« 【参戦記】第2節H鳥栖戦0-1 最少失点にとどめたとは言え点が取れなきゃね | トップページ | 【参戦記】ナビスコ予選第3戦 徳島H戦4-3
徳島のみなさんすいません。期待させちまって »

2014年4月16日 (水)

【参戦記】第7節名古屋A戦1-2
苔の一念闘莉王を倒す

Conv0008

早くも第7節。第3節以降の4試合とナビスコ柏、栗鼠戦、書いてませんね(いつか書きます)。その間に、例の二文字による騒動やら、無観客試合やらレッズ周辺は大激動。さらに、十三に続いて鶴橋まで火事に。1週間前に鶴橋で焼肉を食べていた身としては、自分が疫病神でないかと心配さえしました。

Conv0001

さて、なぜか元気がゴールを決めるアウェイ名古屋戦。AT5分での逆転という劇的過ぎる勝利を味わえました。おかげで翌日は祝勝会の飲み過ぎと,喉の痛みが私を襲いました。

今年のレッズは第二節の不完全燃焼の鳥栖戦以降、負けても面白い試合を見せてくれます。特に李、興梠、元気のトリオが成果を出し始めてからはわくわく感たっぷり。それにアクセントをつけるように関根の活躍。守備も安定。この日も、失点してからもバタバタせず、かつ特攻大作戦に突入せず、試合を展開。広島の憎いばかりの落ち着きにはかなわないですが、型が出来つつあるのは僥倖。

Conv0005

とは言え、昨年の破天荒な攻撃力は影を潜め、チャンスは作るけれど得点になかなかつながらないと言う恨みも。攻撃の多彩さでは昨年を上回るものの、打撃力は衰え、守備の脆さは改善と、結局どうなんですかねと思っちゃいます。

相変わらずチャンスは作るけど得点できない症候群だけは継続の感。これをブレイク出来れば、確変できるんですが。その兆しをこの名古屋戦では感じました。もっとも、サッカーは博打性が高いので、ケネディのアレが決まっていればとか、那須がふかしていればとか、ちょっとした差で負けもありだった訳ですが、ここは期待値を高めたいと思ってます。

引いた相手にも攻め込む手立てを持ち始めた感じなので、昨年のようにぐだぐだに試合は少なくなるような気も。その分、面白い訳で。それにしても元気は「9」を背負ってから、攻撃だけでなくアシスト、そして守備に成長し楽しみ。

ただ、鳥栖のように前からプレスをかけられるともろくなるところは相変わらず。名古屋も仙台も自重してくれたおかげで救われた感も。明日、徳島は無茶ぶりプレスをかけてくることを恐れてます。

明日、なかなか出てこれない直輝が登場しそう。関根も出るのか?負けられない試合ですが邦本の登場も期待している馬鹿おやじです。そういえばおーいヤジシン~!

第7節 名古屋1-2レッズ、4月12日、土曜、豊田、今村 義朗、ゴル裏、19,505人人、晴、列整理12:00、開門12:30、KO15:04)

Conv0007

・那須さん残念でした。
・原口はあの角度は強いが、この日はまた特別
・開門前、ゴル裏の待機列が少なく感じてやや残念でしたが、入ってみれば1階はほぼ埋め尽くした感。結構来てた。
・しかしそれでも2万人超えしない豊田
・缶ビール500mlが650円
・でも売り子の女の子は可愛いw
・天井は開いてました

|

« 【参戦記】第2節H鳥栖戦0-1 最少失点にとどめたとは言え点が取れなきゃね | トップページ | 【参戦記】ナビスコ予選第3戦 徳島H戦4-3
徳島のみなさんすいません。期待させちまって »

グランパス戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/59476677

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】第7節名古屋A戦1-2
苔の一念闘莉王を倒す
:

« 【参戦記】第2節H鳥栖戦0-1 最少失点にとどめたとは言え点が取れなきゃね | トップページ | 【参戦記】ナビスコ予選第3戦 徳島H戦4-3
徳島のみなさんすいません。期待させちまって »