したホテルも新幹線もキャンセル。京都の神社巡りも、十三の夜も夢と消えました。

さて、元気が大原での練習中に暴挙に出て、干されて帯同ならず。困ったもんです。このところ元気のドリブルのアクセントがレッズの攻めに変化と厚みを持たせている思ってただけに残念至極。攻撃力があり、のりのりのあの柿谷もいるセレッソ相手に、いやな予感。ただ、攻撃的なセレッソはレッズにとって、ある意味与し易い相手。そこに期待はしてました。

しかし、元気は純粋ではあるものの激しやすく、感情のコントロールが効かない性格は何とかなりませんか。このままだと、あのダースベーダ-のようにダークサイドに落ちてしまわないか心配です。気づいたら栗鼠にいて、ガンバに移籍して、最後はカタールにいってしまわないように祈ります。

さて、試合。思った通りセレッソは守備より攻撃ということで、レッズの中盤へのプレスが甘い。おかげで、中盤を好きなように使わせていただけ、やりたい事が出来る展開。前節の仙台戦のように、しつこくプレスかけられて、やりたい事が出来ない状況とは大違い。

もっとも、それでもセレッソはサイドで追い込んで、パスを断ち切り、攻めに転じる思惑はあったようです。とはいえ、それがなかなかうまくいかず。レッズ的には追い込まれて苦し紛れに出したボールが、結果、レッズ側におさまる幸運?もあって、なんとか試合の主導権を握り続けた感じ。

それにしても1点目の順大→丸塩にわたったボールを、丸塩が見事な縦パス。これを興梠が裏を抜けて受けて、キーパーをかわしてのゴール。

後半、カウンターから司、啓太、陽介と渡ったボールを受けての興梠のゴールも美しい連携プレーが見事。相手の裏を取っての得点、そして、相手をキレイに崩しての得点は痛快です。

もっとも、セレッソにもチャンスはありましたし、やはり柿谷は怖い。彼にボールが渡ると何が起こるか予測が付かない。触れただけのボールも危険なところに飛んでひやっとさせる。いやな奴です。でも、そこに惹かれるんですよね。

レッズ愛度の高いw私は、他チームの選手を好きになることはほとんどありません。世間には他チームの選手が好きな方も多いですが、狭量な私は基本、それはだめ。某京都のサポは昔からセレッソの某選手を愛していましたが、私はそれを苦々しく思っていたもんですw もちろん鹿時代の内田が好きなレッズ婦女子も嫌いでしたw

しかし、そんな私にも例外が。それは瓦斯の石川。あのトリッキーな動きとパンチのあるシュート力に惹かれてました。

そして、その例外に最近加わったのが柿谷。初めて見た“天才”プレーに感動。と言っても、その「気持ち悪い」動きに感動したんですが。変ですよね。くねくね動いて凄いプレーをする。た才能はあるのに、協調性のないプレーぶりも気にいりましたw

その柿谷が一度は干され、そして更正し、今や代表候補。ああ気持ち悪い。

で、その柿谷にやられず良かった。このほかにも、セレッソには扇原、蛍と若くて危険な選手がいますが、何とか押さえきったのは重畳。ただ、驚かされたのは後半、途中出場した南野。まだ18歳?怖いねぇ。ジャイアントキリングの椿の性格と人相を悪くしたような風情ながら、プレーは危険な臭いがたっぷり。

もっとも、レッズにも陽介のバー直撃のシュートや、PK奪取のチャンスもありましたから、お互い様。クルビの言うように、プレーの内容にあった妥当な結果になっって良かったです。サッカーはプレーの内容とは逆の結果になることが良くありますから。

日曜日の第2戦、レッズが嫌いでリベンジに燃える柿谷が結果をださない事を祈ります。

ナビスコ杯準々決勝第1節、セレッソ0-2レッズ、TV観戦、家本政明、16,602人、曇、午後7時4分、6月23日、日曜)

・オフィシャルのチケット購入の告知は五月蠅いほど。よほど売れていないんでしょうね。シーチケ組にも、この試合はシーチケに含まれてると勘 違いしてた人もいるし。あ、それからキックオフは午後6時ですよ。7時ではないですよ。私もつい先週まで勘違いしてましたんで、皆さんお気をつけを。

・この日、家本主審ににやり。安堵した私。ただ意外にPKには渋かった。
・途中出場のヤジシンチャンス時の動きに。何かを感じる。
・途中出場の暢久。チャンス時の気の抜けたシュートにやはり何かを感じるw
・2ステージ制反対のダンマクをまた掲出。
・1万6000人なら金ちょーでもよかったのではw

|

« 【参戦記】第12節鳥栖H戦6-2  大量6得点ながら得点者は全員別、待ち望んだ快勝、なんだがね | トップページ | 【参戦記】ナビスコ準々決勝 セレッソH戦1-1 冷や冷やの同点 準決勝へ »

セレッソ戦」カテゴリの記事

ナビスコ戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

観戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/57685569

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】ナビスコ準々決勝 セレッソA戦0-2 
やっぱり柿谷は気持ち悪かった
:

« 【参戦記】第12節鳥栖H戦6-2  大量6得点ながら得点者は全員別、待ち望んだ快勝、なんだがね | トップページ | 【参戦記】ナビスコ準々決勝 セレッソH戦1-1 冷や冷やの同点 準決勝へ »