« 【観戦記】ナビスコ第6節A戦 甲府1-2レッズ 城福の仕掛けに嵌りかけた危険な試合 | トップページ | 【参戦記】第15節H新潟戦1-0 
相変わらずの策士ぶりを発揮する柳下ながら連続オウンで自沈 »

2014年7月19日 (土)

【参戦記】ナビスコ第7節 元気最後の試合は劇的過ぎて“興業”ぽかった

Conv0004

興業としては最高の試合。誰かシナリオを書いたのではないのと思わせる展開。両者で8点。興業ですね。レッズは前節で予選抜けを決めていて、移籍が決まり出場しなかった元気がこの日は先発。一方の名古屋はこの試合勝てば決勝リーグ行きが決まる試合。大事な試合です。ま、レッズとしても元気を送り出す試合に負けるわけにいかんわけで。

Conv0001

しかし名古屋は中途半端だね。勝てば決勝リーグに進める状況ながら、工夫が足りない。というか西野好みの駒と熟成が足りないんだろうが。直前に行われたナビスコの新潟のような確信犯のような仕掛けはなく漫然とプレーをする。まぁ、犬のように詰めてくる永井という選手もいましたが、組織プレーとしては中途半端。

そんな中、試合開始後1分しないうちに牟田が転んでw李がシュート。こんなプレーが3分以内に3回。盛り上がりますわな。もっとも、ここで点を取らずにどうするという思いも。こういうときに点を取らないと..って奴ですね。

この日、左は司、右は平川。ボランチに青木。青木は少しずつフィットしてきていて今後に期待。啓太を含めボランチ陣をうまく回せれば、陽介がトップ下に上がれて攻撃力が高まります。

永井は脚が速いだけで、見ていて悲しくなる。プレーが乱暴で腕を掴んでレッズの選手を振り回す始末。腕が折れるぞ。

先制点は左右にふってから柏木から李、元気で柏木ゴール。それにしても、元気は今シーズン守備をきちんとするようになって良かった。もう少し、そんな元気を見たかったなぁ。

失点はプチカウンター。元気が青木の後ろへのパスを後逸、永井に決められる。この辺、青木のプレーはまだ不安はあります。もっとも青木は前に積極的に出てくる。そういう意味では魅力的だし、一方ミスもあるという諸刃の剣状態。

それにしても名古屋の策のなさが情けない。その後無理押しをしてきたところところを、カウンター返しで原口⇒李で技あり。

後半、前がかりの攻勢で押され気味。松田のシュートは怖かった。ここで元気がシュート。跳ね返りを槙野がガットちゃんゴール。

元気に代わって入った直輝のプレーはなかなかのもの。陽介と2人で疑似トップ下は面白かった。これで復帰できないのかなぁ。もっとも陽介、直輝ダブルは奇策で難しそうなのが悩ましい。

試合の方は、3-1で優位にたったと思ったら今度はついに松田に点を取られ3-2。話作り過ぎ。危ないなと思ったらFK絡みで李が得点で4-2。途中出場の関根も相変わらず良いプレー。ここで関口が5-2になるゴールを左サイドの切り込みから決める。いやいや、できすぎの展開。

Conv0002

そして元気のお別れセレモニー。ともかく興業っぽい試合でした。
ちなみに最近平川さんに惚れてますw

Conv0005

Conv0003

ナビスコ予選第7節、レッズ5-2名古屋、北ゴル裏、飯田淳平、33,837人、晴、午後5時34分、6月1日)

試合後、鳥昇、来々軒。

|

« 【観戦記】ナビスコ第6節A戦 甲府1-2レッズ 城福の仕掛けに嵌りかけた危険な試合 | トップページ | 【参戦記】第15節H新潟戦1-0 
相変わらずの策士ぶりを発揮する柳下ながら連続オウンで自沈 »

グランパス戦」カテゴリの記事

ナビスコ戦」カテゴリの記事

参戦記」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/60006211

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】ナビスコ第7節 元気最後の試合は劇的過ぎて“興業”ぽかった:

« 【観戦記】ナビスコ第6節A戦 甲府1-2レッズ 城福の仕掛けに嵌りかけた危険な試合 | トップページ | 【参戦記】第15節H新潟戦1-0 
相変わらずの策士ぶりを発揮する柳下ながら連続オウンで自沈 »