« 【観戦記】さいたまシティカップ レッズ1-2アーセナル
みっちゃんの呪いはいただけないが 花試合はそれなりにおもろい
| トップページ | 【参戦記】第19節広島H戦3-1
相性がいいのは分かるけど、それを差し引いてもうれしさ爆発  »

2013年8月 3日 (土)

【参戦記】第18節ジュビロA戦1-2
だめだめなおしん気分を吹っ飛ばした最後の15分

Conv0001

 いやぁ、疲れました。試合は勝ちましたが、フラストレーションの高まる試合展開。しかし、「何か」が今回も関塚に発動した模様で勝利しました。シーズン途中から5試合負けなしの関塚。でも3試合勝ちなしの関塚。で、今回は負けましたw

 それにしても、相変わらず動きが鈍い。前半戦初期のあの動きはどこへ行ったんでしょう、お母さん。それでも、パスをつないでビルドアップし、ここぞと言うときに縦パスを通そうとするプレーは見えました。が、スピードが遅いし、縦に入れるより戻すシーンが多く、相手への脅威にはなりませぬ。逆にそのパスを奪われる展開。ようは縦への迫力がないんですよね。

 啓太が負傷不在でやりくりに困る布陣。啓太の不在がここまで効くのかというのが悩み深い。替わりがいないんですよ。結局、那須をボランチにあげ、DFのセンターはミッツ。那須は良いけど、ミッツが怖い事、限りありません。

 もちろん那須がいつまで怪我せずいけるかは分からない以上、ミッツは大事なパーツです。ただ、相変わらずの飄々としたたたずまいで、ミスを繰り返す。悩ましい。

 そこで提案。どうでしょう、ここは暢久をボランチに。

 以上、毎度の宣言です。

Conv0002

 後半は前半よりも、セカンドボールを拾えるようになったのが光明。

 ただ、そんな中、永田が駒野に対応出来ず先制点を食らう。直後、永田に変えて丸塩が入る。仕方ないですが、永田が復活するのはいつやら。

 もっとも、ミッツに限らず、レッズの選手のボールホルダーへの詰めの甘さが気になります。後半終盤では結構詰めていただけに、残念な失点です。とは言え、相手を翻弄するビルドアップ、パス交換からの縦へのパスの面影がありません。

 そんな渋い展開の中、辛いサポートを80分以上続けたところで、今度は同点弾。弾というよりころころボール。サイドラインを割りそうなボールを粘った槙野が生かして、フリーの平川へボールを渡し、平川がかすってシュート、それを丸塩がちょっと触って何とかゴールに転がした得点。地味w

 そして、「Pride of Urawa」が始まったアディショナルタイムの3分に、ツボの投入でポジションを左サイドに上がっていた森脇ががミドル弾を決める。そのシュートを某駒野が触ったおかげで絶妙なところにボールが飛んで、川口対応出来ず。駒野様ありがとう。

 ちなみに、このときの元気のパスは絶妙。守備にも献身的なプレーが増えていて、成長が見えます。とは言え、元気のがむしゃらな縦への動きが少なくなると、元気の魅力もやや半減。この辺のバランス、難しいです。

 さらにその後、元気から絶妙のパスを受けた興梠がキーパーと1対1になりながらゴールチャンスを決めきらず、その直後、試合終了。

 この試合、救われたのは、ジュビロのシュートの精度があまり良くなかったこと。あわやのシーンは結構ありましたが、横に外したり、宇宙遊泳に旅立ったりと、ひやりというシーンで決められなかったのは幸いです。

 休みをとってエコパに来たかいがありました。

Conv0003

  さて明日というか今日は、勝ち点差5の首位広島との戦い。前節、大宮に大量得点で勝利した広島戦。啓太がようやく帰ってくる気配。これをきっかけに、レッズらしさがもどる事を祈ります。

 ただし、宇賀神も怪我あけ以来ぴりっとせず、ミッツはあんな感じ。司は脳震盪(目の負傷とも)だけに次節の先発選びは難しそう。そして代表組は中2日、中2日での試合。ウイークポイントは満載です。

 一方、柏木の縦パスが復活をし始めてます。後半、得点の起点となったパスも演出。体調、感性が復活し始めていることを祈ります。とは言え、広島の選手が万全な体調で試合を迎えるなら、未だボロボロ感のレッズの苦戦は必至。しかし、なんでうちがあんなにに疲労してるんですかね

第18節、レッズ3-1ジュビロ、ゴル裏、山本雄大、20,049人、晴、午後7時4分、7月31日、水曜、4位)

Conv0004


・11時半に浜松着。昼飲み出来る店はないかと平日の浜松駅周辺や鍛冶町を彷徨。結局、開店している店は見つからず。浜松餃子専門店店も午後2時には閉めるランチタイム仕様。仲間は1時半着の予定。しょうがないので駅ビル内の六丁藏でお茶を濁す。観光する町ではないことが良く分かりました。

・結論。酒飲みおやじには辛い土地。やっぱりエコパは駄目だわ。遠征しがいがない。

・この猛暑にもかかわらず、相変わらずペットボトル持ち込み禁止を標榜するジュビロフロントの頭の中が見たい。カップに移し替えてもカップホルダーのない貧弱なスタジアム。どうしろというのかね。この時期ペットボトル2本くらいは持ち込まないと辛い。そんなことをみじんも考えず、過去の取り決めに固執するチームはもはや遺物ですな。

・相変わらず、順大はトリッキー。怖いよぉ。

・エコパ、勝利の歌を歌い上げる時、必ずボリュームを上げて広告を流す。せこいやつらだ。

・帰りの新幹線は掛川22時2分。愛野駅の21時半前の臨時列車にぎりぎり乗れました。この後の47分の列車が新幹線への接続最終列車。静岡でひかりに乗り換えて東京へ。しかし、この列車だと東大宮の終電に間に合わない。大宮からタクシー2600円が痛い出費でした。

|

« 【観戦記】さいたまシティカップ レッズ1-2アーセナル
みっちゃんの呪いはいただけないが 花試合はそれなりにおもろい
| トップページ | 【参戦記】第19節広島H戦3-1
相性がいいのは分かるけど、それを差し引いてもうれしさ爆発  »

ジュビロ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

仲が悪い芸能人

投稿: 上戸彩 カップ 画像 | 2013年8月20日 (火) 02:07

読書感想文なんてものには全く意味が無い 檸檬ですね、分かります。

投稿: 柳原可奈子 ブログ | 2013年8月 3日 (土) 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/57916074

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】第18節ジュビロA戦1-2
だめだめなおしん気分を吹っ飛ばした最後の15分
:

« 【観戦記】さいたまシティカップ レッズ1-2アーセナル
みっちゃんの呪いはいただけないが 花試合はそれなりにおもろい
| トップページ | 【参戦記】第19節広島H戦3-1
相性がいいのは分かるけど、それを差し引いてもうれしさ爆発  »