« 【参戦記】第30節 柏H戦2-1
2点先制もがっぷり四つの膠着戦
| トップページ | 【遠征記】試合前十三、試合後西中島南方 これ定番w »

2014年3月 6日 (木)

【参戦記】開幕戦 ガンバ0-1レッズ
とりあえず守備意識が結果出す

久しぶりの万博

   丸塩が怪我で長期不在という、守備崩壊チームに追い打ちをかけるような仕打ちに不安を抱きながら向かった大阪。ま、それでも新幹線と十三で景気をつけて向かったおかげか、雨も気にならず(と言うか万博の思いでは雨とともにあるんですよねぇ)結果は0-1の勝利。

 守備意識の向上に言及していた選手、監督の言うとおりのプレー内容。セットプレーの流れで槙野がごっちゃんゴールで獲得した得点を、粘り強く守り抜きました。守備に関しては決まり事が出来ているのを感じさせる内容です。

 とは言え、前半こそポゼッションをとりながら、後半は押し込まれる内容。それでも、昨年のようにバタバタする事もなく試合を勝ちに持ち込めたのは嬉しい限りです。ただ、遠藤のフリーキックからの攻撃がオフサイドでなく得点になっていたらどうなっていたのかが気になるところ。同点にされても、落ち着いたプレーが出来るチームになっている事を祈ります。

 守備意識が高い分、派手な攻撃は減るんでしょう。ただ、きちんとした守備をしている方が、自分達のやりたい攻撃をより長い時間出来ると思ってます。守備への自信があればこそ、レッズらしい外連味のある攻撃ができると言うことですかね。

 それにしても改めて西川のプレーの質の高さを感じました。ボールをキャッチしてからの動きがスムーズ。間を取るべき所では間を取り(といってもだらだらと長くはない)、他のフィールドプレーヤとの意識の連携がとれた瞬間に素早くフィードする。そのボールも低く早い弾道で適確に味方に渡る。ゴール前でのサーカス状態がなくなるだけでも数試合分の勝ち点は増えますね。

 それにしても、ガンバは宇佐見がおらず、遠藤も怪我あけで、FW起用と、なかなかつらい状況にあったのは助かりました。その分、レッズの出来に対する評価も差し引かなければならないんでしょうが、勝ちは勝ち。これを自信に変えて落ち着いた強いプレーを今後もして欲しいもんです。次節は、あの鳥栖。激しい攻撃に対して落ち着いてプレーする試合を見たいもんです。

 久しぶりの公式戦。声を上げすぎて翌日の喉は壊滅状態。もっとも、シーズンの到来を体で感じた快い朝でした。今更ながらですが勝つって大事です。

P.S. 
・早くも移籍同士の東西対決が実現(東口:西川)
・ガンバのゴル裏の仕込み花火には笑った。あんな芸風になってたんですか。
・万博はいつもゴル裏ではなく、SMですが、300円値上げの3100円は暴利。新スタジアム税ですか。もっとも、もっと暴利なチームが西のほうにあるようですが。
・今回はガンバサポの小学生を罵声で脅し挙げる赤い人がいなくて、平穏なSMでしたw
・陽介はボランチ、司がシャドーという布陣。まだ今一つ感ながら、今後、選択肢の一つになって欲しい。やはり司はあそこが定位置。
・司に代えて途中交替の李はあの好機に決めてればねぇ。李への元気のパスは秀逸でした。
・相変わらずSM(メインスタンド)なのに売店が貧相過ぎる。
・那須の負傷交替(75分)でみっちゃん登場でどきどき。神に祈りました。
・元気の成長を期待したくなる攻守のプレーぶり。今年こそ爆発して欲しい。
・ちなみにSMのシート貼りは1シート4人と言われたそうで。これ新しいルールでしょうか。

試合後の挨拶

第1節 ガンバ0-1レッズ、3月1日、土曜、万博、西村雄一、SM、18,438人、雨、列整理15:30、開門16:30、KO19:04、)

|

« 【参戦記】第30節 柏H戦2-1
2点先制もがっぷり四つの膠着戦
| トップページ | 【遠征記】試合前十三、試合後西中島南方 これ定番w »

ガンバ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/59249064

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】開幕戦 ガンバ0-1レッズ
とりあえず守備意識が結果出す
:

« 【参戦記】第30節 柏H戦2-1
2点先制もがっぷり四つの膠着戦
| トップページ | 【遠征記】試合前十三、試合後西中島南方 これ定番w »