« 【参戦記】第21節A戦 瓦斯4-4レッズ
お互い引きこもらなければ殴り合い
| トップページ | 【観戦記】ナビスコカップ準々決勝第1節A戦 広島0-0レッズ
何とか最低限のノルマははたしたものの  結局、保一の罠にはまった? »

2014年9月 6日 (土)

【参戦記】第22節 レッズ4-0大宮 司の覚醒継続祈願

Conv0001

終わって見れば4-0の大勝。それでも先制点を取る前半30分まで、相次ぐチャンスを決めきらないレッズに一抹の不安が。圧倒的な攻勢ながら点が入らないというのは今年のレッズに良くあるパターン。17位の大宮にもこれですか、といういやな予感。それは、司が放ったミドルシュートがゴールバーに当たって得点にならないのを見てその気持ちが増幅。その前にも興梠や柏木のあわやのシーンがあっただけにいやな予感はいや増すばかり。

そんな不安を吹き飛ばしたのが30分過ぎの司のゴール。啓太からの得意のサイドチェンジを宇賀神が受け、ゴール前にグラウンダーのパス。これを後ろから走り込んだ司がスライディングシュートを決める。興梠の得点を奪ったとも見えましたがw

Conv0004

さらに数分後、司の縦のドリブルから陽介、興梠とわたって、ヘッドで2点目。3人で完全に崩した得点。中でも、陽介の動きが絶妙でした。

この2点は、いずれも司のプレーが効いていました。元気の移籍以来シャドーで使われている司ですが、結果は今一つ。というか、点を取ってもチームは負ける、引き分ける。点をとってもヒーローになれなかったですが、ようやくチームの結果につながってきた感じ。僥倖。

得意なポジションで使われたからといって、すぐにパフォーマンスを出すのは至難の業。丸塩の完全復活の前に、司がそれなりの成果を出せてよかった。生意気な選手だった司がレッズに来たとき、レッズに合うんだろうかと思いましたが、今、華が開きつつあります。移籍後は腰に悩まされ、腰が治っても望んだポジションでのプレーができずにいた司。ようやく、自分のやりたい場所で、成果をあげつつある姿は嬉しい限りです。

Conv0005

で、試合は後半も2点を追加して快勝。3点目の森脇のヘッドといい、西川のゴールキックからの興梠→宇賀神経由の得点といい、良いシーンを見せてくれて満足。特に、後者は、興梠の裏への抜けだしがうまくいってゴールを決めるはずが、足を滑らせて、仕方なくパスした宇賀神がごっちゃんゴールを得る展開。なかなかの見せ場でした。

気になるのは、交替で入った李忠成が相変わらずフィットしないのが不安。

ズラタン、ムルジャはほぼ封殺。共に1回ずつほど危険なプレーをさせてしまいましたが、無事無得点。ちなみに前半の森脇の西川へのバックパスからのあわやのシーンには肝を冷やしました。

それにしても大宮は守備がぼろぼろ、それなりにプレスをかけてくるものの単騎の展開。つらいですね。かつて大宮の選手は激しいプレーを仕掛けて来ましたが、今年はそれも落ちています。この日、菊地が激しく仕掛けてました。個人的には好きではない選手ですが、ある意味見直しました(プレーは乱暴でしたが)。

もっとも今の大宮相手に勝っても手放しで喜べないというのも事実。まだまだ成長が必要なんでしょう。

翌日、大宮の大熊監督の更迭報道。これで仙台、セレッソ、大宮とレッズが監督の介錯人となってしまいました。9月28日のセレッソ戦で、セレッソがレッズ戦後、今年二度目の監督解任劇を演ずることにならないことを祈りますw 

ちなみに、この日は久しぶりの土曜日出社。当日抽選に参加できず、KOの1時間前にようやくスタジアム到着という仕業に。試合後はいつものように、タクシーで浦和へ。もちろん快勝の祝勝会でした。

Conv0006

第22節 レッズ4-0、8月30日、土曜、吉田寿光、北ゴル裏42,308人、晴、KO 18:04)

Conv0007

・この日は猛暑も去って23度Cという気温。今年は、曇、雨などもあって本当の猛暑の試合が少なかったのは運が良かった。

・鳥栖、鹿島、川崎が引き分け。おかげで勝ち点で2点ずつ差をつけることに。ようやく2位の鳥栖と勝ち点3差に
・大宮は堂々の17位。18位の徳島とは勝ち点4差。上位のセレッソとの差も4。
・主審は、今年51歳の吉田。そろそろいかがでしょう。今回は厳しい競り合いのない試合でしたのでもちましたが、不安感がたっぷり。
・大宮のサポは新潟より少ないという悲しい現実、もっとも、ダービーで5万超えしないレッズも興行的にはつらい状態が続きます。
・今回も、クラブはほとんどのサポが見えない場所に花火を打ち上げました。消防からの指導で良い位置で上げられないなら、他のイベントに金をつかうべきでは? スポンサーの文化シャッター様に申し訳ない。こうした運営に一日の長がある川崎に教えを請うたらどうでしょう。

Conv0008

・愛情の裏返しとは言え、インタビューをかき消すブーイングというのもなぁ。話の2割くらいは聞いてあげようよ。

|

« 【参戦記】第21節A戦 瓦斯4-4レッズ
お互い引きこもらなければ殴り合い
| トップページ | 【観戦記】ナビスコカップ準々決勝第1節A戦 広島0-0レッズ
何とか最低限のノルマははたしたものの  結局、保一の罠にはまった? »

参戦記」カテゴリの記事

栗鼠戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/60272764

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】第22節 レッズ4-0大宮 司の覚醒継続祈願:

« 【参戦記】第21節A戦 瓦斯4-4レッズ
お互い引きこもらなければ殴り合い
| トップページ | 【観戦記】ナビスコカップ準々決勝第1節A戦 広島0-0レッズ
何とか最低限のノルマははたしたものの  結局、保一の罠にはまった? »