« 【参戦記】第10節 レッズ1-0鞠 今年の鞠はやっぱり弱かったw | トップページ | 【参戦記】第12節 甲府0-0レッズ 城福の策に嵌められ無得点  »

2014年5月 5日 (月)

【参戦記】第11節 レッズ1-0瓦斯 粘れる力を再確認 瓦斯は成長途上?

前節鞠戦と違って陽射しの強い天気。当日抽選もこれで4度目。抽選後、試合開始までの5時間半あまり、日陰にこもっておりました。

Conv0002_2

試合は前節に引き続きセットプレー一発の虎の子の1点を粘り強く守り抜いての勝利。これで零封は6試合目。ホームでは4試合目に。ただ、太田の負傷治療と西川の治療のせいもあってATが6分もあり、その長いことといったら。失点してからFWエドゥを投入に前がかりになってきただけに、前節と似たように攻撃をしのぐ展開に。

Conv0004

前半から、千真のミドルシュートや、後半の徳永のゴールポスト直撃のシュートを撃たれるなど、あわやのシーンも。しかし、相性の悪い千真を61分に下げてくれていたので、あまり怖くはなく。千真が交替してから10分後に阿部ちゃんのヘッドが決まったのも皮肉なもんです。

試合前、瓦斯が自由闊達な芸風とはまったく違うチームになっていることに、「選手も可哀想だねー」と話してましたが、千真の扱いにそんな臭いが。

ただ、フィッカデンティが育てつつある新生瓦斯は、リトリート一本槍ではなく、それなりに面白いチームになるかもしれないと予感。KO直後、3枚のFWが高い位置から寄せて、プレッシャーをかけてきたのは意外(もっとも15分ほどしか持ちませんでしたが)。その後も、隙あらば、手数をかけずにシュートまで持ち込もうという狙いは良く分かりました。ただ、ボールを奪ってもパスミスや、レッズの厳しい寄せにボールを失うことが多く、思い通りに行かない所が難点。この辺の精度が高まれば、いいチームになりそうです。

Conv0003

もっとも、レッズもチャンスをつくるものの、決定機はほどんどなく、その点ではつらい試合。ただ、この日の右ウィングは前節の平川に替えて司を投入したり、槙野が怪我でも水輝を投入できたりと、投入する手持ちの駒があり、昨年と違い余裕を感じ増す。64分には司に替えて関根が登場。ワクワクさせるプレーを見せてくれ、色々楽しみが増えています。それにしてもスペースを見つけて飛び込んだり、バイタルまで突っ込んでシュートを撃ちきろうとする関根のプレーは魅力的です。

それにしても陽介の奮闘ぶりには脱帽。得点のきっかけになったCKも陽介が一人ドリブルで瓦斯陣営に突っ込んだおかげ。中盤からのトリッキーにも見えるパスがいずれもずばずば決まる。26日からの3連戦ですべて先発フル出場している選手とは思えません。もっとも、この日、瓦斯が3トップ、5バックのため中盤に大きなスペースができて、陽介がフリーになることがしばしば。おかげで激しい消耗をしいられなかったのも僥倖でした。

Conv0005

さて次節はリーグ戦最後の国立での試合。いろいろイベントがありそうですが、雑音に惑わされず、自分達のプレーをやりきってくれれば勝てるはず。頼みますよ。

第11節 レッズ1-0瓦斯、5月3日、土曜祝日、廣瀬格、ゴル裏、43,564人、晴、KO⇒16:04、上位の鹿は敗戦、広島vs神戸は引き分け、おかげでレッズは4年ぶりに首位)

Conv0006

・今季最多の4万3000人の入場者。もっと増えて欲しいもんです。
・この日は8人でタクシー2台に分乗して浦和へ。1人900円程度。ホイスはお休みなので西口の居酒屋へ。スカパーオンデマンドで各地の試合をチェックしながら祝勝会。

|

« 【参戦記】第10節 レッズ1-0鞠 今年の鞠はやっぱり弱かったw | トップページ | 【参戦記】第12節 甲府0-0レッズ 城福の策に嵌められ無得点  »

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

瓦斯戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/59588212

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】第11節 レッズ1-0瓦斯 粘れる力を再確認 瓦斯は成長途上? :

« 【参戦記】第10節 レッズ1-0鞠 今年の鞠はやっぱり弱かったw | トップページ | 【参戦記】第12節 甲府0-0レッズ 城福の策に嵌められ無得点  »