« 【観戦記】ナビスコ準々決勝 セレッソA戦0-2 
やっぱり柿谷は気持ち悪かった
| トップページ | 【参戦記】第14節 甲府A戦@国立 0-1 おしん勝ち これができるうちは強いよ »

2013年7月10日 (水)

【参戦記】ナビスコ準々決勝 セレッソH戦1-1 冷や冷やの同点 準決勝へ

Conv0003

明日はもう中断から2戦目の瓦斯戦。国立甲府戦も書いてません(泣

ということでメモでとりあえず。

さすがに学習したセレッソ。試合開始後からのコンパクトな体制は驚異的。というか両者とも同じようなコンパクトな一缶関係にあるので20~30メートルの間に密集する選手の間でボールが動く異様な展開。

Conv0001

そんな中、6分、やはり恐れていた柿谷が良いポジションでゴール斜め前でボールを受けて、これもいやな臭いをぷんぷんさせていた南野に、ボールを保持しながら、適確なタイミングでパス。南野にキレイに決められる。

こうなると、もう失点は許されない状況。そんな中、34分、梅崎が起死回生のゴールを決めて同点。ドリブルで相手守備陣を2度翻弄して打ち込んだシュートは秀逸。

昨年の6月、豪雨の万博での梅崎の決勝弾を思い起こさせる、同じような位置からのシュートでした。

この日、興梠が怪我で不在。元気と丸塩が先発でどうなるやらと思ったらやはりパンチが効かない展開。もっとも、元気が随所に良いパスをしていたし、司のゴールも園一環。いいんだが、やはりレッズは興梠ありきのチームなんだなとある意味納得。

Conv0002

ちなみにセレッソのコンパクト体勢は後半には崩壊。ま、練習たっぷりやっとかなきゃ無理でしょう。おかげで追加点は取られずに済みました。

これで準決勝に進出。浦和の韓国料理屋で祝杯。隣には、さいたま新都心で開かれたSHINeeのコンサート帰りのお嬢さん。最後に会話をしましたが、もっと話しとけばよかったw

ナビスコ杯準々決勝第2節、レッズ1-1セレッソ、ゴル裏、飯田淳平、22,743人、曇、午後6時、6月30日、日曜)

Conv0004

・この日、飯田淳平ながら気にならず。
・後半、阪野がinの準備をしたので期待してたら、急遽、啓太がoutで暢久がin 嬉しいやら残念やら。
・日曜とは言え、天気も悪くなく、大事な試合ながら2万人台。もう少し来て欲しいよなぁ。

|

« 【観戦記】ナビスコ準々決勝 セレッソA戦0-2 
やっぱり柿谷は気持ち悪かった
| トップページ | 【参戦記】第14節 甲府A戦@国立 0-1 おしん勝ち これができるうちは強いよ »

セレッソ戦」カテゴリの記事

ナビスコ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/57759921

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】ナビスコ準々決勝 セレッソH戦1-1 冷や冷やの同点 準決勝へ:

« 【観戦記】ナビスコ準々決勝 セレッソA戦0-2 
やっぱり柿谷は気持ち悪かった
| トップページ | 【参戦記】第14節 甲府A戦@国立 0-1 おしん勝ち これができるうちは強いよ »