« 【参戦記】第26節 甲府H戦1-1
最後の最後、なぜ粘れん
| トップページ | 【観戦記】第28節 栗鼠H戦4-0
先制するもののピリピリする展開。後半のカタルシスで爆発だ »

2013年10月12日 (土)

【参戦記】第27節 湘南A戦2-2
なんでリードされるん。執念の同点も嬉し悲し

Conv0006

引き分けました。なんでですかね。というか試合内容では負けた試合。何とか神がかり的に同点に追いつき、さらに追加点の押せ押せの終盤ながら、結局そのままジエンド。

負けなくて良かったですが、本来なら降格争い中の湘南に勝ち点3を取って当然。勝ち点2を取りこぼしました。甲府、湘南と降格圏内とそこに近いチーム相手から得た勝ち点はわずか2。勝ち点4を失いました。

Conv0007

こんなチームが優勝を語るのはおこがましい。半ばあきらめました。が、優勝はして欲しい。もし優勝できるのなら運がよかったと言うべきなんでしょう。

先制点を取ったときには、これは行けるとは思ったものの、なぜか攻めが鈍いレッズ。というか、今シーズンの前半に見せた外連味がほとんど見られない今日この頃。前への推進力が弱まり、横パスが目立つ展開。夏以降、そんなスカッとしない試合展開に不安はありましたが、その不安が的中して同点、逆転をくらいます。

Conv0005

同点はPK。こちらからはよく見えませんでしたが、森脇の危険なプレーだったようで。ある意味不運ともいえる同点PKから、ただでさえよかった湘南の動きが2倍増。こりゃやられるなと思った通りにディフェンダーの遠藤のヘッドで逆転をくらいます。

それでもよく90分に同点に追いつきました。と言うか同点に追いつき、その後勝ち越し点を狙うレッズの動きはなかなかの迫力。この粘りと執念をもっと早く見せて欲しかったと言うのが本音です。

;試合後、平塚で予約していただいた駅近くのお店で19人の盛大な反省会。なんとか気晴らしは出来ました。

この日、広島は鳥栖に勝ち、引き分けた首位鞠に勝ち点差2の2位。レッズは勝ち点差4のままながら、鹿島に勝ち点差1で肉薄される状態に。

第27節 湘南2-2レッズ、バクスタ、佐藤隆治、13,743人、晴、午後4時4分、9月28日、土曜)

Conv0008

この日も山岸が先発。那須が累積で出られず、暢久がDFとして入るという、個人的にはよだれの出る試合でしたが、結果はアボーンな試合。なんだか。

湘南と言えば生シラス。前々日まで台風で漁に出られず、食いっぱぐれるかと思いましたが、何とか、試合前の生シラス昼食を茅ヶ崎で堪能しました。釜揚げやしらす入りの薩摩揚げも美味。

・スタジアム周辺の屋台はそれはそれなりに魅力的。地ビールなどを堪能しました。しかし、蚊がいるんだよね。刺されました。

|

« 【参戦記】第26節 甲府H戦1-1
最後の最後、なぜ粘れん
| トップページ | 【観戦記】第28節 栗鼠H戦4-0
先制するもののピリピリする展開。後半のカタルシスで爆発だ »

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

湘南戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/58365530

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】第27節 湘南A戦2-2
なんでリードされるん。執念の同点も嬉し悲し
:

« 【参戦記】第26節 甲府H戦1-1
最後の最後、なぜ粘れん
| トップページ | 【観戦記】第28節 栗鼠H戦4-0
先制するもののピリピリする展開。後半のカタルシスで爆発だ »