« 【参戦記】第22節 レッズ4-0大宮 司の覚醒継続祈願 | トップページ | 【参戦記】ナビスコカップ準々決勝第2節H戦 レッズ2-2広島 ナビスコ終戦。広島にうまく立ち回られてしもうた »

2014年9月 7日 (日)

【観戦記】ナビスコカップ準々決勝第1節A戦 広島0-0レッズ
何とか最低限のノルマははたしたものの  結局、保一の罠にはまった?

平日の遠方アウェイ。ということで参戦はならず。いつものように暇人が浦和の地に閑居し、観戦。6人が集まって、現地参戦の仲間にエールを送る。

お互い負けたくない試合。特に広島にとってアウェイゴールは取らせたくない。とは言え、ホームだけに、前回のリーグ戦のような守り一辺倒の醜態は見せられないということで臨んだ広島。

天皇杯に続いて寿人が先発。でもキャプテンは高萩。この辺、微妙。

寿人が高い位置でプレスをかけて来るように、受け身一方ではない広島。とはいえ、リスクを冒した冒険には出てこない。それはレッズも同じ。別に消極的ではないものの、無理押しはしない。お互い前半で失点したくないという風情がありあり。ただ、試合後の選手の話によれば、自重したのではなく動けなかったとのこと。大丈夫なんでしょうか、中3日のホーム戦。

レッズは、西川、平川、那須がベンチ外。それ以外はベストメンバー状態。ボランチは阿部ちゃんと青木。広島も代表に抜かれた選手の補充にとどまる。注目の怪我あけの青山はベンチ。いきなりフルはないにせよ、体調が許せば後半のポイントで投入される臭いがぷんぷん。

試合は一進一退ながら、関口のいる右サイドを柏が蹂躙。平川のような攻撃性もなく、守備に長けているわけでもない関口が中途半端なポジションをとることで、柏はフリーの状態に。いつ、ここから失点するか、ハラハラさせられました。

殴り合いモードではないものの、あわやのシーンは双方に。どちらかというとレッズの方が不利。

後半、関口を変えると思いきや継続。まぁ、関根を早期投入しても守備が不安というのは分かるのですが、相変わらず、関口サイドは危険な臭いがぷんぷん。

ほとんど攻撃に関与できなかった青木もそのまま。啓太のサイドチェンジのようなボールを大きく動かすシーンもなく、ある意味試合は単調に。

結局、最後は啓太が入り、動きが活性化しました。早めに危険の目を摘む啓太は、攻撃のバリエーションでも貢献し、流れをレッズに引き寄せる。脚をつった宇賀神に替わり、関根も入りましたが結果は出せず。結局、関口はフル出場という以外な展開。

一方の広島は後半、啓太の投入でややレッズが活性化し始めると、寿人を下げMFを投入。あからさまな0-0指向。確かに、失点しなければアウエィの埼玉で、点を1点でも入れれば、引き分けでも広島の勝利。

保一はそうした現実的な判断で、負けない試合を選択したんでしょう。これで、埼スタでは無理に点を取りに行く必要はなくなりましたからね。

ちなみに、レッズの最初の交替はおきまりの李忠成。替わった司は、成果という意味では今一つの感はありましたが、李が良いパフォーマンスを見せる可能性もそう高くないはず。ミシャは李の何を評価してるんでしょうか。

それでも、李が先制点のチャンスを得たのも事実。ただ、あろうことかシュートはゴールポストに当たり、点にならず。他にも決定機がありましたが、これも得点できず。李の「持ってない感」が高まるばかり。

きっかけを掴んで、化ける事を祈るばかりですが、今のレッズのプレーにうまく嵌る姿がなかなかイメージできないのも事実。ともかく、レッズのため、李忠成のために、事態を好転させるシーンが第2節で見られることを望むばかりです。

次節、点を取られて引き分けでは負け。単純に勝ちに行くのがミッション。で、保一は、また守りぬいて、どんなに泥臭くてもいいから1点をとりに来るつもりでしょう。この日、後半に交代で入った青山は攻撃の起点としてだけでなく、守りのプレーでも効いていました。少なくとも青山を封じ込めることが勝利のための前提条件になりそうです。

ナビスコ準々決勝 第1節A戦 広島0-0、9月3日、水曜、山本雄大、新・浦和丸、6,718人、曇、雨、KO 19:04)

・この日の主審は山本雄大。自衛隊出身で31歳と若いけれど国際審判。ジャッジも適確で結構好きな審判。ところが昨年辺りからレッズサポからブーイングを受けることが多くなりました。仲間でも嫌いという人も多いのも事実。真面目で勉強を続ける山本審判には期待してます。

・ミシャ、サードユニを着用してましたねぇ。
・試合後、浦和の蕎麦屋で2次会。アテンドしてくれた店員2人。一人はサッカー、一人はフットサルをやっている女子大生でした。でも、試合は見に来ていないようで。もったいないことです。

|

« 【参戦記】第22節 レッズ4-0大宮 司の覚醒継続祈願 | トップページ | 【参戦記】ナビスコカップ準々決勝第2節H戦 レッズ2-2広島 ナビスコ終戦。広島にうまく立ち回られてしもうた »

ナビスコ戦」カテゴリの記事

広島戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

観戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/60273193

この記事へのトラックバック一覧です: 【観戦記】ナビスコカップ準々決勝第1節A戦 広島0-0レッズ
何とか最低限のノルマははたしたものの  結局、保一の罠にはまった?
:

« 【参戦記】第22節 レッズ4-0大宮 司の覚醒継続祈願 | トップページ | 【参戦記】ナビスコカップ準々決勝第2節H戦 レッズ2-2広島 ナビスコ終戦。広島にうまく立ち回られてしもうた »