« 【参戦記】第11節 レッズ1-0瓦斯 粘れる力を再確認 瓦斯は成長途上? | トップページ | 【参戦記】第13節 栗鼠0-2レッズ 栗鼠にただよう危ない臭い »

2014年5月 8日 (木)

【参戦記】第12節 甲府0-0レッズ 城福の策に嵌められ無得点 

Conv0005

うまくやられてしまいましたねぇ。5バックの完全守備に時折見せるロングボールの標的は盛田と外人2人。

Conv0006

ポゼッションと動きを標榜するレッズにはつらい展開。それを承知だからこそ、国立競技場でのリーグ戦最終試合であろうが、自らの戦術を徹底させる城福。また、それを打ち崩すべく努力を続けたレッズの選手。確かに李は不発。槙野も目立つ活躍は出来ず仕舞い、そして結果はスコアレスドロー。とは言え、そんなに面白くない試合ではなかったですよ。ミシャも城福も自らのやり方を押し通したんだと。引き込まれてもっと手も足もでない試合をたんまりみてきましたからね。

もっとも、個人的には徳島に勝ち点3を与えた甲府には当然勝つだろうと安直に構えてたのも事実。世間はそう甘くなかったようで。

ちなみに左サイドの宇賀神は疲労でベンチにも入らず、関口が先発。右サイドは司が2試合連続で先発。これも意外。順番からすれば前節3日の瓦斯戦に先発した司ではなく平川が先発かと思ってました。平川はベンチ入りしてましたが出場せず。この辺の事情はどうなんですかね。

この日も、関根が後半の20分過ぎに元気と交替。相変わらず突っ込みプレーを見せてくれましたが、結果にはつながらず。

Conv0002

終盤、FKのチャンスが2回あったもののものに出来ず。2回目は、壁が近すぎたように思えますが、それならトリックプレーもあったかと。京都が間接フリーキックからゴールを決めたプレーがあっただけに、工夫のなさにはやや残念。

それと、後半の阿部ちゃんのビックチャンス。あそこはパスしないでシュート打って欲しかった。こういう試合の展開であればあるほどチャンスには無理くりでもシュート打って欲しいもんです。何が起こるかわからんのですから(それがカウンターにつながる事もあるわけですが)。

しかし、連戦でフル出場が続く柏木。栗鼠戦大丈夫なんだろうか。

第12節 レッズ1-0瓦斯、5月6日、火曜祝日、山本雄大、ゴル裏、36,505人、曇、KO⇒16:04、開門⇒13:30、鳥栖が勝利した結果、首位を明け渡す。ACL組の広島の試合がなく暫定2位)

Conv0004

・山本審判。結構信頼してる審判です。この日も悪くなかった。昨年の後半、判断基準がぶれていた時期に比べ改善ですかね。筋肉質の自衛隊出身の審判ですが、見た目にやや痩せてきたのが気になる。

・那須鼻血、陽介パイナップル化と乱暴なプレー多し。突然現れた金髪の選手に数秒びっくりw

・この日、いつもの通り私は青山門担当。午前9時と点呼の1時間後という遅い時間に行きましたが、30番目くらい。前回の国立では点呼時間以前に行って3番。入場時間はあんまり変わりませんなw

・で、再点呼は開門1時前の12時半とバイトくんが宣言。おかしいだろ、千駄ヶ谷門、代々木門も30分前なんだが。

・シート貼り後、10時より新宿しょんべん横丁でお仲間と4人で昼食&呑み。同じ店に甲府サポのグループもおり、その方々よりビール1本をプレゼントされる。ありがとうございました。

・試合後、秋葉原で反省会。

|

« 【参戦記】第11節 レッズ1-0瓦斯 粘れる力を再確認 瓦斯は成長途上? | トップページ | 【参戦記】第13節 栗鼠0-2レッズ 栗鼠にただよう危ない臭い »

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

甲府戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/59609490

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】第12節 甲府0-0レッズ 城福の策に嵌められ無得点 :

« 【参戦記】第11節 レッズ1-0瓦斯 粘れる力を再確認 瓦斯は成長途上? | トップページ | 【参戦記】第13節 栗鼠0-2レッズ 栗鼠にただよう危ない臭い »