« 【参戦記】第14節 甲府A戦@国立 0-1 おしん勝ち これができるうちは強いよ | トップページ | 【試合展望】第16節 川崎戦 危険な布陣を見たい私と、そうではない私の葛藤w »

2013年7月13日 (土)

【参戦記】第15節 瓦斯H戦2-2 あともう一息届かなかった悲喜こもごもな一戦

Conv0001

今日はもう川崎戦。中2日は早いよ。疲れがとれん(選手はもっと辛いだろうが)。ムッとする気候の中、駅からわずか1キロ歩く帰路が辛い今日この頃。90分動き回る選手に脱帽。いくらお仕事とは言え大変だよな。しかし陽介はあの髪暑くないんかい。切りなさい。

Conv0002

で、甲府戦から中3日のホーム平日の瓦斯戦。まぁ、うまく嵌められ、かつ切れのない動きからくるミスで、カウンター気味の2失点をした試合。よくぞ残り10分から同点に持ち込んだもんです。まさに個人技の2得点。ここで勝ち点1を拾ったことは大事ですよ。大事。

試合開始後、うちの中盤に対するプレスがそれほど執拗ではなかったため、この試合行けるかなと思ったのもつかの間。次第にパスミス生まれ、窮屈なパス交換でやりにくさがじわりと高まった試合。選手のインタビューを読むと、かなりやりにくかったようです。

Conv0003

ナビスコを予選落ちした瓦斯は中断期間をうまく使って対戦相手の準備をしたんでしょう。前節の広島と似たタイプのうちとやるのだから予行練習もすませた感じ。いつものうちらしくないスカッとしない展開と、ミスが目立つ試合。このところ3試合ともそんな感じなのが気になります。

失点もパスミスからのカウンター気味のもの(だと思います。まぁ記憶はいいかげんですから。このブログは私が「見た」と思い込んだものをベースにしてるんであまり信用しないで下さい)。

最初の失点(11分)に至るボール回しのパターンは瓦斯が、その前に2回ほど繰り返してたもの。明治の三田(何という節操のない名前なことか)が右サイドに侵入し、ゴール前にボールを供給するというものです。ただ、3度目は、その三田が切れ込んだ後、自らボールを保持したまま、中に入り込んできてシュートを放つという変則パターン。この時、レッズの選手の詰めがあまかったんですよねぇ。油断。しかもそのボールがリフレクションして角度が変わり、順大が反応できず失点という展開。

もっとも現地ではそのリフレクションが分からず。順大どうした、つぶやきも。

2点目のきっかけは槙野かな。ボールを奪われ、後は、うまく崩され失点。しかも後半が始まって10分頃の失点。本来なら、この辺の時間帯で同点に追いついていたかっただけに、チトショック。タイミングは最悪。

ちなみにこの失点の直前、肉離れ?をした啓太に代わって丸塩が入ったばかりでした。

Conv0004

皮肉なのは、この丸塩のinの後から、ボールが落ち着き始め、可能性がみえてきたこと。とは言え、イケイケではないところが辛い。2得点してる瓦斯がきっちり引いてますから攻め込むのは簡単ではない。それでもなにかありそうな感じ。幸い時間はたっぷりある。

しかし、1点返すまでこの後、30分近くあがくことに。辛いですよ。そんな時、後ろのおじさんサポは凄く燃えてました。いつも燃えてますが、こういう逆境がとても好きなようです(私は普通。普通って何?ですが...)

ちなみに、啓太の途中交代の影響で陽介がボランチに下がり、丸塩が前に入るとチームが落ち着くというのは、最近の傾向。交替のおきまりパターンになってます。丸塩が前でボールを保持してくれること、そして、陽介が結構フリーで攻撃を指揮れるようになるからなんでしょう。

ところで、この日の陽介は走らないし、切れが悪かった。コーナー近くでボールを奪われたときも全然走れず、亀さんみたいだったのは衝撃でした。大丈夫かい陽介と心のそこで叫んだ私。

もっとも、啓太も今一つ。瓦斯が密集した守備をしてるせいもあるんでしょうが、右へ左への差配ができず、精彩を欠いてました。槙野、森脇はミス連発。あろうことか俺たちの那須もパスミスであわやのシーンもあったわけで、ま、かなり酷かった。そんな中、後半次第に、ミスが減っていったのが引き分けへの序章だったんでしょう。

残り10分の興梠、元気のシュートは素晴らしいの一言。興梠の最初のタッチから角度のないところを決めきるプレーは凄かった。元気も右で撃てるチャンスに、左に切り返して左足で撃って決めたのは、いい経験になったんではないでしょうか。楽しみです。

最後に。順大の悪い癖がまた出始めてます。こういう試合こそ、落ち着かせる時は落ち着かせてよ。渡邊にボールをぶつけなくても良いんですが。その時の渡邊は結構危険でした。もっとも、その前の色々なところで馬鹿だったんで危険なシーンで救われたのを、今思い出しました。精度のなかった瓦斯さんありがとう。

Conv0005

第15節、レッズ2-2瓦斯、北ゴル裏、木村博之、 25,638人、晴、午後7時35分、7月10日、土曜 栗鼠も勝って勝ち点差5の2位)

|

« 【参戦記】第14節 甲府A戦@国立 0-1 おしん勝ち これができるうちは強いよ | トップページ | 【試合展望】第16節 川崎戦 危険な布陣を見たい私と、そうではない私の葛藤w »

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

瓦斯戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/57778564

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】第15節 瓦斯H戦2-2 あともう一息届かなかった悲喜こもごもな一戦:

« 【参戦記】第14節 甲府A戦@国立 0-1 おしん勝ち これができるうちは強いよ | トップページ | 【試合展望】第16節 川崎戦 危険な布陣を見たい私と、そうではない私の葛藤w »